calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

JBC3競走予想 byびぜんや

0

    今週はもりだくさんなので前フリなしで。

    なお、予想バトルの対象レースはJBCクラシックになります。

     

    ■JBCクラシック予想

    ◎14 オメガパフューム
    青竜SではのちのレパードS勝ち馬・グリム、ヒヤシンスS勝ちの素質馬・スマハマと僅差の3着に入っていた素質馬。加古川特別で古馬を一蹴して臨んだJDDでは、のちの南部杯勝ち馬・ルヴァンスレーヴの決め手に屈しましたが、3頭による2着争いを制して連対し、G亀蕕稜塾呂鮓せました。
    前走・シリウスSでは芝スタートで立ち遅れ、外々を回らされる厳しい形になりながらも、力づくで古馬を捩じ伏せてV。勢いに乗ってここに乗り込んできました。
    ダートスタートになる今回は前走ほど厳しい展開にならないでしょうし、右回りでコーナー4つのコースは【4,1,0,0】のパーフェクト連対とベストの条件。前走を叩いた上澄みも見込めますし、跳びの大きい馬だけにごちゃつかない外枠も好材料。この世代の強さは南部杯でルヴァンスレーヴが証明していますし、展開も向きそう。
    3歳馬の偉業達成に賭ける価値は十分にあります。


    ○4 サンライズソア
    春に今回と同じ舞台で行われた平安Sを逃げ切り勝ち。その前には名古屋1900mで行われた名古屋大賞典でも逃げ切り勝ちを収めており、この1900mという中途半端な距離では2戦2勝と自信を持っています。
    前走・シリウスSでは外枠からハナを取り切れず、末が甘くなっての3着。とはいえ、休み明けでトップタイのハンデを背負って0.3秒差ですから悲観する内容ではありませんでした。
    今回は同型がいますが、内枠を引きましたから好ポジションを取ることが出来そう。前走や4走前の仁川Sのように、行ききれなくても粘れるタフさがありますから、大きく崩れることはないと見ます。


    ▲8 ケイティブレイブ
    3歳時には兵庫CSでゴールドドリームを下し、JDDで2着に入っていた実力者。
    4歳の昨年に帝王賞を勝ってG欺蘊〕を挙げ、5歳になった今年は川崎記念でG毅仮〔椶鬟沺璽。さらにダイオライト記念と日本テレビ盃を勝ち、帝王賞2着とすっかり交流重賞の顔になっています。
    一方で今年のフェブラリーSでは見せ場なく11着に沈んでおり、中央では2年半以上勝ち星から遠ざかっていて、ここが悩みどころ。
    とはいえ、ここ京都の500万条件を逃げ切った戦歴がありますし、レパードSで2着、昨年のチャンピオンズCで0.3秒差4着など中央重賞での好走実績も多数ありますから、適性がないとまで決めつけるのは危険でしょう。
    叩き台の前走・日本テレビ盃を楽勝して見せたポテンシャルには、やはり警戒が必要です。


    △15 テーオーエナジー
    穴で面白そうなのがこの馬です。
    前走・グリーンチャンネルC14着が嫌われたか大きく人気を落としていますが、この時は休み明け+発馬で後手+距離が短すぎ+初の左回りと悪条件が重なったもので完全無欠に度外視可能。【1,1,1,0】の京都、走り慣れたコーナー4つのコースに戻って、2走目の上積みが見込めるとなれば大きく前進が期待できますし、前走で短距離戦を使ったことがカンフル剤になる期待も持てます。


    この馬も強力世代との呼び声高い3歳馬の一角で、兵庫CSでは後続を5馬身千切り、JDDでは目標にされる形になりながら◎オメガパフュームからは0.2秒差の5着に踏ん張っていた実力者。
    3歳馬のワン・ツーという結末で波乱が起きても、驚きません。


    ×は長休明けでも力を侮れない16 クリソライトと、京都巧者の実力馬・12 アポロケンタッキーを指名します。

     

    JBCスプリントとJBCレディスクラシックの予想はこのあとに。


    天皇賞・秋予想 byびぜんや

    0

      平成最後の天皇賞。

      マカヒキに騎乗する武豊騎手は、平成元年からこの平成30年まで、この天皇賞・秋を皆勤することになります。

      平成元年のスーパークリークを手始めに、エアグルーヴ、スペシャルウィーク、メイショウサムソン、ウオッカ、キタサンブラックと盾を手にすること6回。殊に安藤勝己騎手のダイワスカーレットと鎬を削った08年のレースは競馬史に残る激戦でした。

      その一方で、大怪我を負ったり、騎乗馬が思うように集まらなかった時も、耐えながら乗り続けての30年。

      自分が大学に入ったばかりだった平成元年のスポーツ界を振り返れば、30年連続で一線に立ち続け、今も単勝ひと桁台の人気馬の手綱を任されるということの凄まじさに、恐れ入ってしまいます。

       

      まぁ、武豊騎手の偉大さの一方で、30年間、武豊騎手を上回る「競馬の代名詞」たる騎手が出なかったことの裏返しでもあるんでしょうが。

       

      ◎はアルアイン

       


      菊花賞予想 byびぜんや

      0

        金曜日は川崎球場で行われた伝説の試合、ロッテ−近鉄のダブルヘッダー「10.19」から30周年だったということで。
        twitterの一部好事家の間では「#ここだけ30年前の川崎球場」というタグが盛り上がっていまして、30年前の画像や記録、記憶を掘り起こしながら、あのゲームが社会現象として盛り上がっていくさまを追体験するようなタイムラインを、楽しく眺めていました。


        一流のミステリは犯人やトリックが分かっていても再読して楽しめますが、伝説級のゲームもまた同じ。
        野球と競馬を同じようには出来ないでしょうが、ウオッカ、アストンマーチャン、ダイワスカーレットの三強対決に沸いた07年桜花賞や、ディープインパクトの四冠に注目が集まった05年有馬記念などの前夜の興奮から当日のレースまでをじっくり追体験できるような機会があったらまた面白いだろうなぁ、などと思ったのでした。


        ◎はシャルドネゴールド


        秋華賞予想 byびぜんや

        0

          本紙既報の通り。
          先週は毎日王冠の観戦で東京競馬場に行ってきました。
          勝負レースの第2レース、鷹巣山特別、毎日王冠とすべて的中させ、他にも遊びで勝った馬券がちょこちょこ当たったんですが。鷹巣山特別が盛大に獲って損、毎日王冠も結構な獲って損で、終わってみたら空の財布を抱えてすごすご戻る結果になっていました。
          ……解せぬ。


          で、東京競馬場の場内でちょこちょこ目についたのが例の「ウマ娘」のポスターやコマーシャル映像。
          いや、まぁ、気にはなってるんですけどね。もちろん。
          しかしヴィジュアルで「なにこれかわいい」とときめくようなキャラもおらず、「どーせイタリアンレッドとかオースミハルカとかクラレントとか、ましてやレインダンスとかラブカーナとかは出ないんでしょ」というマニアックな思いもありまして。
          まだ横目で見てるだけなのです。

           

          ◎はカンタービレ


          毎日王冠予想 byびぜんや

          0

            毎年恒例になりつつありますが。
            日曜日は毎日王冠の観戦に、東京競馬場まで出かけてきます。
            週中は台風の動きが気になっていましたが、どうやら辛うじて逸れてくれそう。その代わりに暑いみたいですが、この春府中に行けなかった分も、しっかり楽しんできたいと思います。
            夕刻からはこれも恒例になりつつある「JAZZ in FUCHU」に友人たちと繰り出す予定。こちらも楽しみで、しっかり弾けて来たいと思います。

            ……凱旋門賞の発走までに帰って来られるかなぁ。


            ◎9 アエロリット
            昨年のNHKマイルCでは早め先頭から後続を突き放し、2着に1馬身半差、3着には4馬身差をつける圧勝劇。つづくクイーンSでは大逃げからそのまま後続に影も踏ませず2馬身半差の逃げ切り勝ち。前走・安田記念ではモズアスコットの強襲に屈したものの、落鉄しながらも粘りの走りを見せ2着。
            先行力とスタミナ、そして後続を突き放す爆発力を備えているのは大きな魅力で、牡馬相手には【2,2,0,0】のパーフェクト連対という負けん気の強さもセールスポイントです。
            春の2戦では落鉄によりパフォーマンスを発揮できなかったため、今回は装蹄方法を変えて臨むとのことで、さらなる前進も期待できそう。鉄砲実績も豊富ですし、脚質的に開幕週の馬場もマッチ。ここは人気でも逆らえません。


            ○6 サンマルティン
            今回のメンバーを見渡すと、有力馬は殆どが夏を休養に充てていた馬。そうなるとここは、夏場使われてきた人気薄を狙いたくなるもの。ここは小倉記念7着からのステップで臨むこの良血馬に注目です。
            前走・小倉記念7着は前が止まらない高速馬場でレースに参加できずに終わっており、完全に度外視。前々走・都大路Sでは重賞勝ち馬6頭に加え、のちに函館記念を制するエアアンセムもいる好メンバーを直線一気であっさり千切っており、能力はここに入っても遜色ないものがあります。
            東京では目下2連勝中でコース替わりも問題なし。小回りの小倉よりははるかに、自慢の切れ味を発揮しやすいはずで、波乱を呼びそうな期待が持てます。


            ▲5 ステルヴィオ
            毎日王冠はどの馬が行くにしても、スローになりそうなメンバー構成。◎アエロリットの脅威となりそうなのは瞬発力に秀でた馬ということになりそうで、ライヴァルにはサンマルティンとともにこの3歳馬を指名します。
            2歳時には2戦続けて直線だけの競馬でダノンプレミアムの2着に入り、スプリングSではその切れ味でエポカドーロを捩じ伏せています。
            皐月賞4着は特殊な馬場、特殊な展開の中最速上がりをマークしてのもので内容は濃かったですし、日本ダービー8着は明らかに距離が敗因。
            適距離に戻る今回は復活が期待でき、開幕週の良馬場を味方に直線一気を豪快に決めるシーンもありそうです。

             

            △12 カツジ
            さて、毎日王冠当日の東京競馬場では「ニッボンの競馬小説展」というのが行われ、宮本輝の「優駿」や松樹剛史の「ジョッキー」、岡嶋二人の「焦茶色のパステル」などの作品が展示されるとのことで活字中毒の私としては気になってしょうがないわけなんですが。
            となると、活字ならぬカツジの存在も気になってしまうわけです。
            デイリー杯2歳Sではジャンダルムの決め手に屈したものの、果敢に先行しケイアイノーテック以下に2馬身半の差をつける2着。NZTでは後方2番手から怒涛の追い込みを見せケイアイノーテックを捉えてVと、のちのG犠,素呂烹嘉戮眄菽紊靴討い觴磴実力者。
            前走・NHKマイルCでは澱みのない流れの中、中団で脚を使わされてしまい、直線では不利もあってケイアイノーテックら後方勢の台頭を許しましたが、本来なら長くいい脚を繰り出せるタイプで、府中のだらだら坂はマッチするはずです。


            ×はNHKマイルCの覇者・2 ケイアイノーテックと、府中千八は俺の庭・7 ダイワキャグニーを指名します。

            買い目は◎からの馬連流し5点。


            ■ おまけ ■ 凱旋門賞予想 byびぜんや

            ◎7 タリスマニック/今年はここを目標のローテ。経験と実績はここでも上位。
            ○10 エネイブル/昨年覇者が始動戦を完勝。態勢万全。
            ▲19 シーオブクラス/3歳牝馬が強いレース。4連勝の勢いも買い。
            △5 ヴァルトガイスト/前哨戦を楽勝。自信を持って臨む。
            ×13 キューガーデンズ/末脚の破壊力は一級品。展開向けば。
            ×12 パタスコイ/相手なりに堅実。好枠から粘り込み図る。
            ×11 ヌフボスク/この舞台に拘り続ける仕事人。流れ向けば。

             

            岩手競馬予想はお休みします。


            スプリンターズS予想 byびぜんや

            0

              おかげさまで、「週刊萌馬」は今週で開業13周年を迎えることが出来ました。
              いつも足を運んでいただいたいる皆様に、ここからお礼を申し上げます。

               

              記憶が正しければ三連単がようやく売り出されたばかりで、ディープインパクトはデビュー前、阪神には外回りコースがまだなかったころから、大阪、八王子、松本と移りつつ、飽きもせず懲りもせず、夫婦ふたりで続けてくることが出来ました。
              これもひとえに訪れてくださる皆様のおかげと、なんとか健康に生きて来られたからだと思います。
              今後も懲りずに行けるところまで続けていきたいと考えていきますので、お付き合いのほどよろしくお願いします。


              ◎はワンスインナムーン


              岩手競馬・白神賞予想 byびぜんや

              0

                (盛岡ダート1400m/B1級)

                中日ドラゴンズの岩瀬、浅尾両投手と荒木内野手が引退というニュースが飛び込んできました。まぁ、潮時と言えば潮時なんでしょうが、「守りの野球」で一世を風靡した時の主力たちだけに、一斉にグラウンドから去るというのは寂しく感じられますねぇ。
                長い間、お疲れさまでした。


                ◎9 ツララ/前走は控える競馬で結果出した。コース替わりも問題なくここは堅いか。
                ○4 アイティワイルド/盛岡千四は得意の舞台。マイペースで行ければ。
                ▲5 プラトンイミシャン/移籍初戦で名刺代わりの一発。距離短縮こなせば。
                △7 ブライアントピース/コース替わりで前進期待。


                オールカマー予想 byびぜんや

                0

                  土曜日から中央競馬で「UMACA」の運用がスタートしました。

                  競馬場でキャッシュレスかつ馬券レスの投票ができ、WIN5や海外競馬も買えるということで特定の層には需要がありそうですが、地方在住、かつインターネット投票口座を持っている私には縁がなさそうですね。

                  電子書籍にはいまだになじめず紙の本や雑誌、マンガを買いため、競馬予想もウェブサイトより競馬新聞を愛用する旧来型の私にとって、競馬場は生で迫力のレースを観戦し、生でパドックを見るのと同時に、馬名が印刷された紙の馬券を手にしに行く場所でもあるので、馬券レスと言われても食指が動かないのです。

                   

                  まぁ、ウオッカやドゥラメンテがデザインしたカードが出たりしたら、うっかり手にしちゃうかもしれませんが。

                   

                  ◎1 アルアイン
                  御存知、昨年の皐月賞馬です。
                  その皐月賞はのちのG犠,素呂鬘各、さらにのちのG蕎,素呂鬘各従えてのレースレコードだったのですから、内容の濃い優勝だったと言えるでしょう。
                  その後勝ち星には恵まれていませんが、京都記念では斤量の軽い重馬場巧者のクリンチャーに勝ち星は譲ったものの、レイデオロ、モズカッチャンら豪華メンバーをそろえて2着に好走。続く大阪杯も正攻法の競馬で0.2秒差3着に好走しており、この距離帯では安定した強さを発揮しています。
                  今回は香港遠征以来の始動戦となりますが、休み明けから動けるタイプですし、中山は2戦して連を外しておらず好相性。ここは秋に弾みをつける快勝劇が期待されます。


                  ○7 レイデオロ
                  昨年の日本ダービーを制すると、神戸新聞杯ではのちの菊花賞馬・キセキを退け、古馬初挑戦となったジャパンCでも2着に健闘。才能の高さは疑う余地がありません。
                  今年は折り合い面の不安をのぞかせ、京都記念3着、ドバイシーマクラシック4着と連対も確保できていませんが、京都記念は悪化した馬場の影響もありましたし、ドバイは世界のトップクラスが相手。けして崩れた、という内容ではありません。
                  今回はひと息いれたことで気性面の改善が期待できますし、自在性を生かせる中山はホープフルSを勝つなど得意の舞台。本来は叩き良化型でしょうが、有力ライヴァルも同じく休み明け、夏に使われてきたメンバーは明らかに格下、という相手関係ならここは地力の違いを見せつけることになりそう。先行型が揃い、極端なスローペースにはならなそうなのも、折り合いに不安のあるこの馬には好材料です。


                  ▲11 エアアンセム
                  今回の人気馬はそろって休み明け。となると、夏の間順調に使われてきた人気薄が気になってくるわけで、函館記念で渋太い伸びを見せ重賞初勝利を挙げたこの馬が気になってきます。
                  7歳になってオープンに返り咲き、さらに重賞初勝利を挙げた勢いは見逃せませんし、中山【2,2,2,2】、しかもこの地で馬券を外したの3歳春だけというコース適性も要注目。
                  芝2200mは4年前に新潟で行われたセントライト記念での15着があるのみ、ここ3年近くは1800mと2000mしか走っておらず距離延長が課題となりそうですが、距離が合わないと決めつけるのは早計。
                  全5勝中4勝はコーナー4つのコースで挙げていますから、コーナーふたつの1800mよりはこちらの方が合う可能性は十分にあると思います。


                  △8 ゴールドアクター
                  おむすび型のコースを一周する中山芝2200mはトリッキーで、適性の問われるコース。ならば、一昨年のこのレースを含め、中山芝2200mの【2,1,0,0】のこの馬に注目すべきでしょう。
                  グランプリ・有馬記念を含む破竹の5連勝を飾ったこの馬も、一昨年のオールカマーを勝ったあとは7連敗中。特に今年はアメリカJCC11着、大阪杯16着と不振を極めていますが、大阪杯のあとに早々と休みに入ったことでリフレッシュ効果が期待できますし、馬具を改善した効果も見込めそう。鉄砲は得意ですし、距離もベスト、春とは様変わりしての復活劇もありそうです。


                  ×はアメリカJCCの勝ち馬・2 ダンビュライトと、近3走は休み明け&洋芝で度外視・5 ブライトバローズを指名します。


                  買い目は◎の単勝と、シルシの各馬への馬連流し5点。


                  ローズS予想 byびぜんや

                  0

                    トライアルレースはどうも苦手です。
                    休み明けの実績馬を重視してしまい、上がり馬を軽視してしまうこと多数。
                    それではと昨年は上がり馬のカワキタエンカを軸にしたまでは良かったんですが、ラビットランは持っていなかったという……。
                    今年は懲りもせずまた実績馬を重視していますが、さて、どうなりますか。


                    ◎13 カンタービレ
                    京都芝1800mの未勝利戦を3馬身差でぶっ千切って勝ち上がり、勢いに乗って臨んだフラワーCでは長くいい脚を使っていきなり重賞初制覇。年によってメンバーレベルの差が大きい重賞ですが、今年は2着馬が続く桜花賞で「3強」に続く4着に入るトーセンブレス、3着馬がのちに紫苑Sを快勝するノームコアというメンバーでしたから、ハイレベルな相手関係での勝利だったと言えます。
                    前走・オークスは相手が強かったですし、初の距離、初の左回りも合わなかったかも。しかし桜花賞の上位組と同じような位置からレースを進め、食らいついていった経験はいい糧になったと思われます。
                    今回は右回りに戻り、【2,0,0,0】の1800mに距離短縮と条件は好転。久しぶりに地元関西で走れるのも買い材料で、実績馬の快勝劇を期待します。


                    ○9 アンコールプリュ
                    阪神マイルの新馬戦、好メンバーの揃ったつわぶき賞と、デビューから2連勝を飾っていた良血馬。重賞初挑戦ながら2番人気に推されたフィリーズレビューでは出遅れて流れに乗り損ね、厳しい展開になったかと思われましたが、直線では大外に持ち出して目の覚めるような伸び脚を披露、2着に入って面目を施しました。
                    春は気性面を考慮して短めの距離を使われてきましたが、最終追い切りでは気性面の成長が見えたとのことですし、半兄にダービー3着のブラックシェル、近親にホープフルS勝ちのシャイニングレイがいて、距離延長も問題ない血統。
                    春のトライアルG兇韮家嵜裕い世辰診呂、秋のトライアルG兇埜紊蹐ら数えたほうが早い人気、というのはおいしい話で、変わり身に期待したくなります。


                    ▲11 トーセンブレス
                    デビュー戦でいきなり、離れた最後方追走から怒涛の追い込みを見せてプリモシーン以下を捻って見せるというド派手な白星を飾ったお転婆娘。
                    阪神JFでは最速タイの上がりをマークして4着、フラワーCでは後方2番手から最速上がりをマークして追い込み2着、桜花賞でも別格だったアーモンドアイに次ぐ上がりをマークして4着と、極端な脚質ゆえなかなか勝ち切れませんが、コンスタントに豪脚を披露し続けています。
                    右回りでは崩れていませんし、瞬発力の問われる阪神外回りは絶好の舞台。今回はG気農菽紊魑した相手は不在で力関係は楽になっており、一気に突き抜けても不思議ではありません。


                    △2 ウスベニノキミ
                    春はフラワーC0.4秒差4着、フローラSでは序盤に不利を受け位置を下げながら0.4秒差6着と重賞で僅差の戦いを演じていた素質馬。オークスでは上位にこそ突き放されましたが8着と、今回の相手関係に限れば悪くない着順でゴールしています。
                    この夏はひと足早く、小倉の西海賞で始動。500万条件の身では格上挑戦という立場でしたが、逃げ馬に手を焼く厳しい展開ながらも、降級の勝ち馬と半馬身差の2着に健闘し、底力のあるところは示しました。
                    今回は春の実績馬に対し、夏に一度使われた強みで逆転を狙います。賞金的にここで権利を取らなければ秋華賞出走がかなわないだけに陣営の本気度は高いはず。前回は早めに動いて苦しくなりましたが、ここは我慢の競馬で直線まで脚を溜め、勝機を窺います。


                    ×は素質開花した切れ者・5 サラキアと、4戦連続最速上がり、前走は不利に泣いた14 ウラヌスチャームを指名します。


                    買い目は◎の単複と◎からの馬連流し5点。


                    岩手競馬・ジュニアグランプリ予想 byびぜんや

                    0

                      (盛岡芝1600m/M2)

                      例年なら岩手馬を応援したくなる北海道東北交流重賞ですが、今年は北海道からの遠征馬を応援したくなっちゃいますね。


                      ◎6 リンゾウチャネル/距離延長、芝替わりはプラス。この条件で快速生かす。
                      ○4 ミラクルジャガー/前走は出色の伸び脚。混戦を断つか。
                      ▲9 ライズインザノース/距離は合う。前走の芝経験生かして。
                      △1 サンエイフラワー/前走はダートで度外視。芝に戻って反撃。


                      ■ おまけ ■ セントライト記念予想
                      ◎9 タニノフランケル/前走は逃げて最速上がり、4馬身差。自分の形に持ち込めれば。
                      ○15 レイエンダ/前走は好メンバー相手に楽勝。ついに大器覚醒。
                      ▲4 ジェネラーレウーノ/中山替わりは大きくプラス。皐月賞は強い内容の3着.
                      △1 ギベオン/右回り、小回り対応が鍵も底力は最上位。
                      ×6 ゼーゲン/底を見せていない2戦2勝馬。不気味だ。
                      ×5 コズミックフォース/ダービーはあわやの3着。先行力生かして。


                      << | 2/76PAGES | >>