calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

岩手競馬・せきれい賞予想 byびぜんや

0

    (盛岡芝2400m/M2)


    夏の高校野球岩手県大会決勝は、花巻東高校が大船渡高校を圧倒して優勝。注目の大船渡・佐々木投手は登板しませんでした。
    佐々木投手が登板しなかったことに関しては、本人の体調、チームの判断、ここまでの過程、いろいろとあるでしょうから何も言いません。

    競馬に例えれば、少々無理づかいしてでもダービー出走を目指すか、あるいは将来を考え、ダービーをあきらめても将来の古馬G祇覇、海外雄飛を目指すのか。どちらの判断が間違い、ということもないでしょう。

    ただ、今回の佐々木投手を巡る狂騒ぶりを見ると、高校野球というのはプロ野球(あるいはMLB)選手を輩出する予備校にすぎなく、ひと握りのスター選手を除く高校球児はその引き立て役、モブでしかないのかなと感じられて、なにかひとこと言いたくなってしまうところはありますねぇ。


    ◎8 カレンラストショー/左回りは合うし、距離は守備範囲。先行力生かせれば。
    ○7 サラトガスピリット/中央OPの実力者が芝を求めてここへ。この距離には自信あり。
    ▲5 キャッスルクラウン/昨年の2着馬が雪辱期して来盛。前走連対の勢い○。
    △11 グランアルマダ/前走はローテの狂いと58キロが敗因か。見直し可能。
    ×1 マイネルスカイ/かきつばた賞を2着。盛岡芝では崩れない。
    ×4 レイズアスピリット/みちのく大賞典で殊勲の2着。久々の芝で一発注。

     

    ■ おまけ ■ アイビスサマーダッシュ予想

    ◎10 レジーナフォルテ/前走は落鉄に泣いた。ここに入ってもスピードは上位、ひと叩きした強みで。

    ○11 ライオンボス/2連勝の内容が圧巻。初重賞でも侮れず。

    ▲1 ラブカンプー/昨年の2着馬。リフレッシュなって本来の力発揮できれば。

    △18 アルマエルナト/好枠引いた。うまく脚を溜めて末脚引き出せれば。

    ×8 レッドラウダ/直千の顔が今年も登場。思い切りのいい騎乗で。

    ×9 ミキノドラマー/時計のかかる馬場は合う。前崩れなら出番。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック