calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

小倉記念予想 byびぜんや

0

    暑さのせいか酔っ払ったせいか、ここに書く「前フリ」が何も思いつきません。

    今週は会社に通うだけで、何も変化のない一週間でしたしねぇ(あ、月曜日に飯田市内でラーメン屋を探してさまよったっけ……)。

    岩手競馬と中央競馬、ふたつの予想用に前フリのネタ探してくるのも、それなりに大変なんですよ、ということで。

     

    ◎12 クランモンタナ
    昨年のこのレースでは、和田騎手がスタートから気合いをつけて好位に取り付き、向正面では早くもムチが入るという展開。しかしそこから逃げるメイショウナルトをかわし、並びかけるアングライフェンを突き放し、迫るテイエムイナズマもダコールも退け、最後は最速上がりをマークして突っ込んできたベルーフもしのいでゴール。
    和田騎手のムチが何発入ったかわからない厳しい展開でしたが、切れないけどバテない、この馬の強みが如何なく発揮されたレースでした。
    その後は重賞でも勝ちきれず、障害に転向。阪神の障害未勝利戦を勝って、久々に勝利の美酒を味わい、重賞戦線に復帰してきました。
    平坦コースは得意ですし、よどみなく流れる小回りコースならこの馬の持ち味である渋太さを存分に引き出すことができます。
    障害戦から継続騎乗となる熊沢騎手の手綱も頼もしく、穴騎手と穴馬のコンビが、玄界灘に波瀾を呼びます。


    ○8 サンマルティン
    母がディアデラノビア、姉にディアデラマドレがいる良血馬。
    当然デビュー当初は期待され、新馬戦では後続に2馬身半差をつけて圧勝して期待に応えていたのですが、その後は気性難などもあり詰めて使うことが出来ず、結果も残すことが出来ずにいました。
    しかし昨年、思い切って去勢してからは成績が安定。6戦4勝の好成績を残し、前走・むらさき賞でオープン入りを決めていよいよ重賞の舞台に乗り込んできました。
    平坦コースは得意で良馬場の平坦コースは3戦3勝。小回りも福島の南相馬特別を圧勝していて、問題なくこなせます。気性面で不安が残るだけに、小倉滞在でレースに臨めるのはプラス材料。
    初重賞とはいえ、重賞勝ち馬が2頭しかいないハンデ戦なら臆することもありません。


    ▲13 バンドワゴン
    デビュー戦ではトゥザワールドを6馬身も千切り、続くエリカ賞ではヴォルシェーブを5馬身後方に切って捨てた怪物。当然のごとく1番人気に支持されたきさらぎ賞ではトーセンスターダムに差され苦杯を喫しましたが、それでもなおクラシック候補の最有力候補としての評価を得ていた大器でした。
    しかしその後は脚部不安のため2年もの長期休養を余儀なくされる苦難を味わいました。
    それでも復帰2戦目の長久手特別を完勝して復活の狼煙を上げると、前々走・但馬Sでは最速上がりを発揮してオープン復帰を決めました。
    前走・鳴尾記念では瞬発力勝負になり出番がありませんでしたが、各馬の仕掛けが早くなる小回りコースなら長くいい脚を使えるこの馬に出番がありそう。
    かつてのような暴力的な強さはありませんが、このメンバー相手なら器の違いを見せることが出来そうです。


    △10 ストロングタイタン
    小倉で4戦3勝というコース巧者です。
    休み明けの前走・マレーシアCでレコードをマークしてオープン入り。叩いた上積みが見込めますし、落鉄しながらレコードをマークしたあたり、4歳夏を迎えてスケールアップを果たした感があります。
    小倉大賞典では5着に敗れていますが、1800mというのはベストの距離ではありませんでしたし、直線ではスムースさを欠く場面も。それでいての0.5秒差5着は十分評価できます。
    5戦5連対と得意にしている夏に、得意のコースでの重賞となれば、当然初タイトルの期待が高まります。


    ×はこのレースを得意にしている6 ベルーフと、前走は展開不利で見直せる3 ヴォージュを指名します。


    買い目は◎○からシルシの各馬への馬連フォーメーション9点。


    岩手競馬・ひまわり賞(オークス)予想 byびぜんや

    0

      来週からはお盆休み。
      今年は6連休が取れそうだということで、岩手の実家に「夏には帰るよ〜♪ ついでに盛岡までクラスターC見に行くよ♪」と連絡したところ、母親からは「夏休みは福島の妹のところに行ってるから、帰ってきても誰もいないよ♪」との返事が。
      てなわけで結局、今年の夏もコミケです。
      そのあとはグリーンチャンネルでクラスターC見たり、薄い本読んだりしながらぐだぐだしている予定です。


      ◎2 ダンストンレガーメ/ダービーでも掲示板。重賞3勝馬が貫録示す。
      ○6 ダンストンリアン/スプリント帰りの速力武器に逆転狙う。
      ▲7 グラマシー/日高賞の汚名返上期す。先手取れれば面白い。
      △5 ビービースペース/前走は適距離で一変。さらに距離伸ばしてどうか。

       

      ■ おまけ ■ レパードS予想
      ◎14 テンザワールド/好メンバーの古馬1000万を相手にせず。切れ味はここも通用。
      ○5 エピカリス/UAEダービーで名を挙げた。圧勝あっても。
      ▲15 タガノディグオ/実績では負けていない。発馬五分なら逆転も。
      △2 ローズプリンスダム/OP勝ちは伊達じゃない。中央に戻って反撃。
      ×13 ノーブルサターン/G気任盡せ場を作った粘り腰。先手取れれば。
      ×6 スターストラック/つちらも1000万勝ち。叩いてさらに上昇。


      小倉記念 先取り展望

      0

        クイーンS 実際の買い目
        【月見亭】三連複軸2頭流し 2,10−総流し
        【びぜんや】単勝 1 馬連流し 1総流し 三連単軸1頭流し 1→2,4,8,10,12


        月見亭「北の大地を震撼させた新世代の衝撃波!」
        びぜんや「クイーンSを制したのはNHKマイルCの勝ち馬・アエロリット。好発を決めてそのまま大逃げ、後続に影を踏まさず逃げ切った」
        月見亭「今年の3歳牝馬はハイレベルと言われていたけれど、古馬の重賞クラスをまったく問題にせず、それを証明して見せたわね」
        びぜんや「右回りも、コーナー4つの小回りもまったく苦にしなかった。一気に秋華賞の有力候補に浮上し、マイルCSも視野に入れたか」
        月見亭「プラス18キロの大幅馬体増で出てきたけれども、これは成長分だったみたい。春よりますますパワーアップしているってことね」
        びぜんや「逃げて戦法に幅を加えたことも大きい。心身ともにスケールアップしたと言えそうだ」
        月見亭「2着はキミの◎トーセンビクトリー」
        びぜんや「馬群から出るときに他馬に迷惑をかけたのはいただけないが、そこからの伸び脚が違った。函館入厩で落ち着いて臨めたのがよかったのかね。しかし前に1頭、強い馬がいたね」
        月見亭「3着は後方から最速タイの上がりをマークして、クインズミラーグロが突っ込んだ」
        びぜんや「あいかわらず安定しているねぇ。展開を考えれば3着確保は上出来だろうが、前が崩れると思ったのか、ちょっと溜めすぎたようにも思われる」
        月見亭「私の◎パールコードは見せ場なく10着」
        びぜんや「ケイコも動いたし、パドックでも活気があったように見えたが、やっぱり休み明けは苦手なのかなぁ。洋芝も向かなかったか」
        月見亭「というわけで今週の結果。私は(〇−▲)でハズレ、馬券も同じく」
        びぜんや「僕は(×◎▲)でハズレ。馬券は馬連が的中したけれど、トータルでは取って損。馬連じゃなくワイドにすればよかったとか、三連複でも結構ついたとか、反省材料だなぁ」
        月見亭「さて、来週は昨年夫婦で万馬券をゲットしたゲンのいい小倉記念」


        クイーンS予想 by月見亭

        0

          時間がないので、前フリ無しで。

           

          私のパールコードです。

           

          残りはこんな感じです。

           

          〇 アエロリット

          ▲ クインズミラーグロ

          △ アドマイヤリード

          × マキシマムドパリ

          × クロコスミア


          岩手競馬・せきれい賞予想 byびぜんや

          0

            (盛岡芝2400m)

            芝巧者揃いで案外難解な一戦ですね。

             

            ◎3 サンエイゴールド/前哨戦を圧巻の勝利。盛岡芝7勝馬が実力示す。
            〇1 ヴァーゲンザイル/芝を求めてみちのくへ。中央OPの力見せる。
            ▲9 ブラックロード/3歳馬が果敢に挑戦。逃げ差し自在で侮れず。
            △2 パーティーメーカー/昨年の覇者が登場。適性生かして復活なるか。


            ■ おまけ ■ アイビスサマーダッシュ予想

            ◎3 プレイズエターナル/末脚堅実。発馬五分なら勝機大。
            〇16 アクティブミノル/遮眼装着の前走に復活の兆し。直千も合いそうで。
            ▲10 フィドゥーシア/良馬場では3連勝。ここも止まらぬ快速の才能。
            △12 レッドラウダ/直千専用の跳ね馬。ここがメイチの勝負。
            ×7 シンボリディスコ/昨年2着。適性の違いで上位狙う。
            ×8 ダンシングワンダー/スピード見劣らず。開幕週の馬場味方に。


            クイーンS予想 byびぜんや

            0

              今週から「りそな銀行」でも「即PAT」が使えるようになりました。

              今までA-PATで馬券を買っていたりそなユーザーの私としては、「これで馬券を変える口座がふたつになったぞ!」「平日の地方競馬が買いやすくなったぞ!」と快哉を叫びたくなるわけなんですが。

              我が家において、りそなの口座は基本、クレジットカードやETCカードの引き落としに使う「馬券に使っちゃいけないお金」なんですよねぇ……。

              新規加入キャンペーンもやってますし、とりあえず会員にだけはなっておこうと思いますが。

              使い方を誤ると家庭が崩壊しかねないので、気をつけなくてはいけません。

               

              ◎1 トーセンビクトリー
              中山牝馬Sでは好位から押し切る堂々の競馬で重賞初勝利。今年こそは良血開花かと期待されましたが、阪神牝馬Sは重馬場に泣いて6着、マーメイドSは距離が微妙に長かったか中山牝馬Sから3キロもの増加となったハンデが効いたか、9着と、結果を残せずにいます。
              しかし今回は、6勝中4勝を挙げている1800mに距離が短縮されますし、小回りの開幕週で持ち前の先行力が生きそう。負担重量も55キロなら問題ありません。
              新馬戦以来の札幌で、秋への手がかりをつかみます。

               

              〇12 アドマイヤリード
              デビュー戦では素質馬・シルバーステートに土をつけ、白菊賞では破格の末脚を発揮して快勝するなど、早くから素質の片鱗を見せていましたが、本格開花は今年、古馬になってから。
              北大路特別、飛鳥Sを連勝してオープンに復帰すると、続く阪神牝馬Sでも2着に好走。そして前走・ヴィクトリアマイルでは馬群を割って突き抜け、G祇覇を成し遂げました。
              コーナー4つの競馬はオークス15着以来で未知数ですが、1800m自体は【2,2,0,1】と得意にしており、距離延長は問題なし。渋った馬場で3連続連対しており、洋芝への対応も問題なさそうで、ひと息入ったここでも、勢いは止まりそうにありません。

               

              ▲4 クインズミラーグロ
              愛知杯3着、中山牝馬S3着、福島牝馬S3着、マーメイドS2着と、牝馬限定重賞で堅実に駆け続けながら着順を上げ、重賞初制覇に王手をかけています。
              札幌成績は【0,0,1,1】と微妙ですが、HTB賞でミッキーロケットから0.2秒差の3着という戦歴があり、こなせないわけではありません。
              前走は決めて勝負でマキシマムドパリに遅れを取りましたが、阪神以上に器用さの要求される札幌なら逆転可能。相手はそろいましたが、小回りの1800mならば立ち回りの巧さで上回ることも可能で、伏兵と片付けることはできません。


              △10 パールコード
              昨年の秋華賞でヴィブロスと接戦を繰り広げた実力者が、ターフに戻ってきました。
              前走・マリーンC9着は初めてのダート戦で完全に度外視可能。秋華賞2着をはじめ、芝では掲示板を外したことはなく、当然巻き返しが期待されます。
              切れ味やスピードでは見劣り、小回りでの立ち回りの巧さが身上なだけに、洋芝の札幌は合いそう。昨秋の戦績から考えれば、G犠,素呂篏転涵,素呂並んだ今回のメンバーに入っても格落ち感はありません。

               

              ×は右回り、コーナー4つの1800m、洋芝と課題は多いがG犠,舛涼藁呂怖い2 アエロリットと、重賞連勝を目論む上り馬・6 マキシマムドパリを指名します。

               

              買い目は◎の単勝と、◎からの馬連流し。ヒモにはシャルールを加えた6点で。


              中京記念予想 by月見亭

              0

                梅雨明け宣言が出ました。

                今年は空梅雨で全く雨が降らずで。

                そして、宣言後の今日、少し雨が降ってます。

                今年は局地的な雨ばかりだったので、

                ここで雨が降らなかった地域を少し潤してほしいですね。

                 

                私のブラックムーンです。

                 

                残りはこんな感じです。

                 

                〇 ダノンリバティ

                ▲ マイネルアウラート

                △ グランシルク

                × ワンアンドオンリー

                × ムーンクレスト

                 

                 


                中京記念予想 byびぜんや

                0

                  土曜日は、長野県南部から愛知県へ伸びるローカル線、飯田線に乗ってきました。

                  かつては多彩な旧型車が生き残っていたことから「動く電車の博物館」と呼ばれ、最近は「秘境駅」でスポットを浴びている路線。長野県民でもなかなか利用しない路線ですが、一度は乗っておきたい路線だったので、足を伸ばしてきました。

                  飯田駅から南は、小さなトンネルをいくつもいくつもくぐりながら、翡翠色の天竜川を眺める風光明媚な区間。スポーツ紙の競馬面を見ていた目を外に向け、缶ビールを片手に、三遠南信国境地帯の風光を満喫してきました。

                  広い信州、知らない絶景がまだまだたくさん残っています。

                   

                  ◎8 アスカビレン
                  通算成績【6,0,0,13】。勝つか、もしくは潔く馬券圏外に去るかという、男らしい走りをする牝馬です。
                  3年前の9月にデビュー勝ちし、一昨年9月の夕月特別を勝って秋華賞出走につなげ、昨夏は阪神、小倉と連勝してオープン入りを決めた夏女。
                  昨年の府中牝馬Sでは強豪牝馬に伍して差のない4着に入り、大阪城Sでは差のない4着、続く六甲Sでは最速上がりを発揮してVと、コーナーふたつで直線の長いコースでは安定して末脚の破壊力を見せ、上位争いを繰り返しています。
                  前走・ヴィクトリアマイル13着はさすがに相手が強かったですし、渋った馬場に切れ味を殺がれたもので、度外視可能。
                  府中牝馬Sの内容を見れば左回りでもこなせるはずで、夏女の一撃に期待します。


                  〇6 グランシルク
                  通算成績【4,5,5,6】。競走馬生活の約半分が、1番人気を裏切って差し届かず、という惜敗王です。
                  今年も良馬場のオープン特別で2着、稍重馬場のハンデG靴韮鈎紂⊇吐肋譴裡猫兇韮鈎紂≪捗鼎離ープン特別で2着と詰めの甘さは健在。一方でどんな馬場でもどんな相手関係でもどんなコースでも確実に上位に入ってくる堅実さがあります。
                  最終週の荒れた馬場を味方につけることができれば、直線一気を決められるだけの破壊力を秘めているだけに、馬券から外すことはできません。


                  ▲11 マイネルアウラート
                  昨年暮れのリゲルS、年明けのニューイヤーSとオープン特別を連勝。その後も東京新聞杯、ダービー卿CTとマイル重賞で差のない4着に入っており、重賞制覇は目前です。
                  今回はダービー卿CT以来の休み明けとなりますが、鉄砲駆けの実績があって、懸念は無用。今回はどうしても逃げたい馬がおらず、各馬は最後の直線を意識して脚を溜めるはずで、先行力のあるこの馬に展開は向きそうです。


                  △1 レッドレイヴン
                  かつて重賞で何度も1番人気に支持されていた素質馬。長期休養明けの前走・エプソムCを使われた後は、初のマイル戦となるここに臨んできました。
                  マイルは初めてとはいえ、6勝中5勝を1800m戦で挙げていますし、コーナーふたつのコースでは【1,2,0,1】、前走を除けば敗れた相手はコディーノとディサイファだけで、1ハロン短縮したマイルへの適性は秘めています。
                  ローカルコースを得意にしており、コーナーのタイトな中京も合いそう。前走からの上積みがどれだけあるかですが、ポテンシャルをフルに発揮できれば、突き抜けてもおかしくない惑星です。

                   

                  ×は新潟から転戦のサウスポー・10 ダノンリバティと、甦るシンザン記念勝ち馬・14 グァンチャーレを指名します。

                   

                  買い目は◎からの馬単流し5点。

                  岩手競馬予想と、日曜夜の先取り展望はお休みします。


                  岩手競馬・メイセイオペラ記念マーキュリーC予想 byびぜんや

                  0

                    水沢競馬場にメイセイオペラの記念碑が作られ、このマーキュリーCには今年からメイセイオヘペラ記念の冠がついて、今年はメイセイオペラにスポットの当たる一年となっています。
                    地方所属馬唯一の中央G犠,素呂箸靴董∈も孤高の存在。
                    その存在がクローズアップされて、泉下のメイセイオペラも喜んでいるでしょうか。
                    いや、「いつになったら俺に続くヤツが出て来んだッ!」と、お怒りかもしれませんねぇ……。


                    ◎10 ディアデルレイ
                    母はディアデラノビア、兄弟にディアデラマドレ、ドレッドノータスという重賞勝ち馬がいる良血に、重賞初制覇のチャンスがやってきました。
                    ダート重賞初挑戦となった前々走・マーチSでは、ヴェテラン・インカンテーションの奇襲に遭いましたが、好位から進める堂々のレースぶりで2着。前走・オアシスSで13着に大敗しているのは気になる材料ですが、あまり続けて使われたことのない馬で、叩き3走目がこたえたとも思える内容。リフレッシュなった今回は復活が期待できます。
                    芝で3勝を挙げている馬だけに、湿って脚抜きのいい馬場は合いますし、左回りも得意ですから、ここは当然勝ち負けでしょう。


                    〇2 ミツバ
                    ブラジルCを逃げ切ったかと思えば、ベテルギウスSとブリリアントSでは待機策からロングスパートを決めてV。変幻自在な実力者です。
                    オープン特別では3戦3勝なのに対し、重賞は3戦して馬券に絡んだことは一度もなし。とはいえ、川崎記念ではサウンドトゥルーやケイティブレイブと差のない4着に入っており、G靴覆藹淑に勝てる力は示していますし、地方の芝にも対応可能です。
                    坂のある長い直線での末脚比べとなる盛岡で、その自在性が生きてきそうです。


                    ▲3 ピオネロ
                    3歳時はクラシックトライアルで好走していた実力者ですが、古馬になって足踏みが続き、才能が開花したのは昨夏、ダートに転じてから。
                    白川郷S、BSN賞と連勝し、シリウスSで2着に入ってダート適性の高さを見せました。
                    前々走・名古屋大賞典ではのちに帝王賞を勝つケイティブレイブから1馬身半差の2着に好走。強敵不在の今回は重賞初勝利の期待がかかります。
                    後手を踏んだ前走・平安S4着は度外視。前々走のような積極策で初のタイトルを奪いに行きます。


                    △5 クリノスターオー
                    中央ダート重賞3勝の実績はこの中に入れば断然。地方のダイオライト記念や韓国のコリアCでも2着の実績があり、戦う舞台を選ばないヴェテランです。
                    番手から渋太く粘り込むタフな競馬を身上にしており、待機勢がそろった今回、展開はこの馬に向きそう。
                    前走・平安Sでは14着に敗れていますが、これは休み明けで完全に度外視可能。56キロを背負っていても軽視はできません。


                    買い目は◎からの馬複流し3点。


                    中京記念 先取り展望

                    0

                      函館記念 実際の買い目
                      【月見亭】三連複軸2頭流し 7,9−総流し
                      【びぜんや】単勝 8,11,12 複勝 8 枠連流し 6−1,3,4,6,7


                      月見亭「100万ドルの夜景よりも眩く輝くタイトルをその手に!」
                      びぜんや「函館記念を制したのはルミナスウォリアー。中団待機からまくり気味に進出、その勢いは最後まで衰えず後続を1馬身半離してゴールした」
                      月見亭「ここまでは今ひとつ勝ちきれなかった馬が、函館の地で一変。危なげなく勝ち切ったね」
                      びぜんや「雨が降ったのがどう出るかと思ったが、馬場のいい外めを通って影響を最小限にとどめた。上がりがかかる展開も味方したね」
                      月見亭「2着は14番人気の伏兵・タマモベストプレイが入った」
                      びぜんや「好発から一度は控えて足をため、最後に差してきた。ステイヤーだけに時計のかかる馬場、上がりのかかる流れが味方した」
                      月見亭「3着は逃げたヤマカツライデン」
                      びぜんや「何が何でも逃げる姿勢を見せ、最後までしぶとさを見せた。好調・池添騎手の肝の座った騎乗が光った」
                      月見亭「キミの◎ツクバアズマオーは見せ場なく10着に敗退」
                      びぜんや「予定した巴賞をパスした影響があったのかな。ピリッとするところがないまま流れ込んだ。次走は変わってくれるか……?」
                      月見亭「私の◎スーパームーンはなんと殿16着」
                      びぜんや「馬場かなぁ。スタートから出ていかず、流れに乗るのが精いっぱい。最後は外に出したけれどもさっぱり伸びなかった」
                      月見亭「というわけで今週の結果。私は(×−−)でハズレ、◎が殿負けでは馬券も当たるはずがなく」
                      びぜんや「僕は(〇−−)でハズレ。しかし馬券は〇の単勝と、枠連が的中。パリカラノテガミと同枠のタマモベストプレイが突っ込んで来てくれて、予想が外れたのに好配当だ」
                      月見亭「なんてデタラメな。昭和の馬券・枠連、恐るべし……」
                      びぜんや「さて、来週は函館2歳Sもあるけど、やっぱり中京最終週の中京記念だよな」

                      続きを読む >>

                      << | 2/234PAGES | >>