calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

高松宮記念 先取り展望

0

    阪神大賞典 実際の買い目
    【びぜんや】単勝 8 複勝 8 馬連流し 9−4,6 ワイド 8−9 三連複軸2頭流し 8,9−4,6,10
    【月見亭】複勝 6 三連複軸2頭流し 6,7−総流し


    月見亭「歓声を浴びる春を信じて、笑顔の力で一歩前進!」
    びぜんや「阪神大賞典はユーキャンスマイルが勝利。後方待機から直線馬群を割って進出。一気に後続を突き放して快勝した」
    月見亭「右回りが苦手とか、調整不足だとか言われていたけれども関係なかったね。天皇賞・春に向けて申し分のない快勝」
    びぜんや「馬群の中でのコーナーワークだったけど膨れたりササったりすることなくスムースで、成長を感じたね。ただパドックを見る限りは完調手前に映った。ひと叩きしたことでさらに前進できれば」
    月見亭「2着は後方待機のトーセンカンビーナが突っ込んだ」
    びぜんや「今回もゲートを出なかったけれど、慌てずに脚を溜めて自分の競馬に徹した。勝ち馬とは着差以上の力の差は感じるが、この距離は合っているようで、今後の活躍が楽しみだ」
    月見亭「3着もまた待機組。私の◎メイショウテンゲンが入った」
    びぜんや「残り7ハロンからピッチが上がる持久戦になってスタミナが生きたね。ただ決め手で2着馬に見劣った」
    月見亭「キミの◎ドレッドノータスは逃げて失速、大差の殿負け」
    びぜんや「キセキが大出遅れし、押し出され式にハナへ。それはよかったけれど、2周目の向正面から絡まれ、1600m過ぎからピッチが上がってしまったのは誤算だった。結果論だけれど、思い切って大逃げに持ち込めたらどうだったかなぁ」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−◎)でハズレ、馬券はメイショウテンゲンの複勝が当たったのみ」
    びぜんや「僕は(▲△×)で馬連的中も馬券はハズレ。肝心の◎○が来なくてはなぁ」
    月見亭「これにて2020年冬の予想バトルが終了」
    びぜんや「今季は5勝3敗4分で僕の勝利でした♪ 最後の5連続的中が効いたなぁ〜」
    月見亭「ふたりともマイナス収支じゃ威張れないけれどね」
    びぜんや「G毅隠雲錣待つ春のシーズンで結果を出そう」
    月見亭「その開幕戦は電撃の桶狭間、高松宮記念!」

    びぜんや「メンバーはそろったが、中心はスプリンターズSを快勝し秋春スプリントG鬼袷汗覇に挑むタワーオブロンドンだ。始動戦は負けて強しの3着。左回りにも不安はなく、戴冠は射程圏内」
    月見亭「オーシャンSを勝ったダノンスマッシュ悲願のG犠〕に挑む。去年は春秋ともに1番人気を裏切って敗退。そのスピードに誰もが期待している。もう涙はいらない、欲しいのは笑顔だけ」
    びぜんや「アウィルアウェイシルクロードSで重賞初勝利を挙げた勢いを持ち込んで中京へ。マイル二冠の兄・インディチャンプに追いつき追い越せ」
    月見亭「去年の桜花賞馬・グランアレグリアは、阪神Cで古馬相手に5馬身差の圧勝劇を見せ、見る者の度肝を抜いた。ここをあっさり勝たれても不思議のないスピードクイーン」
    びぜんや「スプリンターズSで2着に入ったスピードスター・モズスーパーフレアも登録。現役屈指のダッシュ力を武器に、ここも先手必勝の構え」
    月見亭「ナックビーナスはオーシャンSでダノンスマッシュとタワーオブロンドンに割って入る2着。ここは4年連続4回目の出走、まずは一昨年の3着を越えたい」
    びぜんや「アイラブテーラーは全成績【5,2,0,0】と底を見せていない新星。重賞実績では見劣るけれど、恐れを知らない乙女の勢いは侮れない」
    月見亭「グランアレグリアもそうだけれど、他路線からの転向組が目立つのが今年の傾向。一昨年のマイルチャンピオン・ステルヴィオは阪急杯からスプリント路線に転向。その潜在能力の高さはここでも侮れない」
    びぜんや「フェブラリーSで芝・砂G祇覇の快挙を達成したモズアスコットは豪州遠征を断念してここへ。千四の好走歴が多い馬だけに、距離短縮はプラスに出そうだ」
    月見亭「去年のヴィクトリアマイル覇者・ノームコアがここから始動。左回りでは崩れていないだけに、この距離に対応できれば一発も」
    びぜんや「スワンSの勝ち馬・ダイアトニックもここが6ハロン初挑戦。未知の距離を舞台に、前走の汚名を返上したい」
    月見亭「穴は中京巧者のグルーヴィットに、出てくればラストランとなるG毅仮’蓮ソウルスターリング
    びぜんや「17年の覇者にして昨年の2着馬・セイウンコウセイは老いてなお意気軒高。時計がかかれば北九州短距離Sの勝者・シヴァージにも浮上の余地」
    月見亭「去年の高松宮記念は4歳馬・ミスターメロディが快勝も、2、3着にヴェテランの伏兵が入って波乱に」
    びぜんや「高松宮記念は4年連続で前走でシルクロードSを走っていた馬が連対している。相手も基本的に年明け以降に短距離レースを使ってきた馬だね」
    月見亭「今年はアウィルアウェイ、セイウンコウセイ、ナランフレグ、モズスーパーフレアが前走・シルクロードSか。誰が来てもいい配当になりそうね」

     

    今期の的中
    【月見亭】
    シンザン記念(◎▲−)
    京都記念(◎○▲)
    中山記念(◎○−)
    弥生賞ディープインパクト記念(▲△◎)
    金鯱賞(◎−×)
    想定回収率 -25,840円・21.7%


    【びぜんや】
    シルクロードS(◎○−)
    フェブラリーS(◎−×)
    中山記念(△○−)
    弥生賞ディープインパクト記念(▲◎○)
    金鯱賞(○◎△)
    阪神大賞典(▲△×)
    想定回収率 -7,130円・78.4%


    萌馬POG
    ■月見亭指名馬
    ファーストフォリオ【1,0,0,1】700万円
    フォルステライト【0,0,0,2】51万円
    ライティア【1,1,0,1】1,888万円
    フェアレストアイル【1,1,0,2】1,702万円
    ピンクレガシー【0,0,0,2】90万円
    リリレフア【0,0,0,2】185万円
    エレガントチャーム【1,0,0,2】681万円
    シアンフィデール【0,0,0,3】0円
    ベスビアナイト【0,1,0,2】200万円
    ヴァーダイト【1,0,0,1】700万円
    合計【5,3,0,18】獲得賞金 6,197万円


    ■びぜんや指名馬
    ヒメノカリス【1,0,1,0】690万円
    ストーンリッジ【1,1,0,0】2,208万円
    ウィンドファクター【0,0,0,2】0円
    ルーツドール【1,0,0,1】700万円
    クラヴェル【1,0,0,1】700万円
    サクライロ【0,0,1,1】180万円
    ナリタサーガ【0,0,0,2】51万円
    ミライヘノノゾミ【0,0,0,1】0円
    コスモシャルドネ【0,0,1,4】180万円
    ヴィクトリーレーン【0,0,0,1】0円
    合計【4,1,3,13】獲得賞金 4,709万円


    勝ち鞍と賞金では月見亭がリードしていますが、2勝目を挙げた馬が不在でクラシックへの展望が見通せない状況。一方のびぜんや指名馬からはストーンリッジがきさらぎ賞で2着に入ってオープン入り。来週の毎日杯に登録しており、クラシックへの望みをつないでいます。


    コメント
    コメントする