calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

七夕賞 先取り展望

0

    CBC賞 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 7,9−総流し
    【びぜんや】単勝 3,10,11 複勝 3,10,11 ワイド流し 11−2,3,4,5,7,9,10 3−10


    月見亭「青春の覇気うるわしく、不屈の乙女が完封勝利!」
    びぜんや「CBC賞を勝ったのはラブカンプー。好発からハナを奪ってひとり旅、直線も脚色衰えず13番人気の低評価を覆して見せた」
    月見亭「これが約2年半ぶりの勝利で、重賞初勝利。スプリンターズS2着のあと15戦して掲示板無しという大不振から驚きの復活劇」
    びぜんや「森田厩舎は昨年の北九州記念のダイメイプリンセスもそうだったけれど、根気よく使いながら馬を立て直すよね。今まで自分からやめることが多かった馬が、今回は止まらなかった。陣営の辛抱がようやく実った復活劇だ」
    月見亭「馬もそうだけれど、斎藤騎手もこれが重賞初勝利。不振の馬をよくエスコートした」
    びぜんや「展開に恵まれたのは事実だが、変に溜めることをせず馬の行く気を保ち続けた。この辺は若者らしい思い切りの良さが生きたかな。同期の騎手にもいい励みになるだろう」
    月見亭「2着は好位から伸びたアンヴァルで、こちらも11番人気の低評価を見返す激走」
    びぜんや「オープン2勝の実績があり、夏を得意とする馬だったけれど、これまで平坦コースでばかり好走していたからねぇ。好位で流れに乗り、坂を克服したのは成長の証。後続に2馬身差をつける好内容の2着でこの先が楽しみになった」
    月見亭「3着はレッドアンシェルがディフェンディングチャンピオンの意地を見せた」
    びぜんや「結果的には前に行った馬を捕まえられず、待機勢からは迫られ厳しいポジションにはまってしまった。ハンデを考えれば上出来だけれど、本調子ならもう少し前に迫れたんじゃないのかな」
    月見亭「キミの◎アウィルアウェイは後方待機から見せ場なく7着」
    びぜんや「最大の敗因は馬場かな。それに待機型の馬だけに展開の助けが欲しかった。ラブカンプーの先導であっさり隊列が決まったのは誤算だったね」
    月見亭「私の◎クリノガウディーは中団のまま流れ込んで12着に凡退」
    びぜんや「スタートでポジションを取れなかったのがすべてだね。中団でもまれる形になり持ち味を生かせなかった。まだまだムラがある馬だね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−△)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(△−−)でハズレだけれど、馬券の方はラブカンプーの単複を抑えていて高配ゲットに成功。ラブカンプーに◎を打てていたらさらに格好良かったんだけれどな」
    月見亭「シルシを回して馬券買ってただけでも上出来でしょ、このレースは」
    びぜんや「さて、来週は阪神でプロキオンS、福島で七夕賞」
    月見亭「ここはやっぱり福島の名物レース、七夕賞でしょ」

    びぜんや「中心は福島記念を勝ったコース巧者のクレッシェンドラヴ。今回は休み明けになるけれど、鉄砲巧者だけに問題なし。ホームコースで落とせない一戦に臨む」
    月見亭「大阪杯で0.5秒差6着に好走したジナンボーが重賞初勝利を狙う。一線級と刃を交えた前走から比べれば、ここはいかにも相手が手頃
    びぜんや「良血・ブラヴァスは昇級戦、重賞初挑戦だった新潟大賞典でいきなり僅差4着に入って見せた。走り慣れた右回りに替わるのはプラス。東北の地に魔神が吠える」
    月見亭「リュヌルージュはマーメイドS3着からここへ。荒れ馬場は得意の軽量牝馬、七夕に波乱を呼ぶか月光の使者」
    びぜんや「福島民報杯を快勝したマイネルサーパスは昨年のラジオNIKKEI賞でも2着に入っている福島巧者。こちらも重馬場は歓迎の雨男だ」
    月見亭「中山金杯2着のウインイクシードも差はない。先行力と器用さを生かして上位を窺う」
    びぜんや「全4勝を福島で挙げているミスター福島ヴァンケドミンゴはエールSを勝っての昇級初戦。自分の庭にしているこのコースで勝利を譲るわけにはいかない」
    月見亭「上にエピファネイアら、下にサートゥルナーリアがいる超良血の御曹司グローブシアターが登録。スタミナ勝負ならお任せの長距離砲が腕を撫す」
    びぜんや「下鴨Sを勝ったヒンドゥタイムズは京成杯3着以来1年半ぶりの重賞挑戦。9戦して馬券を外したのは1度だけという堅実派。ハンデ次第では上位争いも」
    月見亭「ノーブルマーズは中山金杯、京都記念、目黒記念と3戦連続で4着と堅実。ここは相手関係が楽になるだけに、さらなる上位も期待できる」
    びぜんや「穴は復活なるかエアウィンザーに、1年ぶりの復帰戦となるソールインパクト
    月見亭「メトロポリタンS2着のバレリオに、去年の福島民報杯勝ち馬・レッドローゼス
    びぜんや「昨年の七夕賞は、トップハンデのミッキースワローがロングスパートを決めて快勝した」
    月見亭「七夕賞は1番人気が26連敗したこともある波乱のレース」
    びぜんや「過去10年間でハンデ57〜57.5キロの馬が5勝。重いハンデだからと言って嫌わずに、そこからヒモ荒れを狙うのが好配への近道だ」


    予想成績:1分
    月見亭 (−−△)想定回収率 -3,100円・0%
    びぜんや(△−−)想定回収率 -3,100円・0%


    コメント
    コメントする