calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

小倉記念予想 byびぜんや

0

    今週飛び込んできた、ディープインパクトの訃報には驚きました。
    競走馬として不滅の実績を残し、種牡馬として絶頂期にあった中での急逝はただただ残念でなりません。

    「週刊萌馬」にとっては、ブログ開設期のスーパースター。何度も◎を打ちましたし、また何度もこの怪物に逆らっても来ましたが、◎を打てばわけのわからない穴馬を連れてくるし、もちろんライヴァルに◎を打てばあっさり粉砕されるしで、競馬予想の難しさを教えられたような気がします。


    「空を飛ぶ」と称された馬は、地上での役割を終え、還るべき天に旅立ちました。
    その活躍に敬意を表し、そのご冥福をお祈りいたします。合掌。


    ◎3 タニノフランケル
    1番人気に推された小倉大賞典では、逃げ馬に手を焼き3コーナーから鞭が入る厳しい展開になり、しかも道中では落鉄もありながら、最後は勝ち馬を差し返そうかという粘りを見せてタイム差なしの2着。先行してのしぶとさを印象に残しました。
    その後は凡走が続いていますが、前走・七夕賞では前崩れの流れに呑み込まれながらも一瞬見せ場を作っての6着。復調気配は示しています。
    今回はこれといった逃げ馬が不在で手頃な頭数ですから展開が向きそうですし、行く気になれば行ける好枠。昨年の西部スポニチ杯を逃げ切るなど得意の小倉へのコース替わりは明らかにプラス要素ですから、良血馬の反撃なると見て◎に指名します。


    ○8 メールドグラース
    デビューから6戦目、昨年の小倉で勝ち上がった苦労人。
    3歳だった昨年はそれを含め小倉で2勝を挙げただけの目立たない条件馬でしたが、古馬になって一変。
    年明け京都の1000万条件を勝つと、続く尼崎S、重賞初挑戦となった新潟大賞典、好メンバーの揃った鳴尾記念と破竹の4連勝をマーク。一気に中距離重賞の常連にのし上がってきました。
    今回は57.5キロのトップハンデが課題とはなりますが相手はその分手頃ですし、小倉は2戦2勝と好相性のコース。間隔を開けたほうがいいタイプなので、2か月ぶりのレースとなるのもプラス要素です。
    最強世代の遅れてきた大物が、得意舞台でどんな走りを見せるのか。結果次第では秋のビッグタイトルが視野に入ってきます。


    ▲7 レトロロック
    北九州と言えば、門司港レトロで知られる街。と来れば、この馬の出番でしょう。
    5年前の夏にこの地でデビュー勝ちを収めたのを皮切りに、唐戸特別、関門橋S、小倉日経OPと、当地で4勝をマークしている小倉巧者です。
    前走・小倉大賞典では8着に敗れてはいますが、前残りの流れの中、長くいい脚を使って0.5秒差まで詰めていたもので着順ほど内容は悪くありませんでした。
    今回はそれ以来の休み明けとはなりますが、もともと鉄砲は得意とするタイプで問題はありません。
    ディープインパクトと同じ勝負服のディープインパクト産駒が、父への弔い星を捧げます。


    △4 アウトライアーズ
    2月の関門橋Sでは立ち遅れて後方からの競馬となったものの、向正面からのロングスパートを敢行して失地を挽回、オープン入りを決めました。
    昇級初戦となった福島民報杯でもクラスに目処を立てる4着。小回りコースでスタミナを生かす競馬が板についています。
    コーナーふたつの新潟大賞典では14着に大敗したものの、前走・七夕賞では5着に入って掲示板を確保。出遅れ癖も解消されつつあり、コーナー4つのコースならきっかけひとつで馬券に突っ込んできそうな魅力があります。
    今回は前走のように流れが速くなることはなさそうですし、頭数は手頃。必殺のロングスパートが決まる条件は整っており、波乱を呼ぶシーンもありそうです。


    ×は近走充実の2頭、2 アイスバブルと、5 アイスストームを抑えます。


    買い目は◎の単勝と、◎からの馬連流し5点。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック