calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

「萌馬POG」2019−2020 月見亭指名馬解説 byびぜんや

0

    たったふたりのPOG「萌馬POG」の、月見亭指名馬についてひとことふたことコメントしてみます。血統のことは詳しくないので、本当に簡単なコメントですが。
     

    ファーストフォリオ(牝)父キングカメハメハ 母シーザリオ
    月見亭の1位指名は今年もシーザリオの仔でした。父がキンカメですから、リオンディーズの全妹になりますね。シーザリオ家の男子からは3頭のG犠,素呂いますが、女子はシーリアの1勝のみ。母仔オークス制覇の期待がかかります。


    フォルステライト(牝)父キングカメハメハ 母タンザナイト
    なんとキャサリーンパーの一族から3頭指名というマニアックな偏向っぷり。この馬はキャサリーンパーの孫になりますね。ルーラーシップ産駒の半兄・ダンビュライトとはかなり似た血統構成。全兄・ラブラドライトも長距離で活躍しましたから、距離が伸びての活躍が期待されます。


    ライティア(牝)父ディープインパクト 母シンハリーズ
    シンハライト、アダムスピークの全妹で、リラヴァティの半妹になります。シンハライトはオークスを勝ったものの、桜花賞をハナ差で逃し、秋華賞を目前に引退。全姉の果たせなかった夢の続きを、この妹が見せてくれるでしょうか。


    フェアレストアイル(牝)父ディープインパクト 母スターアイル
    全兄にミッキーアイルがいて、従姉にはアエロリットというマイラー血統。そして逃げてナンボ! という血統ですね。府中と相性のいい血統でもあり、ラインクラフト以来の変則二冠なんて期待も持てちゃいます。しかしNorthern Dancerの5×5×5×4って結構な執念感じる配合ですね。


    ピンクレガシー(牝)父ヴィクトワールピサ 母バルドウィナ
    ライティアの全姉・シンハライトを桜花賞で破ったジュエラーの全妹。半姉には重賞4勝のワンカラットもいます。牡馬はちょっとアレですが、牝馬はコンスタントに活躍している一族ですから、この馬にも期待してよさそうです。

     

    リリフレア(牝)父ロードカナロア 母リリサイド
    リスグラシューの半妹です。この母親、この馬まで6頭の産駒がみんな牝馬なんですね。母はフランス産馬で、SSが入っていない血統構成。一発か三振かのようなムードを感じます。


    エレガントチャーム(牝)父ルーラーシップ 母オリエントチャーム
    ペルシアンナイトの半妹で、近親にはゴールドアリュールなどがいる家系。芝ダート問わず活躍したゴールスキーや、平地と障害で重賞を勝ったソロルなどのマルチタレントがいる母系で、この馬もどこで活躍するのかびっくり箱のような楽しみがあります。


    シアンフィデール(牡)父エピファネイア 母ライラプス
    8頭目にしてようやく最初の牡馬です。
    この馬、私も指名を検討していたんですよね〜。しかし父は月見亭のかつての指名馬・エピファネイアで、母は月見亭お気に入りのライラプス。絶対月見亭が指名してくるだろうな〜と思っていたら、案の定指名してきました。
    フサイチエアデールの孫で、叔父叔母にはフサイチリシャールやビーチサンバがいます。母方は短距離系の馬が多いので、父の血がどれだけ補えるか、ですね。


    ベスビアナイト(牡)父ルーラーシップ 母モルガナイト
    キャサリーンパーの一族、その2。フォルステライトは叔父ということになりますね。
    半兄にはブラックスピネルがいます。

     

    ヴァーダイト(牡)父ディープインパクト 母クリソプレーズ
    キャサリーンパーの一族、その3。フォルステライトとはいとこ同士になりますね。上がクリソライト、マリアライト、リアファル、クリソベリルというもんのすごい良血で、主砲級の活躍が期待できます。……半々の確率でダート行っちゃいそうな懸念は拭えませんが。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック