calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

アメリカJCC 先取り展望

0

    日経新春杯 実際の買い目
    【びぜんや】馬連流し 5−2,5,6,7,10,12,16 7−16
    【月見亭】三連複軸2頭流し 2,12−総流し


    月見亭「強力世代からまたひとり! 栄光への階段を駆けだした若駒!」
    びぜんや「日経新春杯を制したのは1番人気のグローリーヴェイズ。縦長の行列の真ん中で脚を溜め、坂の下りで進出開始。一気に逃げ馬を抜き去ると、そのまま押し切った」
    月見亭「明け4歳世代からまたも重賞ウイナーが誕生。乱ペースも関係なし、落ち着いたレース運びの横綱相撲だったね」
    びぜんや「序盤が速く上がりのかかるスタミナ勝負で、堂々の押し切り勝ち。ステイヤーとしての素質を見せて、菊花賞5着は伊達じゃなかったとを示した」
    月見亭「これは春の天皇賞に楽しみが増えたかな」
    びぜんや「今回はハンデ戦で相手も手頃だったという注釈は必要だけどね。由緒ある牝系で成長力も期待できる。先々の楽しみな馬が出てきたのは確かだ」
    月見亭「2着には後方待機のルックトゥワイスが大外一気に突っ込んできた」
    びぜんや「こちらは激流を見越して脚を溜め直線に賭けたが、半馬身届かず。外を回ったことを考えれば勝ちに等しい内容だし、これで右回りを完全に克服したのも大きい」
    月見亭「3着はキミの◎シュペルミエール」
    びぜんや「勝ち馬の前でレースしたがじりじりとしか伸びなかったなぁ。今日のペースを考えればもう少し後ろで脚を溜めたかったか」
    月見亭「私の◎メイショウテッコンは向正面で果敢に仕掛けたものの、直線失速9着」
    びぜんや「出遅れて後方待機も、これでは持ち味が出ないと踏んだか、ペースの緩んだ向正面で進出し、見せ場を作った。とはいえ、出たなりのところでレースを進められたら展開を味方にできたかもしれないし、戦法がひとつしかないのは辛いね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(○△×)で馬連的中も、馬券はハズレ。一瞬夢を見たけどねぇ……」
    びぜんや「僕は(××◎)でハズレ。馬券も馬連の軸馬が3着でハズレだったよ」
    月見亭「さて、来週からは冬の中京開催がスタート。東海Sも組まれているけど」
    びぜんや「少頭数ながら興味深い顔ぶれのアメリカJCCをチェックしよう」

    月見亭「中心はここから始動する昨年の菊花賞馬フィエールマン。キャリア僅か4戦でクラシックを制覇した、未だ底を見せていない大器。初の古馬相手にどんな走りを見せるのか」
    びぜんや「同舞台のセントライト記念を快勝したジェネラーレウーノもここから始動。中山は4戦3勝で馬券を外していない、若き中山巧者だ」
    月見亭「若駒を迎え撃つ古馬の筆頭は去年の勝ち馬・ダンビュライト。レイデオロらと刃を交えつつ中山では馬券を外していない強者が連覇を狙う」
    びぜんや「キタサンブラックの半兄ショウナンバッハは新潟記念13番人気3着、中日新聞杯12番人気2着と波乱を呼んだ。上位の一角を崩すべく密かに爪を研ぐ」
    月見亭「ローカルG靴両鈩◆メートルダールは中日新聞杯をひと叩きしてここへ。ここで強豪相手に結果を残し、ステップアップしたいところ」
    びぜんや「一昨年の中山記念で大立ち回りを演じた中山マイスター・サクラアンプルールが登場。G鞠倭蠎蠅任皺韻垢襪海箸鮹里蕕覆ざ兵圓老兵
    月見亭「一昨年の鳴尾記念勝ち馬・ステイインシアトルがここから始動。8歳とは言えキャリアは12戦と使い込まれていないし、冬はヴェテランの活躍する季節。侮れない伏兵だね」
    びぜんや「骨折で昨年全休したシャケトラがようやく戦線復帰。日経賞を勝ち、宝塚記念で2番人気に支持された才能がここから再び頂点を目指す」
    月見亭「穴は逃げるマイネルミラノに、一昨年の3着馬・ミライヘノツバサ
    びぜんや「アクションスターはさすがに厳しいよなぁ……」
    月見亭「アメリカJCCは今年が記念の60回」
    びぜんや「かつての勝ち馬にはタカマガハラからメジロアサマ、グリーングラス、アンバーシャダイなど綺羅星の如くG亀蕕両,素呂並んでいて、由緒正しさを感じるなあ」
    月見亭「最近はマツリダゴッホとかネヴァブションとか、中山巧者が大暴れするイメージだけどね」
    びぜんや「潮目が変わったのはサクラチトセオーやアメリカンボスが勝ったあたりなのかな」

     

    予想成績:月見亭1勝1分
    月見亭 (○△×)馬連的中! 想定回収率 -4,880円・21.3%
    びぜんや(××◎)想定回収率 -6,200円・0%

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック