calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

神戸新聞杯 先取り展望

0

    ローズS 実際の買い目
    【月見亭】複勝 11 三連複軸2頭流し 10,11−総流し
    【びぜんや】単勝 12 複勝 12 馬連 12−4,7,8,9,10,11 8−10 三連複 8−10−12


    月見亭「挑戦者の夢想をひと呑みにした、2歳女王の破壊力!」
    びぜんや「ローズSを制したのはダノンファンタジー。中団追走から直線外に持ち出して脚を伸ばし、3頭横並びのゴール前を制した」
    月見亭「タイムは1分44秒4のレコード。重賞勝利はこれで4つ目。春よりも迫力を増して、堂々の本命として秋華賞に向かう」
    びぜんや「前が出入りの激しい乱戦となる中、中団で泰然自若と脚を溜められたことが大きかったね。さらなる距離延長はプラスではないかもしれないけれど、気性面の成長は大きなアピールポイントになる」
    月見亭「2着は私の◎ビーチサンバ。早め先頭から押し切りを図ったけれど、最後の最後に差された」
    びぜんや「とはいえ、これまで差し一辺倒だった馬が早めの競馬で見せ場を作ったのは、本番に向けての大きな収穫と言えるだろう。一番強い競馬をしたのはこの馬だ」
    月見亭「3着は先行したウィクトーリア」
    びぜんや「こちらも本番を意識したか早目の競馬から前を捕まえに行ったけれども捕まえきれず、逆に後ろから飛んできたダノンファンタジーにも差された。結果的に中途半端なレースになっちゃったね」
    月見亭「キミの◎スイープセレリタスは途中からハナに立ったものの直線で後退、6着」
    びぜんや「出入りの激しいレースで、隊列が決まりかけたところでハナに立ったのはいい判断だったかもしれないが、残念ながらそこから押し切れるほどのスタミナはなかった。まぁ、いい経験を積んだということで」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲◎×)で馬連的中、馬券はビーチサンバの複勝が的中したけれど、三連複軸2頭総流しの方は軸馬が2着4着で撃沈。嗚呼」
    びぜんや「僕は(×−▲)でハズレ。馬券ももちろんハズレでした。予想で血統の話を書くと大概外れてるような気がするな……」
    月見亭「さて、来週は阪神で神戸新聞杯、中山ではオールカマー」
    びぜんや「どちらも少頭数に落ち着いたね。ここは神戸新聞杯を見ようか」

    月見亭「中心は皐月賞とホープフルSを勝ったサートゥルナーリア。日本ダービーでは先行馬にペースを握られ不覚を取ったけれど、それでも上がり最速をマーク。ここで名誉挽回を期す」
    びぜんや「皐月賞2着、ダービー3着のヴェロックス悲願のクラシックタイトル獲得に向けてここから始動。まずは強力なライヴァルを撃破して波に乗りたい」
    月見亭「京都新聞杯でロジャーバローズを破ったレッドジェニアルもここから。再び大物食いを見せて菊花賞に繋げるか」
    びぜんや「ワールドプレミアは若葉S2着以来の復帰戦。春は勝ち味の遅さが見られたが、ここでは成長した姿を見せたい」
    月見亭「函館で連勝してここに臨むのが上り馬ユニコーンライオン。時計勝負に対応できれば、ここでも食い込みがありそう」
    びぜんや「昔、『太陽戦隊サンバルカン』って特撮があったよなぁ、と思いつつキタサンバルカン。1勝馬の身だけれども、青葉賞では4着の戦歴があって、この距離は得意だ」
    月見亭「シフルマンは早苗賞、京橋特別と快勝し、満を持してのトライアル参戦。遅咲きの大器が初の重賞でどんな走りを見せるのか」
    びぜんや「穴は連勝中のレッドサイオンに、野分特別をひと叩きしたカリボール
    月見亭「紫菊賞でアドマイヤジャスタ、ロジャーバローズと渡り合ったジョウショウムードに、ダービー出走馬・ヴィント
    びぜんや「神戸新聞杯は今年が67回目の歴史ある重賞。昔は菊花賞のトライアルのそのまたトライアルみたいな位置づけだったり、2000mの中距離戦だったりと結構立ち位置が替わってる重賞なんだよな」
    月見亭「06年はドリームパスポートが二冠馬・メイショウサムソンを破る金星。もっとも本番では神戸新聞杯で3着だったソングオブウインドに金星を配給したんだけど」
    びぜんや「04年の勝ち馬・キングカメハメハはその後、菊花賞ではなく秋天参戦を表明。しかし直後に故障が発生して引退、ドリームプランは見果てぬ夢となった。叶っていたらどうなったか……」


    予想成績:月見亭1勝5敗6分
    月見亭 (▲◎×)馬連的中! 想定回収率 -34,380円・7.6%
    びぜんや(×−▲)想定回収率 +67,110円・280.4%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック