calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

クイーンS 先取り展望

0

    中京記念 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 5,14−総流し
    【びぜんや】単勝 4,11 複勝 4,11 馬連流し 11−4,5,7,14,15,16 ワイド  4−11


    月見亭「新鮮力が古馬を一蹴! 良血小僧が重賞ジャック!」
    びぜんや「中京記念を制したのはハンデ52キロのグルーヴィット。中団で流れに乗り、直線はプリモシーンをマークするように進出。ゴール前それをかわすと、外から来たクリノガウディーを辛くも抑えて勝利を手にした」
    月見亭「芝での初勝利が重賞という離れ業。まだまだ底を見せていないと言えそうね」
    びぜんや「ハンデに恵まれた、馬場も向いたんだろうけれども、この距離に目処を立てたのは大きい。勝負根性も見せて、次のステップが楽しみな若駒だ」
    月見亭「2着は中団から猛追したクリノガウディー。森裕太朗騎手は重賞初騎乗初勝利の離れ業を成し遂げたかにも思えたけれど、勝ち馬がしぶとかった」
    びぜんや「逃げ・先行でだらしないレースが続いていた馬が、ここで脚質転換に成功。グランアレグリアに先着した馬が52キロというのは恵まれたような気もするが、あの朝日杯がフロックじゃなかったことは示せたか」
    月見亭「3着は先に抜け出したプリモシーン」
    びぜんや「持ってかれたのか当初からの策だったのか、他馬のマークを引き受けての先行策。あいかわらずの勝ち味の遅さは見せたけれど、ハンデを考えれば及第点かな」
    月見亭「キミの◎ロードクエストは後方待機から流れ込んで11着」
    びぜんや「今日の展開では後ろ過ぎたし、時計のかかる馬場も合わなかった。次走巻き返しに期待、だね」
    月見亭「私の◎カテドラルも中団から伸びず8着」
    びぜんや「それなりに脚を使ってはいたが、掲示板争いがやっと。こういう馬場はこなせるかと思ったけれども案外だったね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(○×▲)でハズレ、馬券もハズレ」
    びぜんや「僕は(×−○)。馬券も予想も大ハズレでした」
    月見亭「さて、梅雨も明けていないというのに夏競馬の序盤戦が終了」
    びぜんや「開催は函館・福島・中京から、札幌・新潟・小倉へ」
    月見亭「新潟の名物重賞・アイビスサマーダッシュも気になるけれど、ここは夏唯一の牝馬重賞・クイーンSを見ようかな」

    びぜんや「中心は秋華賞でアーモンドアイの2着に入ったミッキーチャーム。昨夏の北海道シリーズで3連勝していて、洋芝適性には自信あり」
    月見亭「去年の2着馬・フロンテアクイーン中山牝馬Sを勝って惜敗続きにピリオドを打った。牝馬限定重賞でおなじみの顔が、今年もここで上位争い」
    びぜんや「スカーレットカラーはマーメイドS3着で存在感を示した。距離短縮はプラスで、さらなる上位も望める」
    月見亭「中山牝馬S2着のウラヌスチャームがここから再起動。自慢の末脚が北の大地で唸りを上げる」
    びぜんや「昨年の関屋記念で3着に入ったエイシンティンクルも登録。全兄が仏国のG気鮠,辰織┘ぅ轡鵐劵リだから、意外と洋芝が合うかも」
    月見亭「三田特別、五稜郭Sと連勝の勢いに乗るのがサトノガーネット牝馬は格より勢い、波に乗る4歳馬が一気にタイトルを奪取」
    びぜんや「唯一の3歳馬メイショウショウブ。マイルG兇韮加紕臆鵑伴体呂論泙蟷翩佞。1ハロンの延長をこなせれば」
    月見亭「福島牝馬S3着のダノングレースは、中山、福島、そしてここ札幌で白星を挙げている小回り巧者。機動力を武器にして再び上位を狙う」
    びぜんや「洋芝巧者カリビアンゴールドが地の利を味方に格上挑戦。レイエンダ、マイスタイルと上位を争った才能が夏の北海道で輝く」
    月見亭「穴はこの距離では崩れないシャンティローザに、北斗特別勝ちのリリックドラマ
    びぜんや「夏女・リンディーホップに、札幌2歳Sのリヴェンジを狙うカレンシリエージョ
    月見亭「クイーンSは今年で67回目となる牝馬限定重賞」
    びぜんや「東京で始まり、中山ではエリザベス女王杯トライアルとして開催、そして古馬開放とともに札幌へ。これほど施行条件の激しく変わった重賞もなかなかないような」
    月見亭「05年にはレクレドールがV。ハナ差破った相手はその秋の天覧競馬で盾を手にすることになるヘヴンリーロマンスだった」
    びぜんや「03年、04年と逃げて連覇達成はオースミハルカ。特に03年はファインモーションとテイエムオーシャンをまとめて破る大金星」

     

    予想成績:びぜんや2勝2分
    月見亭 (○×▲)想定回収率 -12,400円・0%
    びぜんや(×−○)想定回収率 +46,820円・477.6%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック