calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

阪神大賞典 先取り展望

0

    金鯱賞 実際の買い目
    【びぜんや】単勝 8 複勝 8 馬連流し 8−2,4,5,6,7,10
    【月見亭】複勝 5,6 ワイド 5−6 三連複軸2頭流し 5,6−総流し


    月見亭「左回りも関係なし! 破格の切れ味で2020年のG祇鐇に好発進! 金鯱賞を勝ったのは私の◎サートゥルナーリア!」
    びぜんや「中団で折り合いよく脚を溜め、直線で自慢の切れ脚を発揮。あっさり先行各馬を捉えるとそのまま突き放した」
    月見亭「左回りを克服し、58キロを背負いながらライヴァルを圧倒。大阪杯のタイトルがくっきり見えてきた」
    びぜんや「前哨戦としては非の打ち所がない、というよりちょっと完璧すぎるくらいの内容だよね。大阪杯となると中2週、タイトなスケジュールへの対応だけが課題か」
    月見亭「2着にはキミの◎サトノソルタスが入った」
    びぜんや「勝ち馬の前で競馬をし、常に先手先手を取っていく理想的な競馬で最後まで伸びていたけれど、勝ち馬の決め手には抵抗できなかった」
    月見亭「3着は逃げたダイワキャグニーが粘った」
    びぜんや「マイペースで運び、最後まで脚を残せたのは大きかったね。コーナー4つの競馬も脚を溜めやすくて案外合っているのかもしれない」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(◎−×)で単勝的中のみ、馬券もサートゥルナーリアの複勝が当たったのみ」
    びぜんや「僕は(○◎△)で馬連・三連単的中、馬券は複勝と馬連が的中。左回りが苦手なサートゥルナーリアが3着以下に沈めば……と欲をかいて馬連にしたけれど、おとなしく三連複かワイドにすべきだったか」
    月見亭「さて、来週は中京がお休みで、阪神・中山で金土日の変則3日間開催。日曜メインは阪神で阪神大賞典、中山でスプリングS」
    びぜんや「中山もなかなか面白そうなメンバーではあるんだけれど、重賞勝ち馬不在で小粒だよなぁ」
    月見亭「阪神大賞典も10頭しか登録していないけれど……とりあえずこっちをチェックしよう」

    びぜんや「中心はかつての菊花賞馬・キセキで揺るがない。ジャパンC2着、宝塚記念2着など古馬になってからの実績も豊富。スタミナと先行力を武器に久々の白星を手にしたい」
    月見亭「ユーキャンスマイルはダイヤモンドSを勝ち、菊花賞でも3着に入っている長距離砲。ここを勝ちぬいて盾獲りへとつなげたい」
    びぜんや「長距離路線に転じて3連勝でオープン入りしたボスジラが重賞初挑戦。有力各馬が休み明けで出てくる中、目下の勢いをぶつけたい」
    月見亭「メイショウテンゲンはダイヤモンドSで惜しい2着、伏兵・ミライヘノツバサに名を成さしめた。長距離性能は証明済み、末脚に賭けて勝利を狙う」
    びぜんや「トーセンカンビーナは後方一気の豪快な競馬が持ち味。松籟Sを快勝して、ここが力試しの舞台。己を貫き大物食いを演じるか」
    月見亭「アルゼンチン共和国杯を勝ったムイトオブリガードも登録。良績が東京に集中しているのは気になるけれど、地力と実績は見劣らない」
    びぜんや「昨年の京都大賞典で波乱を巻き起こしたドレッドノータスが不気味。歴戦のヴェテランが、再び嵐を呼ぶべく腕を撫す」
    月見亭「馬体重340キロの小兵ながら菊花賞で5着に入って見せたのが牝馬・メロディーレーン。阪神は全2勝を挙げている得意のコース、トランジスタボディに秘められたスタミナは侮れない」
    びぜんや「アルゼンチン共和国杯2着のタイセイトレイルはその後も長距離重賞で堅実に駆けている。ここも相手なりの走りで上位進出を窺う」
    月見亭「万葉S3着、ダイヤモンドS4着と、秘められたステイヤーの素質を開花させつつあるのがレノヴァール。変幻自在な素質馬が高配の立役者となる」
    びぜんや「以上10頭のプレビューでした」
    月見亭「ちなみに去年の阪神大賞典はアメリカJCCで復活勝利を挙げたシャケトラが1番人気に応えて圧勝」
    びぜんや「阪神大賞典はとにかく堅い重賞。ディープインパクトやゴールドシップ、サトノダイヤモンドが単勝1.1倍の支持に応えて勝っていたりして、穴党の出番はないレースだね」
    月見亭「オルフェーヴルやクリンチャーが単勝1倍台の支持を受けながらやらかしたこともあったけどね……」
    びぜんや「それでも2着3着には入っていたからね。予想以上に馬券の組み立て方が問われるレースだ」

     

    予想成績:びぜんや4勝3敗4分
    月見亭 (◎−×)単勝的中! 想定回収率 -23,340円・23.5%
    びぜんや(○◎△)馬連・三連単的中! 想定回収率 -8,350円・72.6%


    コメント
    コメントする