calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

CBC賞予想 byびぜんや

0

    先週の宝塚記念。
    給付金を私の◎クロノジェネシスと月見亭の◎サートゥルナーリアの馬連1点に注ぎ込むというアイディアがあったんですが。
    ……やらなくて正解でした。
    いつまでも給付金が手許にあると最後は競馬に溶かしちゃいそうなので、早目に使って経済を回さなきゃいけませんねぇ。


    ◎11 アウィルアウェイ
    2歳時にはここ阪神芝1200mで行われた新馬戦を快勝し、京王杯2歳Sでも2着に好走。
    3歳の昨年はオパールSでエイシンデネブの猛追を退け、オープン2勝目をマーク。
    そして今年はシルクロードS勝ちの実績を引っ提げ、サマースプリントシリーズに乗り込んできました。
    前走・高松宮記念ではスプリントG気離據璽垢砲弔い胴圓韻此▲櫂献轡腑鵑鮗茲襪海箸盻侏茲覆い泙泙烹隠叡綮看圈勝負どころでもたついたあたり、オパールS以降使い詰めだった影響があったかもしれません。
    今回はすっかりリフレッシュなって復帰。相手も手頃になりますから、前走からの巻き返しが期待できます。


    ○7 クリノガウディー
    前走・高松宮記念は好位追走から伸び、逃げるモズスーパーフレア、大外を急襲したグランアレグリア、内を衝いたダイアトニックとの4頭による激しい争いを制しましたが、直線で内に切れ込んだ際にモズスーパーフレア、ダイアトニックの進路を妨害したとして4着降着の憂き目を見てしまいました。
    とはいえ6ハロン戦初挑戦で1位入線し、のちに安田記念でアーモンドアイ以下を一蹴するグランアレグリアを退けたのは事実。スプリント能力は相当高いものがあり、まっすぐ走っていれば楽々戴冠できていたでしょう。
    朝日杯フューチュリティSでもアドマイヤマーズとグランアレグリアの間に割って入り2着に入るなど、その実力は確か。その地力を考えれば58キロのハンデも他馬との比較で恵まれたように映りますし、重馬場は前走で克服済み。
    スムースにポテンシャルを発揮できれば、あっさり他馬を突き放しても不思議ではありません。


    ▲5 エイシンデネブ
    とにかく昨年の小倉開幕週、佐世保Sが圧巻の競馬。
    後方追走から直線を向いてもまだ後方3番手の位置取りで、しかも前に壁が出来る不利。しかし外に持ち出すと目の覚めるような推進力で猛進。瞬く間、わずか8秒で先行15頭を呑み込み、最後は開幕週の馬場を味方に好位から粘り込まんとするラベンダーヴァレイを差し切ったところがゴール。
    2着馬の単勝馬券を握りしめ勝利を確信していた私が、顎が外れんばかりに驚愕し、顔面蒼白になったことは言うまでもありません。
    続くオパールSでも最後方から直線に賭ける競馬でアウィルアウェイに冷や汗をかかせる2着に入っており、その破壊力はオープンでも通用するものがあります。
    極端な脚質ゆえ、ここ3戦は結果が出ていませんがハマった時の一発は魅力。暑い時期を得意とする牝馬だけに、ここは改めて狙ってみたくなります。


    △3 ラブカンプー
    一昨年のサマースプリントシリーズではアイビスサマーダッシュ2着、北九州記念3着、セントウルS2着と大暴れ。さらにスプリンターズSでも11番人気の低評価を覆しあわやのシーンを作って2着に入る活躍を演じました。
    当然今年こそは重賞初制覇をと期待された昨年でしたが、シルクロードS2番人気18着を皮切りに4戦連続最後尾入線、8戦連続ふた桁着順という目を覆うような成績。最後の京阪杯9着でようやくひと桁着順をゲットするという惨憺たる一年になってしまいました。
    今年も最下位入線こそないものの淀短距離Sから5戦連続ふた桁着順と出口が見えずにいましたが、曙光が見えかけたのが前走・韋駄天S。内枠から先行すると一時は先頭を窺うかのシーンを作り、最後は失速したものの7着に粘り込みました。上位陣が外枠だったことを考えれば、上出来だったと言えるでしょう。
    阪神芝1200mはセントウルSで重馬場を逃げ粘り、ファインニードルの2着に入った舞台。ここで復活があるかも、と期待したくなります。


    ×は前走は見せ場たっぷり。道悪巧者が意欲の連闘・4 グランドロワと、目下の勢いに注目・9 タイセイアベニールを指名します。


    買い目は◎からの馬連流し5点。


    コメント
    コメントする