calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

女王杯特別登録馬チェック機曾王杯特集

0

    例年ならこの女王杯特集では、出走各馬についてのコメントと、今年の牝馬重賞戦線のレビューを公開しているのですが。

    今年の出走馬中、年内に重賞を勝った古馬は3頭(うち1頭は牝馬限定重賞に出走なし)、3歳馬に至ってはゼロ、という有様では牝馬限定重賞を振り返ってもしかたないかな、ということで、出走各馬のレビューのみにしています。

    それでは、五十音順でまずはアスカビレンから。


    ■アスカビレン
    巣立ちのときを迎えたスター候補生

    昨年の秋華賞でもちょっと見せ場を作っていましたが、古馬になって能力開花。夏に1000万下→準オープンと連勝し、府中牝馬Sでも4着に入りました。
    さすがにG気鷲澣錣高い気もしますが、博多Sでは2000mをこなしていますし、目下の勢いは魅力。穴として一考の余地はありそうです。
    ◇今年の重賞最高成績:府中牝馬S4着

     


    エリザベス女王杯 先取り展望

    0

      みやこS 実際の買い目
      【月見亭】複勝 1 複勝三連複軸2頭流し 1,10−総流し
      【びぜんや】単勝 10,15 複勝 10,15 ワイド流し 4−1,5,6,10,11,15 ワイド 10−15

       

      月見亭「苦難を乗り越え、G気良饌罎砲い驚緡Α」
      びぜんや「みやこSを勝ったのはアポロケンタッキー。中団追走から4コーナーで進出。最後まで脚色衰えず、チャンピオンズC切符を手に入れた」
      月見亭「ブラジルCで不可解な8着敗退。今回は半信半疑という感じだったけれど、終わってみれば強かった」
      びぜんや「前走は1番人気で受けて立つ立場、それがミツバの大逃げでぐだぐだになっちゃったけれど、今度は実績馬に挑む立場。松若騎手は積極的に馬を動かして勝機を自分からつかんだ」
      月見亭「チャンピオンズCではさらなる強敵が待ち受ける」
      びぜんや「まぁ、ここを勝ったくらいでいきなりG妓補とはいえないけれど、無視できないダークホースくらいにはなったかな。左回りの千八は初めてだけど、合いそうな気はするね」
      月見亭「2着はアポロケンタッキーと同じような位置から進めたグレンツェント」
      びぜんや「勝ち馬が動いたあと、ひと呼吸置いて進出。そのタイミングの差が勝敗を分けた。古馬相手にこれだけ出来れば上出来だけどね」
      月見亭「3着は内を衝いたロワジャルダン」
      びぜんや「後続は突き放しているし、斤量差を考えれば悪くない3着だ。今後のことを考えればせめて連絡みしたかったところではあるが……」
      月見亭「キミの◎カゼノコは見せ場なく10着に敗退」
      びぜんや「それなりに脚を使っているのにこの差というのは、位置取りが悪すぎたというか展開が向かなかったというか。追い込み馬の宿命ではあるが、見せ場くらいは作って欲しかったなぁ」
      月見亭「私の◎ラニは後方のまま13着に沈んだ……」
      びぜんや「分からんね、この馬は。ひょっとすると前走で砂をかぶる競馬を経験したことが裏目に出たかな」
      月見亭「というわけで今週の結果。私は(×△−)でハズレ、馬券ももちろん」
      びぜんや「僕は(−△−)でハズレ。見せ場のひとつもなく、いっそ気持ちのいい外れ方だ」
      月見亭「さて、来週からは有馬記念まで続くG毅系∪錣スタート」
      びぜんや「そのオープニングは白鳥舞う淀に覇を競うエリザベス女王杯だ」


      萌えるエリザベス女王杯予想 byびぜんや

      0
        さて、今週はおなじみ、牝馬限定G橘省「萌える牝馬限定G詰汁曄廖
        今回は出走馬を、萌え系四コマのふんわり感に少年系ギャグマンガの破壊力を乗っけてしまった、キュートでカオスでアヴァンギャルドなニューフェイス、おしおしおさんの「神様とクインテット」のキャラクターに例えてみました。

        分かる人にしか分からないマンガをネタにして、分かる人にだけ分かる馬にシルシを打つ、これが「週刊萌馬」のクオリティでございます。

        ◎はラキシス

        牝馬限定重賞レビュー〜女王杯特集/4

        0
          【古馬編】
          昨年のエリザベス女王杯では、好位を追走した1番人気・ヌーヴォレコルトが満を持して先頭に立ったところを3番人気・ラキシスが急襲。クビ差かわしてゴールに飛び込み、初重賞タイトルがG気箸いΣ挙を達成しました。3着には後方から追い込んだ、6番人気・ディアデラマドレが入っています。

          続く愛知杯は、重馬場の上に前半5ハロンが63.1秒という超スローペース。後方待機の1番人気・ディアデラマドレには厳しいかと思われましたが、難なく差しきって重賞3勝目をマーク。2着にキャトルフィーユ、3着にスイートサルサと、待機勢が上位を占める結果になりました。
          年が明けての京都牝馬Sは、9番人気の伏兵・ケイアイエレガントがハナに立つと、前半3ハロン35.4秒のスローペースに落としてまんまと逃げきり勝ち。ここまで末脚不発が多かったゴールデンナンバーが後方からクビ差まで迫って2着。さらに3着には8番人気・パワースポットが飛び込んで三連単は286万馬券の大荒れになりました。
          ハンデ戦の中山牝馬Sは引退レースに重賞初勝利の悲願を賭けた5番人気・アイスフォーリスが抜け出したところを4番人気・バウンスシャッセが捉えてV。
          阪神牝馬Sは連勝中の4番人気・カフェブリリアントが正攻法の競馬で重賞初勝利。好位から進めた7番人気・ベルルミエールが2着に粘りました。
          ヴィクトリアマイルの東のトライアル、福島牝馬Sは、中山牝馬Sを取り消したあとのスイートサルサが、好位から粘り込みを図った9番人気・リラヴァティを差し切って重賞初勝利。

          そして春の大一番・ヴィクトリアマイルは江田照男騎手騎乗の18番人気・ミナレットがよどみないラップで大逃げを打ち、直線に入っても後続を引き離す驚きの展開。さすがにゴール前脚が鈍ったところを好位追走の12番人気・ケイアイエレガントが捕らえますが、そこに襲いかかったのが5番手からレースを進めていた5番人気・ストレイトガール。スプリント戦線で牡馬と互角に戦ってきたスピードスターが悲願のG汽織ぅ肇襪肪り着きました。2着にはケイアイエレガント、3着にはミナレットが粘り、上位人気は総崩れ。三連単は2070万円の、JRAレコードとなる驚愕の高配当が飛び出しました。

          初夏のハンデ戦・マーメイドSは後方から脚を使った8番人気・シャトーブランシュが差し切って悲願の重賞初勝利。中団から進めたマリアライトは連勝中の勢いを買われて1番人気に支持されていましたが2着止まりでした。
          夏の名物重賞・クイーンSは復活を期した1番人気・レッドリヴェールが先頭に立ったところを、後方で脚を溜めていた7番人気・メイショウスザンナが狙い定めて猛追。クビ差かわして重賞初勝利としました。
          そしてG府中牝馬Sは直線の坂での混戦から、11番人気の伏兵・ノボリディアーナが勢いよく抜け出して優勝。1番人気・スマートレイアーは最後によく伸びましたが及ばず、2着に敗れています。
           

          女王杯特別登録馬チェック掘曾王杯特集/3

          0
            ■フーラブライド
            牡馬相手に爪を研いだ女ステイヤー

            日経新春杯でこそ2着に入ったものの、その後は案外。とはいえ春は阪神大賞典、天皇賞・春と、牝馬にとっては壁の厚い超長距離重賞を使われていましたし、京都大賞典ではラブリーデイから0.4秒差の5着に健闘。これで人気を落としてくれればおいしい、とも言えます。
            昨年の女王杯でも4着に好走していて、今回も上位争いの資格は十分。時計のかかる馬場になればさらに期待が高まります。
            ◇今年の重賞最高成績:日経新春杯2着
             

            女王杯特別登録馬チェック供曾王杯特集/2

            0
              ■タッチングスピーチ
              真の切れ者はステージを選ばない

              札幌の条件戦で強烈な末脚を発揮し、続くローズSでも後方一気を決めて快勝。秋華賞では2番人気に支持されながら6着に敗れていますが、着差は0.3秒で、まだまだ見限るには早計でしょう。
              今度は外回りに替わって、末脚が発揮しやすくなります。もちろん京都での追い込みは、外回りであっても難しいですが、それでも魅力的に感じる一頭です。
              ◇今年の重賞最高成績:ローズS優勝
               

              女王杯特別登録馬チェック機曾王杯特集/1

              0
                ■ウインリバティ
                騎虎の勢いで淀に乗り込む夏の上がり馬

                初夏までは500万条件にいた馬ですが、そこから3連勝でオープン入り。この勢いは注目ですね。ただ、重賞実績は一昨年のチューリップ賞でハープスターの5着というのがあるのみ。一線級との対戦は久々で、勢いと自在性を武器に、一線級にどこまで迫れるか、という感じです。
                ◇今年の重賞最高成績:出走なし
                 

                牝馬限定重賞レビュー〜女王杯特集/4

                0
                  【古馬編】
                  重馬場で行われた昨年のエリザベス女王杯メイショウマンボが後続を突き放す完勝で変則三冠を達成。2着にはラキシスが入り3歳馬のワンツーフィニッシュとなりました。

                  その結果を受けて行われた愛知杯はスマートレイアーが1番人気、アロマティコが2番人気に支持されましたが、揃って敗退。ハンデ50キロの12番人気・フーラブライドが勝ち、2着は51キロ・14番人気のキャトルフィーユ、3着が55キロ・13番人気のコスモネモシンで三連単は471万馬券という超弩級の大波乱。しかしこのあと上位2頭が今年の牝馬重賞戦線を引っ張っていくことになります。
                  年が明けての京都牝馬Sは、ここが引退レースのドナウブルーが花道を飾ろうとするところをウリウリが上がり32.9秒の豪脚で差し切ってV。ヴィクトリアマイルの有力馬に名乗りを挙げます。
                  ハンデ戦の中山牝馬Sフーラブライドが重賞2勝目を挙げ、ケイアイエレガントとキャトルフィーユが2着を分け合う形に。
                  ヴィクトリアマイルのトライアル・阪神牝馬Sはローブティサージュが見せ場を作り、ウリウリが重賞連勝に迫りましたが、スタートで出遅れたスマートレイアーが残り200mからライヴァルをごぼう抜き。ハナ差差し切ってヴィクトリアマイルの最有力馬に名乗りを挙げました。
                  中山牝馬Sの再戦メンバーで行われた東のトライアル・福島牝馬Sは、中山で2着を分け合ったケイアイエレガントとキャトルフィーユがワンツー。

                  春の総決算となるヴィクトリアマイルは11番人気に人気を落としていたヴィルシーナが直線で粘りに粘って逃げきり、レース史上初の連覇を達成。産経大阪杯大敗から巻き返したメイショウマンボがG毅馨’呂琉嫦呂鮓せて2着。高松宮記念3着のストレイトガールは距離延長にもかかわらず健闘、3着に入りました。

                  ひと息入ったマーメイドSではコスモバルバラが早め先頭から粘るところを、ディアデラマドレが次元の違う末脚で差し切って重賞初制覇。牝馬限定戦線の主役の座をフーラブライドから奪いました。
                  新装・札幌競馬場で行われたクイーンSはここまで重賞2着3回と勝ちきれなかったキャトルフィーユが、アロマティコスマートレイアーの猛追をしのいでのレコード勝ち。嬉しい重賞初制覇となりました。
                  そして府中牝馬Sではホエールキャプチャが連覇を狙う中、ディアデラマドレスマートレイアーが外から猛追。最後はディアデラマドレがトップでゴールし、重賞2勝目をマークしています。

                   

                  女王杯特別登録馬チェック掘曾王杯特集/3

                  0
                    ブランネージュ
                    確かに描く純白の成長曲線
                    チューリップ賞は好メンバー相手に4着、フローラSはサングレアルの強襲を受けての2着。タイトルには恵まれませんでしたが、3歳世代の中で一定の実力を示しています。
                    秋華賞でも小差4着。先行力が生きる展開になれば食い込みがあってもおかしくありません。相手なりに走る感じがあり、来年の古馬牝馬限定重賞を賑わせてくれそうな存在です。
                    ◇今年の重賞最高成績:フローラS2着
                     

                    女王杯特別登録馬チェック供曾王杯特集/2

                    0
                      サングレアル
                      覚醒のときを待つ未完の良血
                      フローラSは鮮やかな勝ち方。良血馬らしい潜在能力の高さを見せてくれました。
                      秋2戦は案外でしたが、ローズSはいかにも急仕上げでしたし、秋華賞は不向きな小回りで僅差。まだ前進の余地はあります。
                      「良血馬は人気落ちの時を狙え」というのが個人的セオリー。となれば、今回は狙い時かもしれません。
                      ◇今年の重賞最高成績:フローラS優勝
                       
                      続きを読む >>

                      << | 2/7PAGES | >>