calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

桜花賞出走有力馬チェック?

0
    ■アイムユアーズ
    夏の函館、秋の京都、冬の仁川。舞台を変えながら確実に結果を残してきた、オールマイティーな才媛。その経験が春の仁川で満開の桜となる。

    ◆函館2歳S2着を皮切りに、ファンタジーS優勝、阪神JF2着、フィリーズレビュー優勝。牝馬重賞戦線の中央を渡り歩き、連を外していない安定感は光りますし、重賞2勝は世代トップの実績です。
    大外一気、といった派手な勝ち方がなく、スケール感で見劣る感じはありますが、裏を返せば能力の足りない分をセンスで補い、強豪と互角に渡り合うことが出来るということ。実績の割に手頃な人気になりそうなのも魅力です。
    ◇主な成績 フィリーズレビュー優勝、ファンタジーS優勝
    能力★★☆ 決定力★★☆ 適性★★☆




    桜花賞ロード ステップレースレビュー

    0
      ■阪神JF
      1番人気のレーヴディソールが中団から外に持ち出して豪快に差しきり勝ち。1分35秒7の勝ち時計は、新コースに替わってからの5年間ではもっとも遅い時計での決着です。

      勝ったレーヴディソールがのちにチューリップ賞を、2着のホエールキャプチャがクイーンCを完勝。3着・ライステラスはチューリップ賞で2着に入り、2番人気だったダンスファンタジアはフェアリーSで巻き返して快勝と、メンバーのレベルは間違いなく高いレースでした。
      ただし、不利を受けた馬もいましたし、1着から7着までが0.4秒差に収まる接戦でしたから、下位の着順だった馬が展開ひとつ、コース取りひとつで逆転してくることもありそうです。




      桜花賞出走有力馬チェック?

      0
        ■マルモセーラ
        天性のスピードを武器に、真っ先に牝馬の頂きに登った少女。眠りの冬はもう終わり。再び目覚めた天才少女が、再び頂点に返り咲く。

        ◆未勝利勝ちの直後にファンタジーSを制していますが、ファンタジーSはホーマンフリップ、ホエールキャプチャが外々を回らされたのに対し、こちらはインをロスなく立ち回っての辛勝。センスの良さ、一定の能力は認めるべきでしょうが、額面通りに受け取るのは危険な感じがします。
        今回は阪神JFを大敗して以来の休み明けというのもマイナス材料。
        実績の割に人気しなさそうで、そういう意味では「おいしい穴馬」の資格があるのですが、ちょと食指が動きません。
        能力★★☆ 決定力★☆☆ 適性★☆☆



        桜花賞出走有力馬チェック?

        0
          ■ハブルバブル
          如月の仁川で、突然輝きを放った超新星が、デビューから二月たらずの早さで桜花賞の舞台に立つ。急上昇を描く成長曲線の終わりはまだ見えない。

          ◆新馬戦では5馬身差の圧勝。2戦目では出遅れて馬券圏外に沈みましたが、それでも3戦目、格上挑戦のフラワーCでは1番人気に支持され、期待の高さを窺わせました。
          メンバーが手薄だったとはいえ、重賞初挑戦で2着に入ったのは立派ですし、コース適性、距離適性は問題なし。
          あとは力関係、そして強行軍でのG?出走がどう出るかでしょう。
          能力★★☆ 決定力★☆☆ 適性★★☆




          桜花賞出走有力馬チェック?

          0
            ■エーシンハーバー
            ペースを読んで脚質をかえる、華麗なる芦毛のマジシャン。1番人気をクビ差抑え、桜切符をもぎ獲った前走にこの馬の真価が見えた。

            未勝利戦を逃げ切り、500万条件は中団から馬群を割って快勝。フィリーズレビューでは後方待機から鋭く伸びて、桜花賞切符最後の一枚を手にしました。
            走るごとに戦法にバリエーションが増えていく、そのセンスとクレバーさは魅力。距離延長も問題なく、ペースに応じた走りで上位に食い込みそうです。
            しかし、フィリーズレビューはドナウブルーにこそ先着したものの、上位2頭には完敗の形。センスは認めても、G?ではちょっと荷が重いようにも感じられます。
            能力★☆☆ 決定力★☆☆ 適性★☆☆



            桜花賞出走有力馬チェック?

            0
              ■タガノエリザベート
              我が道を行くマイペース娘。常に最後方に待機し、己を信じてただ末脚を繰り出すだけの無骨な競馬を貫くサムライガールに、仁川の長い直線が味方する。

              ◆デイリー杯で男馬相手に33.8秒の末脚を繰り出すと、ファンタジーSでは直線だけで15頭をごぼう抜きにして快勝。阪神JFでも最速上がりをマークしました。とにかく末脚に徹する一手で、今回も展開が向くかどうかでしょう。2200mのすみれSからという異色のステップで桜花賞に参戦。それが功を奏するかにも注目したいところです。
              ◇主な戦績 ファンタジーS優勝
              能力★★☆ 決定力★★★+ 適性★☆☆



              桜花賞出走有力馬チェック?

              0
                ■コスモネモシン
                神か悪魔かネモシンか。フェアリーSでアプリコットフィズに土をつけ、フラワーCでサンテミリオンの野望を阻んだ大物食い。今度は桜の舞台を切り裂く構えだ。

                ◆ハイペースに乗じてアプリコットフィズを差し切ったフェアリーS、スローペースで最速の上がりをマークしたフラワーC。流れを問わず確実に末脚を繰り出せるところが魅力の馬です。あとの課題は、初めてとなる関西への輸送。それをこなせれば、仁川の長い直線で自慢の末脚がフル回転することでしょう。
                ◇主な戦績 フェアリーS優勝 フラワーC2着
                能力★★★ 決定力★★☆ 適性★☆☆



                桜花賞出走有力馬チェック?

                0
                  ■アニメイトバイオ
                  牡馬相手でも、初めてのG?でも結果を残した根性娘が、悲願の戴冠を目指し西へと向かう。銀メダルはもういらない。

                  ◆サフラン賞でレコード勝ち、京王杯2歳Sではエイシンアポロンと僅差の競馬を演じ、阪神JFでアパパネから半馬身差の2着。実力は間違いなく、世代トップクラスのものを持っています。メンバーの軽いアネモネSで不覚をとったのは不満が残りますが、休み明け、目標にされる展開での結果ですから、悲観する必要はないでしょう。阪神マイルも経験済みで、上位争いは必至とみます。
                  ◇主な戦績 阪神JF2着、京王杯2歳S2着
                  能力★★★ 決定力★★☆ 適性★★☆



                  桜花賞出走馬チェック?

                  0
                    ■ブエナビスタ
                    桜花賞を前に、世代を制圧した感のある大器。一族悲願のクラシックタイトルに向け、視界は良好。ウイニングランで彼女が見る景色や如何に。

                    ◆4戦3勝の経歴、そのすべてが圧巻。
                    特に早めに動いていい脚を使った前走は注目に値し、ブエナビスタの末脚を警戒し、早めに押し切りを図っても通用しないことを証明。さらに、オークスにも目処を立てたと言っていい内容でした。
                    ライバルらしいライバルは不在で、力負けすることは考えられない相手関係。体調不良などの理由で自滅しない限り、桜の冠は堅いでしょう。
                    ◇主な戦績 阪神JF優勝、チューリップ賞優勝


                    桜花賞出走馬チェック?

                    0
                      ■サクラミモザ
                      ふたつの花の名を持つ少女は、ダートで勝ち、芝で見せ場を作った。世代最強馬に冷や汗をかかせた度胸を武器に、今度はターフの上で満開の結果を出す。

                      ◆チューリップ賞では、初芝ということで7番人気の低評価でしたが、あわやの見せ場を作って2着に入り、桜花賞切符を掴みました。
                      ノーマークでの逃げがハマった感は否めませんが、ブエナビスタに肉薄し、他の重賞実績馬を完封したのは事実。
                      警戒が必要な1頭です。
                      ◇主な戦績 チューリップ賞2着

                      続きを読む >>

                      << | 2/4PAGES | >>