calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

大阪杯予想 byびぜんや

0

    土曜日は朝早くから出かけて夜遅くまでほっつき歩く予定なので、今のうちに予想を公開します。

    ちゃんとドバイまでには帰ってくる予定です。

     

    ◎はアルアイン

    昨年のこのレースで3着に入り、秋にはマイルCSでも3着するなど、皐月賞制覇後もコンスタントにG気脳絨未貌り続けている実力者です。
    今年の始動戦となった前走・金鯱賞では見せ場なく5着に敗れていますが、もともと良績が右回りに集中している馬ですし、馬場も緩かったですから度外視可能。毎日杯でキセキらを下すなど【2,0,1,0】と好相性の阪神に戻れば、反撃が期待できます。
    マイルG気任眄莵圓任るスピードは大きなアピールポイント。前走が明らかに仕上げ途上だっただけに、一度叩かれた上積みは大きいはずです。
    瞬発力勝負は不得手なタイプだけに、キセキらが引っ張って淀みのない流れになれば勝機は拡大。才気あふれる4歳馬の挑戦を受け止め、古馬の威厳を示します。


    ○はステルヴィオ
    今年の始動戦となった前走・中山記念では五分のスタートを決めて流れに乗り、最後は最速上がりをマークして3着。コース適性がずば抜けて高いウインブライト、4キロの斤量差があったラッキーライラックとタイム差なし、スワーヴリチャード以下に1馬身1/4差をつける内容で、始動戦としては合格点の内容でした。
    昨年のマイルCSでは最内枠から巧く立ち回って、連覇を狙ったペルシアンナイトをアタマ差凌いでV。立ち回りの器用さと鋭い決め手を兼ね備えていて、阪神内回りにマッチします。
    今回は距離延長が課題となりますが、皐月賞では4着に入っていますし、コーナー4つの1800mでは【2,0,1,0】と結果を残していますから、スムースに回れれば対応は可能と見ます。


    ▲はエアウィンザー
    母は秋華賞馬・エアメサイア、祖母はエアデジャヴーという良血馬。
    2、3歳時は母方の血のせいか好走すれども勝ち切れず、格上挑戦した共同通信杯では6着に敗退するなど、頼りない感じが目立ちましたが、古馬になって覚醒。むらさき賞→西宮S→カシオペアS→チャレンジCと、準オープンから重賞まで破竹の4連勝をマークしました。
    ひと息入った前走・金鯱賞は強敵揃いの好メンバーに交じり試金石となる一戦でしたが、中団から脚を伸ばして3着。勝ったダノンプレミアムには離されましたが。2着・リスグラシューとは差がなく、4着以下を突き放す好内容で、G議戦のめどをつけました。
    ロングスパートを決めやすい阪神2000mはチャレンジCを勝つなど5戦4勝している得意舞台。地の利を味方に一気呵成の頂点獲りを成し遂げます。


    △はブラストワンピース
    前走・グランプリ有馬記念では有力馬を引き連れる位置から早めに動く強気の競馬。直線で粘るキセキを捉えると、レイデオロ、シュヴァルグランの猛追を振り切ってトップチェッカーを受けました。
    前走のパフォーマンスを見れば、タイトな内回りへの適性はかなり高そう。阪神には毎日杯を完勝した実績があり、コース替わりは問題ありません。
    2400m、2500mでも結果を残していますが、スタミナ豊富というイメージはなく、1800m〜2000mの方が適性は高そう。したがって、距離短縮も買い要素と見ます。
    過去の戦歴を見ればフレッシュな状態の時に好成績を残しており、休み明けも問題なし。好メンバーが揃ったここで改めてその素質を証明します。

     

    ×はステイフーリッシュ
    一昨年のホープフルSでは後方から鮮やかな追い込みを見せて3着、昨年の京都新聞杯では好位からのワンサイドゲームでグローリーヴェイズ、メイショウテッコン、ユーキャンスマイルといったのちの重賞勝ち馬を完封していた実績の持ち主。クラシックでは結果を出せませんでしたが、チャレンジC3着→中山金杯2着→京都記念2着と、古馬になってからは勝ち切れないながらも確実に上位を争うようになっています。
    今回の有力馬には休み明けの馬や前哨戦で結果を残せなかった馬も多く、順調に使われてきたこの馬が食い込む余地はありそう。クラシックの戦績だけ見れば格下ですが、この3戦は使われながら馬体を増やして成長しており、昨年と同じ馬と見ることはできません。
    ホープフルSでは直線追い込み、中山金杯は早めに動く強気の競馬と、小回り向けの自在性があって阪神内回りもマッチしそうです。


    もう1頭の×はペルシアンナイト
    ◎アルアインとは再三接戦を演じてきた同厩のライヴァル。
    G気任六月賞、日本ダービーとアルアインに先着を許しましたが、その後はマイルCS、大阪杯、マイルCSと3連勝中。前走・金鯱賞でもアルアインに先着しており、ここで抑えないわけにはいきません。
    その前走・金鯱賞では4着に敗れていますが、もともと鉄砲駆けしないタイプですから度外視可能。昨年も中山記念で5着に敗れた後、大阪杯で巻き返して2着に来ていますから、今年も上積みを期待してよさそうです。
    本質的にはマイルがベストでしょうし、直線の長いコースの方が持ち味を生かせますが、そこは立ち回りの巧さと底力でカヴァー。今回も宿敵をめがけて自慢の末脚を繰り出します。


    ◎3 アルアイン
    ○12 ステルヴィオ
    ▲9 エアウィンザー
    △7 ブラストワンピース
    ×10 ステイフーリッシュ
    ×11 ペルシアンナイト


    買い目は◎の単勝と、◎からの馬連流しで、相手は手広く取ります。枠連総流しでもいいかな?


    ■ おまけ ■ 岩手競馬・スプリント特別予想
    ◎3 スペクトル/かつての王者がスプリントに転じて大復活。ここからさらに上昇。
    ○7 シャドウパーティー/芝砂問わず重賞路線で活躍。格の違い見せたい。
    ▲5 メイショウオセアン/ここに入れば実績は断然。
    △9 フォルス/使われてきた臨戦過程に魅力。南関修行の成果見せる。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     今回のダウジングでの競馬予想は 大阪杯を予想してみたいと思います。
    • 御気楽猫生活2
    • 2019/03/31 3:54 AM
    <大阪杯> ◎06キセキ 〇07ブラストワンピース ▲08サングレーザー △11ペルシアンナイト 馬連 6‐7‐8‐11  BOX馬券 コメント: 土曜日の深夜まで雨が降りそうですが 明日は晴れから曇りになりそうです。 明日の馬場状
    • ノースさんの競馬日記
    • 2019/03/31 10:29 AM