calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

札幌記念 先取り展望

0

    関屋記念 実際の買い目
    【月見亭】複勝 4,10 ワイド 4−10 三連複軸2頭流し 4,10−総流し
    【びぜんや】単勝 5,7,16 複勝 7,16 馬連フォーメーション 5,16−3,4,5,6,7,10,11,13,14,16 ワイド 7−16


    月見亭「灼熱の空気を突っ切って、高らかに鳴らした栄光のマーチ!」
    びぜんや「関屋記念はミッキーグローリーが快勝。道中は後方で脚を溜め、直線馬場の真ん中を驀進。最後は併せ馬で抜け出したミエノサクシードとソーグリッタリングをまとめて料理した」
    月見亭「1番人気に応え、ここでは力の違いを示した形。休み明けでも切れ味に陰りはなかったわね」
    びぜんや「これで秋の大舞台に視界が開けたか。相手が手頃だった、展開が向いたという注釈は必要だけれど、ここで負けてたらG輝勝垢聾世┐覆い箸海蹐世辰燭らね」
    月見亭「2着は中団から伸びたミエノサクシード」
    びぜんや「京都金杯3着から長く好調を持続している……というよりはやっぱり力をつけているんだろうな。先行争いの後ろにつけ、前が止まったところで抜け出す理想的なレースだったが、勝ち馬に力でねじ伏せられた」
    月見亭「3着は好位からソーグリッタリングが粘った」
    びぜんや「前が止まる展開と57キロの斤量を考えれば、勝ちに等しい3着だろう。ここまで来たら勝ちたいところではあっただろうけど」
    月見亭「キミの◎サラキアは流れ込んで5着」
    びぜんや「直線は中途半端に伸びただけだったね。残り2ハロンのところで瞬発力を求められ、ラスト1ハロンでは持続力を求められるレース。瞬発力だけでは対応できなかった」
    月見亭「私の◎オールフォーラヴは好位から後退、10着」
    びぜんや「積極的な競馬をしたけれど、結果的には逃げ馬を捕まえに行くところで脚を使っちゃったなぁ。+12キロの馬体重も微妙に影響したか」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲−△)でハズレ、馬券もハズレ」
    びぜんや「僕は(×−−)でハズレ、馬券も木端微塵だ」
    月見亭「さて来週は夏競馬のクライマックス、札幌記念でスーパーG胸ニ攀念!」

    びぜんや「G鞠錬監、G毅加綰錬各と今年もメンバーが揃ったね。さて、どの馬から見て行くか」
    月見亭「去年のダービー馬・ワグネリアンからでよくない? 半年ぶりの実戦となった大阪杯でも3着に健闘。ディープ×キンカメの金子馬に天からの後押しもありそう」
    びぜんや「天皇賞・春を制してデビューから6戦6連対と底を見せていないのがフィエールマン。日本悲願の凱旋門賞制覇へ向け、ここは負けられない戦い」
    月見亭「グランプリホースブラストワンピースが復権を賭けて北上。目黒記念は59キロが響いたけど、この条件なら負けられない」
    びぜんや「昨年の勝ち馬・サングレーザーが連覇を狙う。安田記念5着からのステップは同じ。3戦3勝の札幌で底力を示したい」
    月見亭「一昨年のマイルCS覇者・ペルシアンナイト復活を目指す一頭。直線平坦なコースは合う。ミルコスマイルを札幌で!」
    びぜんや「ステイフーリッシュは函館記念3着からのステップでここへ。勝ち切れないけれど大崩れはない。ここは秋へ向け試金石となる一戦」
    月見亭「17年エリザベス女王杯9番人気2着、18年エリザベス女王杯9番人気2着、19年ヴィクトリアマイル11番人気3着。波乱の女神クロコスミアが北の大地に降臨。小回りと洋芝を味方に、若い牡馬を翻弄する」
    びぜんや「3歳馬・ランフォザローゼスが古馬に挑む。父はキンカメ、母父はディープ、さらに母母は97年の覇者・エアグルーヴという、日本競馬が誇る良血の結晶がどんな走りを見せるのか」
    月見亭「クイーンエリザベスSで豪州の歴史的名馬・ウィンクスの2着に入ったクルーガーが帰国初戦を迎える。前走に比べれば相手は軽い? 世界を経験したヴェテランの激走に期待」
    びぜんや「穴は逃がすと厄介なエイシンティンクルに、距離再短縮となるロードヴァンドール
    月見亭「一昨年の勝ち馬・サクラアンプルールは、8歳の今年も大きく崩れてはいない。混戦の時はこういう老害が怖いのよねぇ」
    びぜんや「札幌記念は今年が55回目。創設当初は夏のダート王決定戦、今は天皇賞・秋の前哨戦。条件は変わっても、その名にふさわしく存在感を放ってきたレースだ」
    月見亭「牝馬の活躍も目立つレースよね。05年のヘヴンリーロマンスはここでの勝利を天覧競馬の感動的Vにつなげた」
    びぜんや「舞台設定のせいか番狂わせも多いレース。09年のヤマニンキングリーは5連勝中の二冠牝馬・ブエナビスタに土をつけて名を上げた」


    予想成績:びぜんや3勝4分
    月見亭 (▲−△)想定回収率 -20,480円・5.6%
    びぜんや(○−−)想定回収率 +77,100円・455.3%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック