calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

中京記念 先取り展望

0

    函館記念 実際の買い目
    【月見亭】複勝 11,16 三連複軸2頭流し 11,16−総流し
    【びぜんや】単勝 4,5,10,11 複勝 4,5,10,11 馬連流し 4−5,6,8,10,11,16 ワイドボックス  4,5,10,11 ワイド 610

     

    月見亭「諦めない、挫けない、譲らない。それが俺のスタイル!」
    びぜんや「函館記念を制したのは僕の◎マイスタイル。注文を付けてハナを奪うとそのままひとり旅、直線ではマイネルファンロンに並びかけられたが、そこからもうひと伸びして押し切った」
    月見亭「マイネルファンロンに差されたかというところから差し返すんだから、勝負根性は非凡。巴賞からの変わり身を見せて、得意の函館で重賞初制覇!」
    びぜんや「陣営もここ狙いと言っていて、勝負気配が漂っていたね。巴賞をひと叩きし、狙い通りにタイトルをものにした陣営の手腕も光った」
    月見亭「2着は2番手から進めたマイネルファンロン。いったんはマイスタイルをかわしたかと思っていたけれど……」
    びぜんや「相手はまだ脚を残していたね。展開にも恵まれたけれど、後続に0.3秒差をつけての2着は立派。クラスに目処を立てた」
    月見亭「3着はステイフーリッシュが入った」
    びぜんや「またも惜敗だなぁ。スタートを決めて前残りの流れを味方にすることはできたけれど、上位2頭には迫れず。まぁ、ハンデを考えれば悪くはないか」
    月見亭「私の◎エアスピネルは見せ場なく13着に後退」
    びぜんや「展開が向かなかった、ハンデが重かったにしろ負けすぎだね。太目残りで、叩いた次には変わってきてほしいが……」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲−△)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(◎△○)で単勝・馬連・三連単がトリプル的中。馬券も単勝複勝馬連ワイドといただきだ」
    月見亭「さて来週は函館最終週の函館2歳S、中京最終週は中京記念」
    びぜんや「この時期の2歳重賞はさっぱり分からないからなぁ。ここはサマーマイルシリーズの開幕戦、中京記念で」

    月見亭「中心はマイル重賞2勝、ヴィクトリアマイルでも2着に入っている女マイラープリモシーン。得意の左回りで3つ目のタイトルを手にしたい」
    びぜんや「カテドラルはNHKマイルCであわやの3着。再び軌道に乗った素質馬、ここは賞金を加算して秋の大舞台につなげたい」
    月見亭「クリノガウディーは朝日杯フューチュリティSでアドマイヤマーズの2着。春は不振を極めたけれど、ひと息入れてここから再発進
    びぜんや「3歳勢からはもう1頭、グルーヴィットもエントリー。ファルコンS2着の実績があってコース相性には自信あり。最終週の荒れた馬場も合いそうだ」
    月見亭「左回りにこだわって使われているサウスポーロワアブソリュー。1ハロン延長が課題だけれど、ひと叩きしたここで期待したい」
    びぜんや「京都金杯、阪神牝馬Sで3着に入っているミエノサクシードが面白そうだ。中京記念は差し・追い込みがよく決まるレース、末脚一途に首位を窺う」
    月見亭「朱雀Sを勝ち、6歳にしてオープン入りしたのがレインボーフラッグ晩成のヴェテランが騎虎の勢いで3年ぶりの重賞に挑む」
    びぜんや「ロードクエストは今年6戦、安田記念を除けば常に僅差にまとめている。きっかけひとつで突き抜ける力は秘めている」
    月見亭「鉄砲巧者のキャンベルジュニアは休み明けのこここそ買い時。重賞2着3回の善戦マンが悲願のタイトルを手にするか」
    びぜんや「良血・ジャンダルムを見限れない。マイペースに持ち込めれば侮れないぞ、コスモイグナーツ
    月見亭「穴は好調・リライアブルエースに、ハンデ重賞の勝ち馬・ヒーズインラブ
    びぜんや「中京記念は今年で67回目。春先の芝2000mのイメージが強かったけれど、ようやく夏のマイルにもなじんできた感じ。だけど開設当初は夏の砂のレースだったんだよね」
    月見亭「マイルになってフラガラッハの2連覇は、どちらも胸のすくような直線一気!」

    びぜんや「2000m時代の05年、屈腱炎からの復活を遂げたのはかつての菊花賞3着馬・メガスターダム」


    予想成績:びぜんや2勝1分
    月見亭 (▲−△)想定回収率 -9,300円・0%
    びぜんや(◎△○)単勝・馬連・三連単的中! 想定回収率 +49,9200円・636.8%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック