calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

岩手競馬・クラスターC予想 byびぜんや

0

    クラスターCは月曜の盛岡メインですが、明日はコミケのために東京へ行き、そのまま火曜日まで帰って来ない予定なので、土曜夜のうちに予想を公開します。
    「先取り展望」は火曜日に更新予定です。


    ◎12 ラブバレット
    15年3着、16年3着、17年2着、18年2着。毎年このレースで上位争いを演じ、昨年の北海道スプリントCでもあわやのシーンを作って見せた岩手のエースが、悲願のタイトル奪取に向け今年も帰ってきました。
    今年は諸般の事情があって一時期中央入り。5戦して大和Sの6着が最高と結果は残せませんでしたが、中央の猛者とぶつかった経験は確実に力となっているはずです。
    岩手復帰後は栗駒賞、岩鷲賞と完勝を収め、力に陰りのないことを誇示。今年は骨っぽい相手が揃いましたが、地元の期待を背負う者として、ライヴァルの後塵を拝するわけにはいきません。


    ○9 コパノキッキング
    カペラSでは豪快な末脚でライヴァルをごぼう抜きにし、続く根岸Sでは抜群の切れ味を見せて勝ったダートスプリント界の第一人者です。
    フェブラリーSは距離を考えれば健闘と言える5着。6ハロン戦に戻った前走・東京スプリントではキタサンミカヅキに不覚を取ったものの最速上がりをマークして2着に入り、地方の深い砂にも対応して見せました。
    当然ここも首位争いが有望。手綱を取るのは追い込みあるいは逃げと言った思い切りのいい戦法が得意な藤田騎手ですから、300mの直線を誇る盛岡は合いそうです。


    ▲5 ノボバカラ
    一昨年の南部杯ではコパノリッキー相手に果敢に逃げを打ち、2着に逃げ粘って小波乱を演出した実力者。その後は一時芝に挑戦したりしつつ、12戦続けて連に絡めていませんでしたが、前々走・栗東Sで2年半ぶりの勝利をマークして高らかに復活。
    続く前走・北海道スプリントCでも57キロを背負いながら、軽量馬相手に3着に健闘して見せました。
    今回は1キロでも斤量が軽くなるのはプラス要素ですし、盛岡はG毅加紊里△訌蠕のいいコース。
    かつてはダノンレジェンドとも接戦を演じたことのある古兵が、夏草の盛岡で復活の鬨の声を上げます。


    △10 ヤマニンアンプリメ
    前走・北海道スプリントCでは好位追走から直線で抜け出し、後方から伸びてきた道営の伏兵・メイショウアイアン以下を退けてV。そこまで黒船賞2着、かきつばた記念2着と交流重賞で惜しいレースを続けていましたが、距離短縮と岩田康誠騎手の手綱を味方に悲願を達成して見せました。
    今回も引き続き1200m戦で、引き続き岩田康騎手が鞍上ですから、連勝の期待は十分。
    ここで慣れない左回りを克服できれば、浦和で行われるJBCスプリントがくっきりと視界に入ってきます。


    ×は北から挑む一昨年の覇者・2 ブルドッグボスと、逃げ脚が黄金郷いわてで光る6 ヒロシゲゴールドを指名します。


    買い目は◎の単勝と、◎からの馬複流し5点。


    ■ おまけ ■ エルムS予想
    ◎12 グリム/実績は断然、激流も歓迎。
    ○4 モズアトラクション/激流必至のメンバー構成で豪快な差し切りを。
    ▲14 リアンヴェリテ/逃げなくてもレースは出来る。連勝の勢いに期待。
    △1 マルターズアポジー/好枠引いた。ダートも合いそうで。
    ×13 ハイランドピーク/ここ照準に調子を上げてきた昨年の覇者。
    ×2 テーオーエナジー/このレース得意な鞍上。立ち回りひとつで。


    ひまわり賞(オークス)予想 byびぜんや

    0

      (盛岡ダート2000m/M1)

       

      あと1週間するとお盆休みなのですねぇ。
      今年は長い休みが取れそうなので、どこか行ったことのない地方競馬場に足を運んでみたい……と思ってはいるんですが、この酷暑に二の足を踏んでいます。

       

      ◎3 エムワンピーコ/東北優駿3着の実績はここに入れば断然。
      ○4 ダンストンレイール/好枠引いた。ハナを切れば侮れず。
      ▲8 エバーフレイム/転入即連勝の勢いに注目。
      △5 フロラシオン/天皇賞馬の近親。長距離戦で良血開花。


      ■ おまけ ■ レパードS予想
      ◎7 ブラックウォーリア/左回りは合う。休み明けを叩いてさらに前進。
      ○10 デルマルーヴル/経験値の高さは断然。ここは勝ち切りたい。
      ▲13 サトノギャロス/前走の末脚圧巻。距離延長が吉と出れば。
      △15 ビルジキール/古馬準OPで連対の実力者。外枠からスムースなら。
      ×4 ヴァイトブリック/距離再延長はプラス。滞在効果も見込める。
      ×2 アヴァンセ/強敵相手にも大崩れしていない。ロスなく立ち回れれば。


      岩手競馬・せきれい賞予想 byびぜんや

      0

        (盛岡芝2400m/M2)


        夏の高校野球岩手県大会決勝は、花巻東高校が大船渡高校を圧倒して優勝。注目の大船渡・佐々木投手は登板しませんでした。
        佐々木投手が登板しなかったことに関しては、本人の体調、チームの判断、ここまでの過程、いろいろとあるでしょうから何も言いません。

        競馬に例えれば、少々無理づかいしてでもダービー出走を目指すか、あるいは将来を考え、ダービーをあきらめても将来の古馬G祇覇、海外雄飛を目指すのか。どちらの判断が間違い、ということもないでしょう。

        ただ、今回の佐々木投手を巡る狂騒ぶりを見ると、高校野球というのはプロ野球(あるいはMLB)選手を輩出する予備校にすぎなく、ひと握りのスター選手を除く高校球児はその引き立て役、モブでしかないのかなと感じられて、なにかひとこと言いたくなってしまうところはありますねぇ。


        ◎8 カレンラストショー/左回りは合うし、距離は守備範囲。先行力生かせれば。
        ○7 サラトガスピリット/中央OPの実力者が芝を求めてここへ。この距離には自信あり。
        ▲5 キャッスルクラウン/昨年の2着馬が雪辱期して来盛。前走連対の勢い○。
        △11 グランアルマダ/前走はローテの狂いと58キロが敗因か。見直し可能。
        ×1 マイネルスカイ/かきつばた賞を2着。盛岡芝では崩れない。
        ×4 レイズアスピリット/みちのく大賞典で殊勲の2着。久々の芝で一発注。

         

        ■ おまけ ■ アイビスサマーダッシュ予想

        ◎10 レジーナフォルテ/前走は落鉄に泣いた。ここに入ってもスピードは上位、ひと叩きした強みで。

        ○11 ライオンボス/2連勝の内容が圧巻。初重賞でも侮れず。

        ▲1 ラブカンプー/昨年の2着馬。リフレッシュなって本来の力発揮できれば。

        △18 アルマエルナト/好枠引いた。うまく脚を溜めて末脚引き出せれば。

        ×8 レッドラウダ/直千の顔が今年も登場。思い切りのいい騎乗で。

        ×9 ミキノドラマー/時計のかかる馬場は合う。前崩れなら出番。


        岩手競馬・ハヤテスプリント予想 byびぜんや

        0

          (盛岡ダート1200m/M2)


          日曜日の重賞、函館2歳Sに出走する道営所属馬アガラスの母・ヒバリエキスプレス、中京記念に出走するロードクエストの母・マツリダワルツはともに岩手で活躍した馬。
          岩手で活躍した牝馬の子どもたちが中央重賞に出てくるというのは、なかなか胸が熱くなるものがありますねぇ。がんばれ、岩手の子どもたち!


          ◎6 グローリアスライブ/留守杯日高賞はスピード生かして独走勝利。適距離のここで再び圧倒。
          ○5 ケンガイア/この距離で崩れたのは前走だけ。左回りに替わって反撃。
          ▲2 カンゲキ/好枠引いた。ハナさえ切れれば簡単には崩れない。
          △8 サンエイムサシ/盛岡替わりはプラス。距離短縮がプラスに出れば。
          ×7 リュウノボサノバ/距離短縮が吉と出そう。先行激化なら出番あり。

          ×4 イッキトウセン/北からの刺客。盛岡を知る鞍上が怖い。


          岩手競馬・マーキュリーC予想 byびぜんや

          0

            本紙既報のとおり。

            昨日一昨日と北陸・石川県に行ってきました。

            初日は能登、翌日は金沢を駆け回り歩き回り、充実した旅行になりました。

            ……歩きすぎてちと背腰に疲れが見られたり、歩様が固くなっちゃってる感じなんですけどね(汗)。

             

            観光を楽しみ過ぎて(結局金沢競馬場はいけませんでした)、この2日間、馬の走るところを全く見ていません。

            そのぶんは今日の岩手競馬で楽しむこととします。

             

            ◎1 グリム
            レパードS、白山大賞典、名古屋大賞典と重賞3勝の実績は断然。ここは1本かぶりとなりそうですが、さすがに逆らえません。
            重箱の隅をつつけば、アンタレスS以来の休み明け、ただ1頭背負う56キロの斤量ということになりますが、名古屋大賞典勝ち、青竜S勝ちなど鉄砲実績は豊富ですし、56キロは背負い慣れた斤量。ライヴァルとの力量差を考えれば、2キロの斤量差はハンデにはならないと見ます。
            童話の里・イーハトーヴで、グリムがその足跡に輝かしい1ページを書き加えます。


            ○3 ノーブルサターン
            一昨年の兵庫CSで2着に入っていた素質馬。
            今年の始動戦となったブリリアントSでは12着に大敗しましたが、続く前走・アハルテケSでは後方待機から追い込んで、13番人気の低評価を覆す3着に激走。健在ぶりを示しました。
            前走は東京マイルで結果を出しましたが、それまでの良績はコーナー4つのレースに集中しており、2000mへの距離延長はプラスに出そう。
            兵庫CS2着、JDD5着の実績から地方は合いそうですし、このメンバーに入れば実績も十分。ここでも存在感を示してくれそうです。

             

            ▲9 テルペリオン
            前走・スレイプニルSでは、好位追走から抜け出し、後続に2馬身差をつける盤石の勝利を挙げてここに乗り込んできました。
            デビューからひたすら右回りばかりを使われてきましたが、前走を見れば左回りへの適性は高そう。好位でそつなく立ち回れる脚質は、タイトな地方競馬に向いています。
            いざとなれば自分でレースを作ることも可能で、展開を味方につけての上位争いが期待できます。

             

            △14 ロードゴラッソ
            デビューからしばらくは芝を使われてきましたが、昨年暮れにダートに転向するやいきなり3連勝でオープン昇格。重賞初挑戦のマーチSこそ6着に敗れましたが着差はわずか0.3秒差、続く前走・大沼Sではリアンヴェリテにまんまと逃げきられたものの2着は確保して、オープンでもやれることを示しました。
            まさに、強力世代の遅れてきた大物。いまだダートで底を見せていないのは魅力ですし、今回は前走をひと叩きしたことでの上積みも見込めます。

             

            ×6 チェリーピッカー
            岩手競馬予想をメインコンテンツのひとつとしている当ブログとしましては、多少無理筋であろうとも地元勢をピックアップしないわけにはいきません。
            チェリーピッカーは中央未勝利から転入後、破竹の12連勝をマークした戦績の持ち主。今年は3戦して未勝利ですが、あすなろ賞2着、赤松杯3着など重賞・準重賞での好走があって衰えは感じられませんし、間隔を開けて丁寧に使われているためまだ上積みの余地はあると見ます。良馬場になれば、さらに期待値は上昇。

            地元勢として、存在感を見せてほしいところです。

             

            買い目は◎→○→▲△×、◎→▲△×→○の三連単フォーメーション計6点。


            岩手競馬・オパールC予想 byびぜんや

            0

              (盛岡芝1700m/М2)


              早池峰スーパースプリント、栗駒賞、岩鷲賞、北上川大賞典と、岩手の地名が付いた重賞はいろいろあるのに、ズバリ「盛岡」「水沢」の名前がついた重賞って無いんですねぇ。盛岡記念、水沢杯なんてレースがあってもよさそうなもんですが。


              ◎8 クリムパルフェ/船橋から芝を求めて参戦。一発に期待。
              ○9 マツリダレーベン/岩手の芝のエース格。ここも崩れない。
              ▲11 サンエイフラワー/はまなす賞は差のない2着。外枠からスムースなら。
              △5 エスドリーム/前走が圧勝。芝も合いそうで展開も向きそう。
              ×2 カメチャン/盛岡芝2戦2勝。相手強化も臆せず向かう。


              ■ おまけ ■ プロキオンS予想
              ◎9 マテラスカイ/ドバイでも見せ場作ったスピードスター。連覇有望。
              ○1 サクセスエナジー/堅実無比。内枠生かして逆転狙う。
              ▲10 アルクトス/左回りでは3連勝中のサウスポー。勢い買う。
              △3 ドンフォルティス/強力世代の一角。休み明けでも侮れず。
              ×14 キングスガード/一昨年の覇者が一戦ごとに着差詰め。
              ×5 サンライズノヴァ/前走は休み明け、地方競馬で度外視。


              岩手競馬・栗駒賞予想 byびぜんや

              0

                (水沢1400m/M3)


                大船渡高校の剛球投手・佐々木朗希投手が注目されていますね。
                おかげでスポーツ紙の1面が岩手県大会の組み合わせだったり、甲子園予選を特集した雑誌でも「岩手県大会徹底特集」なんてのが巻頭カラーで載っていたりと、その余熱が信州まで伝わってきています。
                ま、1回戦負けがデフォルトの私の母校には関係ない話なんですけどね。


                ◎3 ラブバレット/帰ってきた岩手短距離のエース。ここは負けられない。
                ○9 ナムラヒューマン/距離延長はプラス。転入2戦目で本領発揮。
                ▲2 サインズストーム/5連勝の勢いに乗る令和のスピードスター。
                △8 イーグルカザン/シアンモア記念、赤松杯で連対。老いてなお意気軒高。
                ×6 ミスティカル/前走は距離が短すぎた。水沢に替わって反撃。


                ■ おまけ ■ ラジオNIKKEI賞予想
                ◎4 ポルーニン/雨に踊るフレンチ産駒。連勝の勢いに注目。
                ○14 ブレイキングドーン/重馬場の弥生賞を評価。小回り平坦は合う。
                ▲9 ヒシイグアス/前走は若さを露呈。スムースに先行できれば反撃。
                △12 ウインゼノビア/力の要る馬場は合う。経験値の高さも魅力。
                ×13 ゴータイミング/前走で成長示した。ひとつ叩いてさらに前進。
                ×11 ヒルノダカール/前走は不利に泣いた。軽ハンデ武器に反攻。


                岩手競馬・ウイナーC予想 byびぜんや

                0

                  (水沢1400m/M2)

                   

                  グリーンチャンネルの「M’sTV」でこのレースの出走予定場リストを見ていたら、そこには船橋から転入初戦となる「クルーズラミレス」の名が。
                  思わず、「助っ人外国人みたいだな」と呟いたら、ベイ党の月見亭には「クルーンとラミレス?」と言われてしまいました。
                  ……うーん。私としてはファイターズに在籍していたトミー・クルーズを思い浮かべたんですが。

                  懐かしすぎて誰も覚えちゃいませんかね。

                   

                  ◎8 ポエムロビン/ここはビギナーズC2着の舞台。距離短縮味方に一発。
                  ○1 サンエイムサシ/好枠引いた。単騎逃げ臨める相手関係で好機到来。
                  ▲5 クルーズラミレス/南関からやって転入初戦。名刺代わりの一発あるか。
                  △7 リュウノボサノバ/前走案外。距離短縮で一変あるか。


                  岩手競馬・早池峰スーパースプリント予想 byびぜんや

                  0

                    (盛岡ダート1000m/M2)


                    今日は松本市のサンプロアルウィンに行ってJ1松本山雅vs清水エスパルスの試合を観戦してきました。

                    ひょんなことからプラチナチケットを手に入れての急遽観戦。

                    サッカーはW杯やってても競馬予想の方に集中しちゃう程度に疎いので、詳細講評はしませんが、息もつかせぬゲームでなかなか楽しかったです。

                    競馬観戦ですと、一緒に行った仲間たちでも応援する馬は違う、なんてことになりまして、その気楽さが競馬観戦の楽しさだったりしますが、サッカー観戦(野球もバスケもそうですが)はスタジアムが一体となり、同じコール、同じチャントでの応援。こういうのは久々で、周囲の雰囲気、波に呑まれるような楽しさを味う、貴重な体験ができました。

                     


                    ◎6 メイショウオセアン/昨年はあわやのシーン作って2着。今年こそは。
                    ○10 サインズストーム/4連勝の勢い注目。大外枠克服すれば。
                    ▲1 フォルス/好枠引いた。ためらいなく逃げてどこまで。
                    △2 ミスティカル/叩かれつつ復調。前で流れに乗れれば。


                    岩手競馬・サファイア賞予想 byびぜんや

                    0

                      (盛岡芝2400m/準重賞)


                      先日会社の健康診断がありまして。
                      その結果、腹囲がいくぶん引き締まったものの、体重若干増えてしまっていました。
                      このやや不可解な結果、「馬体重は増えているが、むしろ腹回りは引き締まって見える、というやつか?」と好意的に解釈していたのですが。
                      月見亭には「見えないところに脂肪がついただけじゃないの? 内臓とか」と一刀両断されてしまいました。
                      ううむ。

                       

                      ◎8 サンエイフラワー/3歳芝路線の中心選手。距離延長を味方に逆襲。
                      ○1 マツリダレーベン/前哨戦を快勝して芝適性を改めて証明。
                      ▲5 トーセントルマリン/前走で芝適性示した。年明け3走目で上昇見込め。
                      △11 マイネルオリエンス/ステイヤーの血が騒ぐ。ここは同型不在、外枠克服出来れば。


                      ■ おまけ ■ 目黒記念予想
                      ◎7 ゴーフォザサミット/昨春は青葉賞、ダービーで好走。ひと叩きされ上昇一途。
                      ○10 ルックトゥワイス/前走は勝負どころで不利。距離延長はプラスで勝機あり。
                      ▲4 ムイトオブリガード/名うての舞台巧者。ここは勝ち切りたい。
                      △6 ブラストワンピース/負けられない相手関係も、59キロがどうか。
                      ×8 チェスナットコート/前走は強敵相手に健闘。経験生かして。
                      ×11 ポポカテペトル/昨年は見せ場作って僅差4着。休み明けでも乗り込みは豊富。


                      << | 2/28PAGES | >>