calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

金鯱賞 先取り展望

0

    弥生賞 実際の買い目
    【びぜんや】馬連流し 4−3,8,10 馬単マルチ 4→1,2
    【月見亭】複勝 10 三連複軸2頭流し 2,5−総流し


    月見亭「驟雨を衝いて難関突破! 波乱を呼んだ芦毛の新星!」
    びぜんや「弥生賞を制したのはメイショウテンゲン。道中は中団待機から直線で手応えよく外に持ち出し末脚一閃。一気にライヴァルを突き放した」
    月見亭「父・ディープインパクトも母・メイショウベルーガも豪快な直線一気で鳴らした馬。そのDNAがこの一番で花開いたね」
    びぜんや「重馬場でのこのパフォーマンスは母父・フレンチデピュティの血も後押ししたか。思い切りのいい池添騎手もこの馬には合っているようだ」
    月見亭「これで弥生賞も楽しみになって来た。もちろん本番は相手も馬場も違うけれど」
    びぜんや「ただ、次もノーマークで直線まで脚を溜められるだろうし、開催が進んで力のいる馬場になっているはず。面白い穴馬になりそうだ」
    月見亭「2着はさらに後方から上がり最速で突っ込んだシュヴァルツリーゼ」
    びぜんや「スタートで寄られて位置を下げたのが痛かったし、4コーナーでも外々を回らされるロス。これで2着まで来たんだから十分な内容ではある」
    月見亭「3着にはブレイキングドーンが突っ込んで、ここまでが皐月賞切符をゲット」
    びぜんや「結局馬場のいい外を差してきた馬のレースになったね。ブレイキングドーンはじわじわとしか伸びなかったけれど、馬場のいいところを通れた分、内の有力馬に先着できた」
    月見亭「私の◎ニシノデイジーは中団から内で伸びあぐね4着」
    びぜんや「再三外から蓋をされる形になり、馬場のいい外に持ち出せなかったのは痛かった。枠と馬場に泣かされたね」
    月見亭「キミの◎サトノラディウスは3コーナーから手応えが怪しくなり、6着まで」
    びぜんや「この馬場はどうだろうかと案じていたけど、やっぱり合わなかったか。次はダービーに目標を切り替えることになるのか。良馬場でもう一度見てみたい」
    月見亭「ということで今週の結果。私は(×○−)でハズレ、馬券はメイショウテンゲンの複勝が的中したけど、三連複は痛恨の、痛烈に痛恨の軸馬2着4着。メイショウテンゲンはデビューから追いかけている馬だったから、ここで素直に◎を打っておけば……。単勝も買っておけば……。あるいは馬連で総流ししていれば……」
    びぜんや「競馬にタラレバは禁物だけどッ♪ 僕は(−−△)で気持ちよくハズレ、馬券も同じくだ。こんなに早く馬場が悪化するとは誤算だったなぁ」
    月見亭「さて来週から中京開催がスタート」
    びぜんや「その中京では大阪杯の前哨戦・金鯱賞、阪神では桜花賞トライアルのフィリーズレビュー。G気料鮎ダ錣ふたつあるけれど」
    月見亭「G鞠錬菊が参戦する豪華版、金鯱賞が気になるわね」

    びぜんや「注目はなんといっても大器・ダノンプレミアム復帰戦。ダービーで土がついたとはいえ、2000m以下では未だ無敗。その破壊力が古馬にも通用するか、注目だ」
    月見亭「リスグラシューエリザベス女王杯を制し、香港ヴァーズでも2着。もはや牝馬同士の戦いには興味なし、強敵を求めて尾張に推参」
    びぜんや「一昨年の皐月賞馬アルアインが実績のある距離で巻き返しを図る。昨年も国内戦では大崩れなし、ここも上位争いは必至だ」
    月見亭「一昨年のマイルCS勝ち馬・ペルシアンナイトがここから始動。去年もマイルCSと大阪杯で2着に入っていて、舞台を問わずに活躍。ここで久しぶりの勝利を挙げ、大阪杯に乗り込む」
    びぜんや「チャレンジCを3馬身差で圧勝したエアウィンザーが登場。破竹の4連勝で重賞ウィナーとなった良血馬が、ここから一気にG気猟催世魃う」
    月見亭「強力世代の一角・ギベオン中日新聞杯勝ちのタイトルを引っ提げてここへ。この距離は2戦2勝、左回りはパーフェクト連対。能力は全く見劣りしない」
    びぜんや「捲土重来を期しモズカッチャンが中京に飛来。混戦でこそ、人気を落とした時こそ結果を残す、燃える女が混戦に断を下す」
    月見亭「メートルダールはアメリカJCCで差のない3着に入ってここへ。中京二千は中日新聞杯を勝っている得意舞台、強敵相手にも怯まない」
    びぜんや「タニノフランケルは中山金杯3着、小倉大賞典2着と、良血の蕾がほころんできた。母・ウオッカが天皇賞を制したのと同じ左回りの2000mで才能開花だ」
    月見亭「穴は成長を止めない8歳馬・スズカデヴィアスに、アルゼンチン共和国杯2着のムイトオブリガード
    びぜんや「出てくれば連闘となるショウナンバッハは左回りで穴を開けるサウスポー。エタリオウに先着の実績もあるサトノワルキューレも警戒しときたい」
    月見亭「金鯱賞は初夏だったり春の終わりだったり年の瀬だったり春先だったり、施行時期をころころ変えながら数えてこれが55回」
    びぜんや「08年の勝ち馬・エイシンデピュティはここでの勝利を宝塚記念の勝利につなげた」
    月見亭「歴代勝ち馬にわりと地味な名前が多い中、やっぱり印象に残るのはタップダンスシチーの3連覇」


    予想成績:月見亭3勝1敗5分
    月見亭 (×○−)想定回収率 -19,520円・25.2%
    びぜんや(−−△)想定回収率 -5,040円・80.2%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック