calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

日経新春杯予想 byびぜんや

0

    昨年末、寝違えを発症した後、それが強固な肩こりへと遷移。それが治ったと思ったら口内炎が長引き……と、微妙な体調不良に悩まされました。
    それでも年末の忘年会→コミケ→月見亭の実家への帰省の3連戦の前には快癒。「ここ目標」のところにはきっちり仕上げて、調整力の高さを示しました。
    が。
    月見亭の実家を出る直前に突然のどの痛みが発症。以降、頭痛→立ち眩み→喉痛→鼻水と、症状を微妙に変えながら、風邪っぽいのがしつこく続いています。

    もともと冬は体調を崩しがちなんですが、トシをとるとそれが治りにくくていけません。

     

    ◎5 シュペルミエール
    3年前の菊花賞で6着に入っていた逸材。
    掲示板を外したと言っても、掲示板を占めていたのがサトノダイヤモンド、レインボーライン、エアスピネル、ディーマジェスティ、ミッキーロケットという超A級の面々で、2着以下とは差のない競馬をしていたのですから、今回のメンバーに入れば明らかに実力上位の存在です。
    オープン昇級後、脚部不安のため長期休養を余儀なくされていましたが、1年7か月ぶりの復帰戦となった古都Sでいきなりアドマイヤエイカンの2着に入って健在を示し、続く前走・オリオンSを順当勝ちしてここに駒を進めてきました。
    今回は斤量が軽くなりますし、先行型の多いメンバーでこの馬の末脚を生かせる展開になりそう。明け6歳ながらまだ底を見せていない逸材が大仕事をするシーンもありそうです。


    ○16 ムイトオブリガード
    一昨年は2月に勝ち上がった後、ダートの500万条件で7戦と足踏みしていましたが、昨年芝に転向して才能覚醒。デビュー戦以来の芝となった転向初戦こそ4着に敗れましたが、続く小倉の平場をレコード勝ちして長距離性能の高さを示しました。
    さすがに格上挑戦となった阪神大賞典は歯が立ちませんでしたが、青嵐賞、町田特別、六社Sと東京芝2400mのレースを破竹の3連勝、オープン初戦となったアルゼンチン共和国杯でも2着に入り、一気に長距離重賞の有力選手に成り上がりました。
    京都の芝では2戦2敗ですが、デビュー戦と芝再転向初戦でしたから度外視可能。右回り自体は小倉の芝と京都のダートで勝っていますから問題なく、3戦3勝の2400mへの距離短縮もプラスです。
    もともとダートで使われていた馬ですから、今の力のいる馬場も合うはず。前走こそ32.5秒台の上がりを使っていますが、もともとはしぶとくいい脚を使うタイプだけに、京都の外回りも合っているはずです。


    ▲7 ガンコ
    昨年、準オープンの身で果敢に格上挑戦したこのレースを勝つと、続く松籟S、日経賞と連勝。春の天皇賞でも3番人気に支持されました。
    さすがにここは敷居が高かったか14着に大敗し、以後も精彩を欠いていますが、昨秋の3戦はオールカマーが休み明け、アルゼンチン共和国杯が展開不向き、ジャパンCは相手が強かったうえに高速馬場も不向きと、敗因ははっきりしていました。
    今回は相手関係が手頃になるうえに、時計のかかる馬場で先行激化となればこの馬の持ち味が存分に発揮できそう。
    トップハンデは背負いますが、穴の魅力を秘めた実力者です。


    △12 メイショウテッコン
    昨年のラジオNIKKEI賞では好位からレースを進め、のちの菊花賞馬・フィエールマンの追撃を抑えて后
    神戸新聞杯でもワグネリアン、エタリオウと差のない3着に入っていますし、今回と同じ舞台で行われた梅花賞ではエタリオウ、サトノワルキューレを従えて逃げ切り勝ち。「強い」と評判の明け4歳世代の中心選手と互角以上の戦いをしてきた実力者です。
    前走・菊花賞では14着に大敗していますが、これは出遅れて中団から進めた結果、中途半端なレースになってしまったもので、現状では距離も長すぎたかも。
    実績のある京都芝2400mへの距離短縮はプラスですし、本来の積極策に出ればそうやすやすとは捕まらないはずです。


    ×は菊花賞5着が光る明け4歳・2 グローリーヴェイズと、右回りの前走が強かった10 ルックトゥワイスを指名します。


    買い目は◎からの馬連流し。○▲のタテ目も抑えた計6点。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    <日経新春杯> ◎02グローリーヴェイズ 〇16ムイトオブリガード ▲05シュペルミエール △04アフリカンゴールド 馬連 2‐4‐5‐16 BOX馬券 コメント: 明け4歳馬が強いレースなので菊花賞でも本命にした グローリーヴェイズ
    • ノースさんの競馬日記
    • 2019/01/13 8:54 AM