calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

キーンランドC 先取り展望

0

    札幌記念 実際の買い目
    【月見亭】複勝 6,11 ワイド 6−11 三連複軸2頭流し 11,12−総流し
    【びぜんや】単勝 3,6,10 複勝 3,6 馬連流し 101,3,6,9,11,12 馬連 6−9 ワイド 3−6 三連複 6−9−10


    月見亭「順風満帆! 凱旋門へ針路を取れ!」
    びぜんや「豪華メンバーの札幌記念を勝ったのはブラストワンピース。内をロスなく立ち回り、先に抜け出したサングレーザーのあとから進出。鋭い決め脚でゴールを奪った」
    月見亭「ここ2戦の鬱憤を晴らすかのような勝利。これで海外遠征にも弾みがついた」
    びぜんや「57キロを克服し、重い芝への適性も証明した。もちろん次は相手が大幅に強化されるが、予習はしっかり済ませたという感じかな」
    月見亭「2着はキミの◎サングレーザー」
    びぜんや「うまく内に入り込み、早め早めの競馬で抜け出したが、結果的には勝ち馬の目標にされてしまった。いいレースはしたけれど、相手が一枚上だったということで」
    月見亭「3着にはフィエールマン」
    びぜんや「7戦目で初めて連を外してしまったわけだけれど、一気に1200mの距離短縮に加え、一番外を回る競馬ではさすがに厳しかった。酌量の余地はある3着だったかな」
    月見亭「私の◎ワグネリアンは両前脚落鉄のアクシデントがあって4着」
    びぜんや「差のない4着だっただけに、落鉄は痛かったなぁ。2着馬と同じような位置でレースをしていただけに、惜しかったね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−×△)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(×◎▲)でハズレ、馬券は馬連が的中したよ」
    月見亭「さて、来週は札幌でキーンランドC、新潟で新潟2歳S」
    びぜんや「こないだ夏競馬が始まったと思ってたのに、もう秋のG汽肇薀ぅ▲襪始まるわけだな」
    月見亭「ということでキーンランドCをチェックしよう」

    びぜんや「中心は昨年の2着馬・ダノンスマッシュか。確勝を期した函館SSでは公正確保のためとして競走除外となるアクシデント。ここでその無念を晴らし、大本命としてG気望茲蟾みたい」
    月見亭「4年連続4回目の出場、ナックビーナス連覇を狙う。ドバイを経験してひと回り大きくなった北の女王の走りに注目」
    びぜんや「函館SSの勝ち馬・カイザーメランジェも登録。函館SSは7頭立ての手薄な競馬、ここを勝って改めて才能を証明したい」
    月見亭「リナーテUHB賞で豪快な差し切りを決めてここへ。京王杯SCと京都牝馬Sで2着の実力者、重賞タイトルは手の届くところにある」
    びぜんや「アイビスSDを制した直線の獅子王・ライオンボスが北都に参上。ここも突破すればスプリンターズSの有力馬に急浮上する」
    月見亭「今年のスプリント戦線は3歳馬が強い。函館SS2着のアスターペガサスも当然要注意の1頭。葵Sではディアンドルと僅差のレースを演じていた」
    びぜんや「ハッピーアワーはファルコンS勝ち、そして今回と同舞台のすずらん賞も勝っている若きスプリンター。持ち前の豪快な追い込みでライヴァルを一蹴だ」
    月見亭「重賞3勝タワーオブロンドンも当然圏内。函館SS3着は初めての距離に戸惑ったかな。この距離2度目となるここで仕切り直したい」
    びぜんや「メンバー中唯一のG汽曄璽セイウンコウセイを忘れちゃいけない。今年も高松宮記念2着、CBC賞3着とまだまだ元気な6歳馬。洋芝も得意だ」
    月見亭「ライトオンキューは短距離に転じてまだ底を見せていない快速馬。休み明けのUHB賞で2着に入り、さらなる上昇も期待できる」
    びぜんや「京都牝馬Sを勝ったデアレガーロもスタンバイ。鉄砲は効くし、洋芝も得意。末脚の生きる流れになれば」
    月見亭「穴は芝砂両刀遣いのシュウジに、使われつつ上昇中のダイメイフジ
    びぜんや「昨年3着のペイシャフェリシタは馬場が渋れば。HBC賞で覚醒したホープフルサインの一発に注意」
    月見亭「キーンランドCは今年が14回目の比較的新しい重賞」
    びぜんや「それ以前はオープン特別や条件特別だったけど、重賞になってからはスプリンターズSの重要な前哨戦になっているね」
    月見亭「15年にはウキヨノカゼが最後方から豪快な追い込みを決めた」
    びぜんや「08年はビービーガルダンとキンシャサノキセキを退けて、殿人気のタニノマティーニが単勝16,140円を叩き出す大番狂わせ」


    予想成績:びぜんや3勝5分
    月見亭 (−×△)想定回収率 -23,580円・4.9%
    びぜんや(×◎▲)想定回収率 +74,000円・398.4%

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック