calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

セントウルS予想 byびぜんや

0

    競馬新聞を買いにコンビニに行ったら、雑誌コーナーの片隅に「成人向け雑誌の取り扱いを終了しました」の張り紙が出ていました。
    学生の頃から長年コンビニの成人向け雑誌コーナーにお世話になってきた身としては一抹の寂しさを禁じ得ないわけなんですが、はるか昔、田舎にコンビニなんかなかった少年時代には日常的にアダルト雑誌の表紙を見かけるということはなく、たまに親戚の家に遊びに行ったらエロ漫画誌が無造作に置かれていてドキドキしたり、友人がお兄ちゃんの秘蔵書を勝手に持ち出してきたのを回し読みしたり、キオスクの文庫棚にある黒い背表紙の文庫本のタイトルに想像をたくましくしたり……そんな感じで、アダルト雑誌というのは好奇心の彼方のほの暗いところに見えているものだったように記憶しています。
    馬券やお酒もそうですが、大人の楽しみは大人になってから。その方がやはり味わい深く楽しめるように思えます。


    ◎7 タワーオブロンドン
    前走・キーンランドCでは後方待機策から直線で最速上がりをマークして前に迫り、ダノンスマッシュから3/4馬身差の2着。斤量差があったことを考えれば勝ちに等しい2着でしたし、スプリント初挑戦だった函館SSが3着とはいえ見せ場のない内容だったことを考えると、大きな進歩と言える2着でした。
    今回はこの距離に挑戦して3戦目ということで慣れが見込めますし、京王杯スプリングCでレコードをマークしたスピード自慢だけに洋芝の札幌から開幕週の阪神に舞台が替わるのもプラス。57キロの斤量で出走できる点も見落とせません。
    藤沢和厩舎&ルメール騎手のコンビは、スプリンターズSにグランアレグリアをスタンバイさせていますから、この馬は次を見据えるのではなくこここそが勝負レース。
    スプリント初挑戦からの三段跳びで、サマースプリントのタイトルをかっさらいます。


    ○11 アンヴァル
    前走・北九州記念では後方待機から直線勝負に賭けましたが、4コーナーを回ったところでずらっと先行馬が横並びで壁になる不利。なんとか外へ外へと持ち出し最速上がりで前に迫りましたが、3着を確保するのが精一杯でした。
    今年に入ってからは4戦すべてで掲示板を確保しており、すべて0.2秒差以内の接戦。重賞で上位を争う力をつけていることは前走でも示しており、ここでも好走が期待できます。
    【0,0,0,3】と直線に坂のある阪神を苦手としていますが、フィリーズレビューで0.1秒差4着の実績もありますから、まったくこなせないということもないはず。実績ではほかの4歳馬に見劣りますが、潜在能力ではひけを取らないことをここで示します。


    ▲2 マテラスカイ
    昨年のJBCスプリントで2着に入り、今年のドバイゴールデンシャヒーンでは世界の一線級を相手に2着して見せた快速馬ですが、圧巻だったのは昨年のプロキオンS。
    好発を決めると、脚抜きのいい馬場を味方に大独走。最後まで後続に影を踏ませることなく1分20秒3のレコードタイムで逃げ切って見せました。
    1200mの通過タイム1分7秒5は同芝1200mでビッグアーサーがマークしたレコードの0.8秒落ちというすさまじいものでしたから、芝向きのスピードを潜在的に内包している、ということが出来ます。
    芝実績は京王杯2歳S9着が一度あるきりですが、この時も3着以下とは接戦を演じており、芝適性が全くないということはなさそう。一発を期待したくなるチャレンジャーです。


    △12 ミスターメロディ
    高松宮記念では芝では初めてとなる6ハロン戦に難なく対応し、好位をそつなく回って直線ひと伸びしてG欺蘋覇。高い競馬センスと、天性のスピードを誇示しました。
    4勝すべてを左回りで挙げているサウスポーだけに、今回は阪神への対応が鍵となりますが、ここには阪神C2着の実績がありますから、それだけを理由に消すのは危険でしょう。
    今回は58キロの斤量を背負いますし、真の目標はもちろんここではなくスプリンターズSですから過度の期待は禁物でしょうが、やはり抑えは必要と見ます。


    ×は適距離に戻って素質開花・4 イベリスと、2戦前に復調の気配、ひと叩きした効果が見込める3 キングハートを指名します。


    ×は◎からの馬連流し5点。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック