calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

札幌記念予想 byびぜんや

0

    「週刊萌馬」夏の予想バトルもここから後半戦。
    ここまでの予想成績はどうだったかと言いますと、私の◎は【1,0,1,5】と信用するには足りない成績。月見亭の◎に至っては【0,0,0,7】という体たらくになっています。
    一方月見亭の▲は【5,0,1,1】で目下3連勝中という抜群の安定感を誇り、私の○も【2,1,3,2】とまずまず。
    このブログを予想の参考にされる方は、月見亭の◎と▲、私の○にご注目ください(汗)。

     

    ◎10 サングレーザー
    昨年のこのレースでは中団待機から馬群を縫うように進出、マカヒキ、モズカッチャンとの接戦を制しました。
    続く天皇賞・秋で2着、香港Cで4着と健闘。かつての短距離馬というイメージは完全に払しょくされています。
    今年は大阪杯こそ12着と崩れたものの、安田記念では0.2秒差5着に健闘。勢力を維持して連覇を目指します。
    札幌は1800m、1500m、2000mと距離を変えつつ3戦3勝というベストの舞台。昨年以上に凄みを増したディフェンディングチャンピオンが、若き挑戦者を退けます。


    ○6 ランフォザローゼス
    葉牡丹賞ではレコード決着の2着に好走し、重賞初挑戦となった京成杯ではラストドラフトに押し切られたものの2着を確保。続く青葉賞ではまんまと逃げ切りを図ったリオンリオンにハナ差まで迫り2着、そして前走・日本ダービーでは7着に敗れたものの3着以下とは差のないレースをしていて、世代トップレベルの力量の持ち主であることを示しています。
    鋭い決め手があるタイプではなく、小回りでコーナー4つという条件は合っていますし、洋芝も合いそう。2400mは少し長すぎた印象がありますから、2000mに戻るのもプラス材料でしょう。


    ▲9 フィエールマン
    デビューから大事に使われこれが7戦目と言う温室育ち。しかし6戦4勝のキャリアの中に菊花賞と天皇賞・春、ふたつのG犠〕が含まれているという大器です。
    特に前走・天皇賞・春はマッチレースでグローリーヴェイズを捩じ伏せ、3着以下は大きく引き離す好内容。ポテンシャルの高さは当代随一と言っても過言ではないでしょう。
    ここまでに敗戦を喫した2戦はラジオNIKKEI賞2着とアメリカJCCの2着。大一番には強いけれど、小回りでの前哨戦ではライヴァルに足元をすくわれる……という構図が見えて取れ、凱旋門賞を先に見据え、しかも小回りでどうなのかという不安がありますが、それでも連は外していませんでしたから、ここでも大崩れはないと見ます。


    △12 ワグネリアン
    前走・大阪杯では中団追走から内を衝いたものの、先行して巧く立ち回ったアルアイン、キセキに先着を許し3着。それでも最後の追い上げは急で、ダービー馬の意地は示しました。
    今回も小回りだけに過度の信用は禁物とは思いますが、ゴール前で不利を受けた皐月賞以外では大きく崩れていませんし、今年はまだ1戦しかしておらずフレッシュな状態で臨めるのは買い材料。秋に向けてどんなレースをするか、注目の復帰戦です。


    ×は函館記念では展開に泣いた3 ステイフーリッシュと、前走は酷量で度外視・1 ブラストワンピースを指名します。


    買い目は◎からシルシの各馬への馬連流し、○▲のタテ目も抑えた計6点。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック