calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

びぜんやの月曜日〜週刊萌馬・実践編

0
    月曜日は競馬週刊誌の発売日。私は「Gallop」誌を愛読しています。内容的には競合誌の「競馬ブック」の方が充実しているのは明らかなんですが、馬柱は「Gallop」の方が私にとって見やすいのです。
    会社の帰りにコンビニで購入し、まずは各馬のプロフィール記事や、馬柱のシルシを見て、狙っているレースの戦力バランスを俯瞰します。
    早速今週の「Gallop」を見て見ますと、シルシが厚く回っているのはリトルアマポーラ、レッドアゲート、ソーマジック、ブラックエンブレムといったあたり。私の狙っているレッドアゲートは人気しそうですね。
    ブラックエンブレムは軽視するつもりでしたが、桜花賞の時は早めに栗東入りし、強い追い切りをせずにレースに臨んだことを思い出しました。これは昨年のピンクカメオを思い出させるパターン。桜花賞は捨て駒で、地元に戻った今回が本当の狙い……という気もして来ましたよ。
    「誌上パドック」ではレッドアゲート、ソーマジックがよく見えますね。
    リトルアマポーラは私の好きなタガノデンジャラス・ラッシュライフ兄妹の親戚筋なんだなぁ……なんて余計な情報も頭の隅に入れておきます。

    また、ハンデ戦のハンデキャップが発表されるのも月曜日。
    狙っているレースがハンデ戦だった場合、これもチェックします。日曜日に特別登録馬が発表された時点で、自分なりに、「この馬ならハンデは○キロくらいかな〜」とか考えているんですが、それとどのくらい差があるか。大きく数字の違う馬がいたら、要チェックです。
    また、「Gallop」を買って来るのは牝馬限定戦などの勝負レースがある週だけで、ふだんは購入していません。こういう時は木曜までは競馬の情報をほとんど入れずに過ごします。


    コメント
    コメントする