calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

レパードS 先取り展望

0

    クイーンS 実際の買い目
    【月見亭】複勝 1,12 ワイド 1−12 三連複軸2頭流し 1,12−総流し
    【びぜんや】単勝 14 複勝 14 枠連流し 8−1,3,4,7,8 馬連流し 14−1,3,4,6,11,12,13 三連複軸2頭流し 13,14−1,3,4,6,11,12 三連単フォーメーション 13,14→13,14→1,3,4,6,11,12

     

    月見亭「力強い走りで北都を魅了! 女王の冠を戴きいざ秋へ!」

    びぜんや「札幌開幕週のクイーンSはミッキーチャームが勝利。中団前目から直線で進出、最後は後続の追撃を振り切る横綱相撲で押し切った」
    月見亭「結果的に着差はわずかだったけれど、レース内容は貫録勝ち、って感じだったわね。やっぱりG靴任漏覆違った」
    びぜんや「今後は府中牝馬Sから女王杯への王道路線かな。他馬より1キロ多く背負ってのこの勝利、秋の大きなところへ展望が開けたと言っていい」
    月見亭「2着は後方待機から馬群を捌いて進出したスカーレットカラー」
    びぜんや「最後の伸びは出色だったね。前走同様、内から馬群を巧みに捌いての勝利。操縦性は高いし溜めれば切れる、すぐに重賞制覇のチャンスが巡って来そうだ」
    月見亭「3着はキミの◎カリビアンゴールドが中団から外を伸びて突っ込んだ」
    びぜんや「着差を考えれば外枠から枠なりの競馬になったのが惜しまれるなぁ。ただ、外枠の分スムースに立ち回れたのも事実。洋芝適性と状態の良さを生かして穴を開けた」
    月見亭「私の◎ウラヌスチャームはそこから遅れて4着」
    びぜんや「開幕週の小回りコースで、後ろからの競馬となればやっぱり苦しい。掲示板に突っ込んだのは地力の証明で、次走改めて期待したい」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲△−)で馬連的中、馬券はハズレ。土曜日は調子よかったのに、日曜で吐き出しちゃったよ……」
    びぜんや「僕は(○×◎)で三連単的中、馬券も三連複万馬券と、複勝、枠連が的中。カリビアンがもうちょっとがんばって2着に入っていれば三連単と馬連も獲れたんだけどなぁ。ま、贅沢は言うまい」
    月見亭「まったくだよ。さて来週は新潟でレパードS、小倉で小倉記念があるね」
    びぜんや「ここはダートの登竜門、レパードSを見てみよう」

    月見亭「断然の中心はJDDで2着、UAEダービーにも挑戦したデルマルーヴル。遥か高みを目指すためにもまずはここを勝ち切りたい」
    びぜんや「ヴァイトブリックは兵庫CSで2着に入り、ヒヤシンスSではデルマルーヴルに先着している。ここは前走を無視して改めて狙ってみたい」
    月見亭「サトノギャロスは目下3連勝中、ダートでは底を見せていない素質馬。重賞のここさえ通過点にしてしまうのか」
    びぜんや「ビルジキールは古馬準オープンの安達太良Sで連対と実力は十分。夏の上り馬が一気に重賞をジャックする」
    月見亭「中京のインディアトロフィーでレコードを叩き出したブラックウォーリアももちろん有力。左回りは2戦2勝、そのスピードで一気にタイトルをもぎ取るか」
    びぜんや「ダートオープンの常連・ブルベアイリーデ青梅特別を完勝してここへ。脚抜きのいい馬場になれば魅力倍増、雨乞いをして時を待つ」
    月見亭「紅一点アッシェンプッテルは500万、鷹取特別と連勝中。常に人気薄で好走を繰り返してきた雑草娘が、シンデレラロードを駆け上がる」
    びぜんや「エルモンストロは前走・ユニコーンSで5着に好走。昨年は新潟2歳Sに出走していた馬が、ダートで才能の花を咲かせる」
    月見亭「白毛ハヤヤッコはダートで活躍している血筋。前々走の勝ちっぷりは圧巻で、1800mへの距離再延長は明らかにプラス」
    びぜんや「穴は鳳雛S3着のハヤブサナンデクンに、この舞台で勝ち星を挙げているゲンパチルシファー
    月見亭「リープリングスターは勝負強さが魅力。前走が強い勝ちっぷりだったアヴァンセも」
    びぜんや「レパードSは2009年に創設された歴史の浅い重賞。今年が11回目だ」
    月見亭「とはいえ、勝利馬には後の活躍馬が勢揃い。ホッコータルマエは第4回のレースを勝って飛躍のステップにしている」
    びぜんや「初代ウイナーは快速・トランセンド。1分49秒5は未だ破られていないコースレコードだ」


    予想成績:びぜんや3勝2分
    月見亭 (▲△−)馬連的中! 想定回収率 -14,280円・7.9%
    びぜんや(○×◎)三連単的中! 想定回収率 +83,300円・637.4%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック