calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

天皇賞・秋 先取り展望

0

    菊花賞 実際の買い目
    【月見亭】複勝 18 三連複軸2頭流し 17,18−総流し
    【びぜんや】単勝 7,10 複勝 10 馬連流し 7−10,12,13,14,15 10−13


    月見亭「世界の名手に導かれ、ついに手にしたプレミアクラウン!」
    びぜんや「80代目の菊花賞馬となったのはワールドプレミア。道中は内をロスなく立ち回り、残り1ハロンで先頭へ。最後はサトノルークスの追撃を振り切った」
    月見亭「前走離れた3着から鮮やかな変わり身。距離が伸びて良さがでたってことかしらね」
    びぜんや「菊花賞とは相性のいいディープインパクト産駒、潜在的なスタミナがここで生きたんだろうね。前走のような極端な瞬発力勝負ではなく、よどみない流れからいかに長く脚を使うかという展開になったのもよかった」
    月見亭「武豊騎手はこれで昭和、平成、令和での菊花賞制覇」
    びぜんや「しかも菊花賞の最年少優勝ジョッキー兼最年長優勝ジョッキー、だもんなぁ。全盛期の馬の力でライヴァルを捩じ伏せる競馬ではなく、今回は老獪に立ち回ってクビだけ残す円熟の競馬。福永騎手も川田騎手もそれに屈した」
    月見亭「2着には後方待機のサトノルークスが突っ込んだ」
    びぜんや「通ったところから考えれば、勝ちに等しい2着だね。追えば追うほど伸びる末脚は魅力だし、まだ完成途上という馬。来春の天皇賞が今から楽しみだ」
    月見亭「1番人気のヴェロックスは3着」
    びぜんや「4番手から受けて立つ競馬をしてそれなりに伸びたが、上位には突き放された。距離適性の差だろうね」
    月見亭「キミの◎ヒシゲッコウは早めに動くも伸びきれず10着」
    びぜんや「直線止まってもいないんだけれども、伸びてもいない。スタミナはあるけれども、力そのものが足りなかった感じだ」
    月見亭「私の◎メイショウテンゲンは好位追走から後退、12着」
    びぜんや「一度最後尾まで下がったかに見えたんだけれど、そのまま止まらなかったのは収穫か。内枠から出て脚を溜めることが出来ていたらどうだったかなぁ」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(×−×)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(−−▲)。予想も馬券も木端微塵でした」
    月見亭「さて来週は東京に舞台を移し、秋の古馬最高峰決定戦、天皇賞・秋!」


    菊花賞予想 by月見亭

    0

      時間がないので、前フリ無しで。

       

      私のメイショウテンゲンです。

       

      残りはこんな感じです。

       

      〇 タガノディアマンテ

      ▲ ニシノデイジー

      △ ヒシゲッコウ

      × ヴェロックス

      × ワールドプレミア


      菊花賞予想 byびぜんや

      0

        レベルが低すぎて底が見えない菊花賞の予想に疲れ、前フリが思いつかないので今週は前フリ無しで。

        今週はムキになってヒモ穴を探すんじゃなく、ワンコインで楽しむ方向で予想しました。

         

        ◎はヒシゲッコウ

         

         

         


        OROターフスプリント予想 byびぜんや

        0

          (盛岡芝1000m/M2)

           

          先週の南部杯は(◎▲○)。予想的にはまずまずですが、馬券的には「おとなしく馬複にしとけば……」という結果になりました。

          ここから岩手競馬はシーズンの終盤戦。

          メインレースが中央競馬を開催している時間帯に移っているので気をつけないといけません。

          今日は芝のレースがダート変更になっていましたが、明日は大丈夫でしょうかねぇ。

           

          ◎3 サレンティーナ/桂樹杯の勝ち馬。距離短縮はプラス。
          ○2 コスモロングソード/盛岡芝千はベストの条件。内枠利して立ち回る。
          ▲7 ケンガイア/ハヤテスプリントの覇者がみたび来盛。侮れず。
          △11 コスモリョウゲツ/前哨戦快勝の勢い侮れず。


          菊花賞 先取り展望

          0

            秋華賞 実際の買い目
            【月見亭】複勝 7 三連複軸2頭流し 7,17−総流し
            【びぜんや】単勝 3 複勝 3 馬連ボックス 3,5,7,8 馬連流し 3−1,16,17


            月見亭「春の涙を糧にして、力強く甦った創世の女神!」
            びぜんや「牝馬三冠のラストタイトル、秋華賞を獲ったのはクロノジェネシス。大きくふたつに分かれた集団のうち、前の集団の後ろで脚を溜め、余裕たっぷりに外へ進出。豪快に弾けて突き抜けた」
            月見亭「これがオークス以来の競馬で、プラス20キロの馬体重。これはどうかと思ったけれど」
            びぜんや「パドックでも太く見えなかったし、成長分だろうね。言い換えれば春は未完成の状態で上位を争ってきたわけで、これが完成形なのかもしれない」
            月見亭「最後は後続に2馬身差。阪神JF、桜花賞、オークスと上位に入った実力は伊達じゃなかった、ということね」
            びぜんや「桜花賞馬、オークス馬が不在ということで夏の上り馬にチャンスがあるかと思ったけれど、そんなことはなかったね。やはり強い馬と戦った経験は重要だな」
            月見亭「次はエリザベス女王杯かな?」
            びぜんや「常識的にはそうなるね。次は叩き2走目で上積みが……と言いたいところだけれど、この馬は少し間隔を開けて使ったほうがよさそうな感じもあるからなぁ。いや、スケールアップした今なら問題ないかな」
            月見亭「2着はカレンブーケドールで、オークスに続く2着」
            びぜんや「勝ち馬を見る位置から進め、直線で並びかけようとしたけれども逆に突き放された。位置取り云々というよりは、相手が強かったか」
            月見亭「3着は後方集団から桁違いの脚で伸びてきたシゲルピンクダイヤ」
            びぜんや「前走で中途半端なレースになってしまった反省からか、今回は小回りなど構うものかと末脚に徹した。さすがに届かなかったけれど、この馬の持ち味はフルに発揮できたね」
            月見亭「キミの◎ブランノワールは先行したものの直線で後退、3着」
            びぜんや「ポジションを取るのに脚を使ってしまったなぁ。それでも直線で一瞬見せ場を作ったが、最後は後退。距離も長かったかもしれない」
            月見亭「私の◎ビーチサンバは逃げ粘ったものの力尽き5着」
            びぜんや「だいぶコントラチェックと競り合ってしまい、前半は58.8秒のハイペース。それでこの着順に残ったんだから力は示したと言えるだろう。スムースに先行できていれば違ったかもしれないね」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(×−△)でハズレ、馬券も同じく」
            びぜんや「僕は(△▲−)で馬連的中、馬券も馬連が的中でした」
            月見亭「さて、来週は京都で牡馬三冠の最終戦、菊花賞!」


            岩手競馬・マイルチャンピオンシップ南部杯予想 byびぜんや

            0

              ラグビーW杯では日本代表が勝って決勝トーナメント進出を決め。
              プロ野球はクライマックスシリーズが決着し、日本シリーズはホークスとジャイアンツの盟主決戦に。
              ワンデー開催となった鈴鹿の日本グランプリではボッタス選手が優勝。
              バレーW杯でも日本代表が快勝。
              そして中央競馬ではクロノジェネシスがG欺蘋覇。

               

              日本にスポーツが帰ってきました。

              明日も前を向いていきましょう。


              ◎4 アルクトス
              この春はオアシスS→欅Sを連勝し、続く前走・プロキオンSでは好位の内から力づくで馬群を割って伸びて重賞初制覇。つごう3連勝としました。
              左回りのワンターン、という条件では新馬戦で敗れたあと6連勝。盛岡マイルも左回りのワンターンですから、ここも期待が持てます。
              もちろん今回は相手が大幅に強くなりますし、地方の競馬場で走るのも初めて。ダートスタートにも一抹の不安は残ります。しかしそれ以上に買いたいのは左適性と、目下の勢い。
              伸び盛りの4歳牡馬がヴェテラン勢にひと泡吹かせるシーンを期待します。


              ○13 ゴールドドリーム
              17年のフェブラリーSを勝ち、かしわ記念は18年、19年と連覇している現役屈指のダートマイラーが、残る最後のマイルG汽織ぅ肇襪任△詁酩杯の盃を手にするために、今年も盛岡にやって来ました。
              一昨年は出遅れが響いて5着、昨年は斤量の軽い勝ち馬に巧く立ち回られて2着と勝ち切れていませんが、距離適性の高さは明らかですし、脚質的に脚を溜められる盛岡もフィット。コース適性は悪くないはずです。
              このメンバーに入れば、格的に一枚も二枚も上、といえる存在ですし、中央重賞開催日にもかかわらずルメール騎手を配して勝負気配は濃厚。
              定量のG気如格下に後れを取るわけにはいきません。


              ▲3 サンライズノヴァ
              盛岡ダート1600mは、東京ダート1600mと同じく左回り、ワンターンのマイル戦。ということで、過去の南部杯優勝馬にはコパノリッキー、ベストウォーリア、エスポワールシチーなど、東京ダート1600mの重賞勝ち馬が名を連ねています。
              ということは、ユニコーンSや武蔵野Sを勝っているこの馬も、南部杯で優勝を争う有資格者と言えるでしょう。
              前走・プロキオンSは後方待機策から最速上がりを繰り出したものの、前に届かずの0.5秒差4着。今回はそれ以来の休み明けとなりますが、フレッシュな状態の時の方が走れる馬ですから、ここは巻き返しを期待できます。
              休み前は馬体が絞り切れず苦戦していた印象でしたが、馬体が絞れればまだまだ上位争いに加わることはできるはず。名うてのサウスポーの復活なるか、注目です。


              △15 ノボバカラ
              一昨年のこのレースでは、果敢にハナを切ると直線でも粘りに粘り、最後はキングズガードの追撃を凌いで見せ場たっぷりの2着。7番人気の低評価を覆し、馬複万馬券の波乱を演出して見せました。
              7歳になった今年も、栗東Sを勝ち北海道スプリントCで3着に入るなどまだまだ衰え知らず。他の有力馬が盛岡の直線を意識して脚を溜めにかかるなら、台風の影響で脚抜きのいい馬場を味方に、この馬が再び粘り込むシーンもありそうです。


              ×1 ミツバ
              一昨年、昨年とマーキュリーCを制覇している盛岡の鬼です。
              今年は年明けの川崎記念を制してG欺蘊〕を挙げるなど、7歳にして充実期を迎えた印象。川崎記念制覇後は2連敗していますが、ダイオライト記念は距離が長すぎましたし、帝王賞は骨っぽいメンバー相手に4着は健闘といっていい成績。それで評価を下げる必要はないでしょう。
              どちらかというと不安材料は、14年に未勝利戦を勝って以来勝ち星のないワンターンの競馬。そこを懸念してシルシを下げましたが、怖い1頭であることに違いはありません。

               

              買い目は◎○→◎○→▲△×の三連単フォーメーション6点。


              秋華賞予想 by月見亭

              0

                台風が通り過ぎました。

                私は昨日一日家にいましたが、「雨が降ってるなぁ」くらいの感じでした。

                夕方になり、ニュースを見ていると、実家の方にも避難勧告が出ていました。

                慌てて電話をすると、今まさに避難するところでした。

                今朝、メールすると、電話が来ました。

                避難場所が停電になったので、そこを出て、

                川を挟んで向こう側の親戚の家にお世話になったとのこと。

                とりあえず、無事で良かったと安堵しつつ、

                通学や通勤で知っている場所が被害にあったのを見ると、

                何も出来ないもどかしさが募りますね。

                 

                私のビーチサンバです。

                 

                残りはこんな感じです。

                 

                〇 エスポワール

                ▲ ダノンファンタジー

                △ シゲルピンクダイヤ

                × ローズテソーロ

                × クロノジェネシス

                 


                秋華賞予想 byびぜんや

                0

                  大型の台風19号が日本に上陸し、明日の東京競馬は今日に続いて中止ということに。

                  本来であれば、三連休を利用して明日は府中に競馬観戦に行く予定だったのですが、キャンセルということになってしまいました。

                   

                  いつもなら日本アルプスに守られて台風被害とは縁のないここ長野県でも、佐久市など多数の地点で観測史上1位の降水量が観測されるなど雨が激しく、千曲川が氾濫したとの情報が出ていますし、川の近くに住む月見亭の実家は避難を開始したとのこと。

                  幸い我が家のあるあたりは風こそ強いものの雨量はそれほどでもなく、今のところ比較的平穏な状況でこうやって予想を書いていますが、落ち着かない状況ではあります。

                   

                  東北、関東、東海など各地から大雨や被害の情報も飛び込んできていますが、少しでも被害が小さいことを祈ります。

                   

                  ◎はブランノワール


                  秋華賞 先取り展望

                  0

                    京都大賞典 実際の買い目
                    【月見亭】複勝 10,14 ワイド 10−14 三連複軸2頭流し 10,14−総流し
                    【びぜんや】単勝 7,9 複勝 7,9 馬連流し 9−1,4,7,10,14,16


                    月見亭「有力馬を水底に沈め、波乱を呼んだ弩級艦!」
                    びぜんや「京都大賞典を制したのは11番人気の伏兵・ドレッドノータス。好位のインで脚を溜め、直線では手応えよく進出。逃げ馬をかわすと独走でゴールへ飛び込んだ」
                    月見亭「????????? これは想定外。確かに京都ではオープン2勝を挙げていてコース相性は良かったけど」
                    びぜんや「まぁ、北海道シリーズは勝てないなりにも内容は良かったし、有力各馬はだらしなかったし、だけどここでこんなに変わってくるとはね。前めのインで脚を溜めるのは京都で勝つセオリーではあるけれど、ここまでハマるとはな」
                    月見亭「2着は逃げたダンビュライト」
                    びぜんや「逃げ馬不在のレースで、リードを奪ったのは好判断だった。伏兵に足元はすくわれたが、斤量差もあったし戦術のオプションも増えた。中身の濃い2着だった」
                    月見亭「3着には大外を回ってシルヴァンシャーが突っ込んだ」
                    びぜんや「休み明け、重賞初挑戦で3着は立派。展開と通ったところを考えればこれも勝ちに等しいレースだったね。これは次走が楽しみだ」
                    月見亭「キミの◎エアウィンザーは見せ場なく後退、12着」
                    びぜんや「距離かなぁ。内でロスなく脚を溜めようとしたようだけれども、ポジションを下げて勝負どころで苦しくなってしまった」
                    月見亭「私の◎ウラヌスチャームは後方から脚を伸ばしたものの7着どまり」
                    びぜんや「馬群を捌いてよく伸びてきたものの、今回は展開が向かなかった。まぁ、この馬の競馬は出来たよね」
                    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−○△)でハズレ。いいとこは突いてたんだけど、わけのわかんない馬に勝たれたうえに、◎がこなくて残念。馬券はダンビュライトの複勝が拾えただけ」
                    びぜんや「僕は(×−−)でハズレだけれど、馬券はドレッドノータスの単複を買っていてこれが高配当。まさかこんなことがあるとはね」
                    月見亭「さて、来週は京都で牝馬三冠のファイナル、秋華賞!」
                    びぜんや「桜花賞馬もオークス馬も不在で、ちょっと小粒なメンバーになってしまったな。それではプレビューしようか」


                    京都大賞典予想 by月見亭

                    0

                      昨日はびぜんやさんが競馬場に行ったので、

                      今日の馬券を買ってきてもらいました。

                      来週は私も競馬場に行くので、

                      買ってきてもらった馬券が換金出来ると良いなぁと思ってます。

                       

                      私のウラヌスチャームです。

                       

                      残りはこんな感じです。

                       

                      〇 ダンビュライト

                      ▲ グローリーヴェイズ

                      △ シルヴァンシャー

                      × エアウィンザー

                      × エタリオウ

                       


                      | 1/278PAGES | >>