calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

大阪杯 先取り展望

0

    高松宮記念 実際の買い目
    【びぜんや】単勝 2,3,5,14 複勝 2,5 馬連フォーメーション 2,9−2,3,6,8,9,12,14,17 ワイド 2−5
    【月見亭】三連複軸2頭流し 7,9−総流し


    月見亭「雨上がりの直線を、力強く翔け抜けた太陽の猛禽!」
    びぜんや「第50回高松宮記念は、逃げたモズスーパーフレアが粘り込んでG欺蘋覇。1位入線のクリノガウディーが4着降着になってという形ではあったけれど、念願のG汽織ぅ肇襪鮗蠅貌れた」
    月見亭「去年の高松宮記念では15着に大敗するなど中京に良績がなかったからどうかと思われたけれど、まんまと逃げきったわね」
    びぜんや「外からすんなりハナに立てたのが大きかったね。最後まで11秒台のラップを刻み続け、タフなレースを自分で作って押し切った」
    月見亭「マイルで……という馬じゃないから、次の目標は得意の中山で春秋スプリントG鬼袷汗覇、になるのかな」
    びぜんや「今度はすっきりとした形で逃げきって戴冠したいところだね」
    月見亭「2着は後方待機から目の覚めるような足でグランアレグリアが突っ込んだ」
    びぜんや「テンに置かれたのはやはり初めての6ハロン戦の流れに戸惑ったのか。それでも最後は前残りの中ただ1頭突っ込んで来たんだから、能力は相当高い。次にスプリント戦を使ってくれば確勝とさえ言えそうだ」
    月見亭「3着は内を突っ込んだダイアトニック」
    びぜんや「トップスピードに乗ったところで前を塞がれたのは痛かった。あれがなければどうだったか……。前走に続き、スムースに行かなかったね」
    月見亭「キミの◎アウィルアウェイは先行するも伸びず、11着」
    びぜんや「スタートはまずまずだったけれどもそこから枠なりに馬場の悪いところを通らされ、ポジションを落としてしまったね」
    月見亭「私の◎タワーオブロンドンは中団待機のまま流れ込んで12着」
    びぜんや「レコードを2回出しているスピード自慢だけに、ここまで馬場が悪くなると辛かったか。最後はグランアレグリアと同じように外に持ち出したけれど、弾けなかったなぁ」
    月見亭「1位入線のクリノガウディーはゴール前で内に斜行し、4着に降着」
    びぜんや「15番人気を覆す激走を見せたけれど、最後にしんどくなったか内に切れ込んでいってしまい、もったいないことになってしまった。それでも距離適性は示したし、もう一度この距離で見てみたいね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−××)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(−▲△)でハズレ、馬券も御同様でした」
    月見亭「さて来週は今年最初の関西G機大阪杯!」

    びぜんや「実力伯仲の好メンバーだが、一応の中心は中山記念を快勝したダノンキングリーになるか。小回り向けの機動力があるし、1ハロン延長をこなせれば」
    月見亭「一昨年のグランプリホース・ブラストワンピースアメリカJCCで力の違いを見せつけてここへ。1番人気を裏切った昨年の雪辱戦だ」
    びぜんや「昨年の秋華賞馬・クロノジェネシス京都記念で牡馬を一蹴。パワーアップ著しい4歳牝馬が頂点を狙う」
    月見亭「ラッキーライラックエリザベス女王杯を勝って惜敗続きにピリオド。目の上のたんこぶ・アーモンドアイがいないここなら主役を張れる」
    びぜんや「一昨年のダービー馬・ワグネリアンがここから始動。昨年のこのレースでも3着に入っていて、今年はさらに上の着順を狙う」
    月見亭「ヴェロックスは去年の牡馬クラシック三冠を完走し、2着、3着、3着と好走。重賞未勝利馬だけれど、その力は見劣らない」
    びぜんや「サトノソルタスは金鯱賞でサートゥルナーリア相手に健闘の2着。初の関西遠征、初の右回りは鍵だが未知の魅力を秘めている」
    月見亭「小倉大賞典を勝って、約3年ぶりの白星を挙げたのがカデナ。ここも直線で末脚に賭ける競馬。無欲の走りで嵐を呼ぶか」
    びぜんや「重賞2着4回、3着5回の惜敗王ステイフーリッシュも登録。切れないがしぶとく、相手なりに走る強みを生かしたい」
    月見亭「16年のダービー馬・マカヒキは7歳の今年も現役続行。去年はジャパンCで4着、大阪杯でも4着。上位を争う力は残っている」
    びぜんや「穴は金鯱賞をひと叩きしたロードマイウェイに、京都新聞杯でロジャーバローズを下したレッドジェニアル
    月見亭「右回りでは馬券を外していない良血・ジナンボーにも注意が必要」
    びぜんや「ちなみに昨年の大阪杯は僕の◎アルアインが9番人気の低評価を覆して押し切り勝ち」
    月見亭「大阪杯はG気砲覆辰萄Gで4回目。何か傾向らしいものはあるのかな」
    びぜんや「まず、馬券に絡んだ9頭中8頭にG杵対歴があり、9頭すべてがG機Γ猫兇らのステップでここに来ていた」
    月見亭「なるほど、格がモノをいうG気辰討海箸諭
    びぜんや「さらに勝ち馬3頭はすべて四角4番手以内の積極策で、これは連対馬6頭中5頭にも当てはまる。小回り向きの先行力も必須だ」


    予想成績:1分
    月見亭 (−××)想定回収率 -3,100円・0%
    びぜんや(−▲△)想定回収率 -3,100円・0%


    コメント
    コメントする