calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

2019-2020 萌馬POG指名馬 byびぜんや

0
    毎年恒例、“たったふたりのPOG”萌馬POGの指名馬を公開の季節がやってまいりました。

     

    いよいよ指名馬の父がすべて現役時代を知っている馬になりまして、結構長く競馬続けてきたんだぁ〜、と感慨にふけっていたりします。

    例によって上位5頭は余所のPOGでも指名している本命サイド。

    下位5頭はここならではのイロモノ枠、一発狙いサイドになります。

     

    昨シーズンの回顧はまた追々、ということで。
    (括弧付きの馬名はJRA未登録の馬です)

    1.(ヒメノカリス) 牝 父ディープインパクト 母ドバイマジェスティ
    アルアインの全妹です。
    全兄のアルアインとダノンマジェスティは中距離で良績を残していますが、アルアインはマイルでも良績を残していますし、母はBCフィリー&メアスプリントの勝ち馬ですから、桜花賞も照準に入るんじゃないかなぁ〜、と期待しての指名です。
    ヒメノカリスは中南米に咲く花の名。「桜の季節にヒメノカリスが満開!」となってくれれば楽しいですね。

     

    2.(ストーンリッジ) 牡 父ディープインパクト 母クロウキャニオン
    追っかけ血統。弥生賞を勝ったカミノタサハラを筆頭に兄姉がとにかくコンスタントに勝ち上がり、クラシックトライアルに絡んでくるので、POGでは抑えておきたい血統なのです。
    そろそろG気脳絨未鯀茲η呂盻个討てほしいですねぇ。

    3.(ウィンドファクター) 牝 父キングカメハメハ 母ウイングレット
    追っかけ血統。
    新潟での活躍が目立つ血統なので、そちらでの活躍を期待したいですね。
    半姉のウイングドウィールが単勝万馬券を叩き出したり(これも新潟)、従兄のシェパードボーイが11番人気で激走したりと突然穴を開ける家系なので、辛抱深く追いかけたいものです。


    4.(ルーツドール) 牝 父ジャスタウェイ 母リュヌドール
    3歳秋に来日し、ジャパンCに挑戦したリュヌドールの仔。そしてフィエールマンの半妹です。
    フィエールマンも、半姉のルヴォワールもデビューが遅く、間隔を開けながら使われているのは気がかりですし、晩成臭さもあるんでが、一度は指名してみたかった血統。一発あるかもの期待で抑えておきます。


    5.(クラヴェル) 牝 父エピファネイア 母ディアデラマドレ
    この血統も追っかけ血統ですね。
    祖母・ディアデラノビアはG毅鈎紕害鵑覆評,狙擇譴覆で呂如△修了匐,燭舛發い泙劼箸捗転泙脳,狙擇譴討い覆ったりするんですが、この馬の母・ディアデラマドレは別。重賞で再三鮮やかな差し切りを演じてくれました。
    ということで、この仔も鮮やかな末脚を見せてくれるんじゃないかと期待しての指名です。
    ちなみに父方の祖母・シーザリオは05年オークスの勝ち馬で、母方の祖母が同オークスの3着馬。エアメサイアの孫との対決とか、ありませんかね。

     

    6.(サクライロ) 牝 父ロードカナロア 母マチカネエンジイロ
    萌え馬名枠その1。
    地元信州の長野電鉄に「朝陽さくら」という鉄道むすめさんがデビューしたので、アサヒかサクラのつく馬を……と探していたら、見つけました。
    半兄に朝日杯フューチュリティSでロゴタイプの3着に入ったゴットフリート(現在は岩手で奮闘中)、同じロードカナロア産駒の従兄弟にシンザン記念を勝ったヴァルディゼールがいる血統ですから、イロモノと切り捨てる必要はなさそう。
    皐月賞、あるいはNHKマイルCでの活躍を期待します。

     

    7.(ナリタサーガ) 牡 父エピファネイア 母オースミハルカ
    マイ推馬・オースミハルカの六男坊。上のオースミイチバンがダイオライト記念など交流G兇鬘仮,靴討い泙垢掘半姉のオースミラナキラも準オープンで活躍中。地味ではありますが、コンスタントに走る家系ではあります。
    新種牡馬・エピファネイアの仔ということでも楽しみですね。

     

    8.ミライヘノノゾミ 牝 父ジャスタウェイ 母タムロブライト
    中村希@球詠(またマイナーな作品持ってきたな)というわけで、萌え馬名枠その2。
    こちらは祖母にタムロチェリー、半兄には日経賞2着のミライヘノツバサがいる血統になります。
    生まれは青森の諏訪牧場。東北産の馬を指名するのは久しぶりになりますね。東北の星としての期待も込めての指名です。


    9.コスモシャルドネ 牡 父スクリーンヒーロー 母ピノブラン
    今年のお酒馬名枠。
    真田一輝さんの「ワインガールズ」にシャルドネちゃんというツインテール元気っ娘が出てくるので萌え馬名枠でもあり、シャルドネは松本市山辺や塩尻市の桔梗原あたりでも生産されているので地元枠でもあり、上のワインアンドダインやリープフラウミルヒも指名していた追っかけ血統でもあります。ロマンがいっぱいです。


    10.(ヴィクトリーレーン) 牡 父ヴィクトワールピサ 母カウアイレーン
    近親にブラックホーク・ピンクカメオ兄妹が、半兄にはステイフーリッシュがいる血統です。

    牡馬でマトモに戦力になりそうな馬がストーンリッジくらいしかいないので、もう1頭の大砲候補として指名してみました。晩成っぽい気もするんですけどね。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック