calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

日経新春杯 先取り展望

0

    中山金杯 実際の買い目
    【びぜんや】単勝 1,5,15,16 複勝 1,5,15,16 ワイドボックス 1,5,15,16 ワイド流し 1−6,8,11
    【月見亭】三連複軸2頭流し 8,12−総流し


    月見亭「帰って来たホームで掴み取った、勝利に輝く金の杯!」
    びぜんや「中山金杯を勝ったのはトップハンデのウインブライト。中団追走から大外を回って進出、10頭が犇めく2着争いをしり目に突き抜けた」
    月見亭「中山巧者の面目躍如、というような快勝劇。ここに来ると馬が変わるわね」
    びぜんや「今回はトップハンデ、位置取りも少し後ろになって厳しいかとも思ったけれど、終わってみれば着差以上の完勝だもんなぁ。これが他の競馬場でもできれば大きいタイトルも狙えるんだが」
    月見亭「2着はステイフーリッシュが好位から」
    びぜんや「乗り難しく大雑把なレースしかできない馬と思っていたから、向正面で後方から好位まで進出したのには驚いたね。それで最後まで脚を残し賞金を稼いだのだから鞍上の好判断。精神的な成長を感じさせる2着で高評価だ」
    月見亭「3着はキミの◎タニノフランケルが逃げ粘り」
    びぜんや「この枠では行くしかなかったけれど、うまく脚を残すことが出来たね。最後はアドマイヤリードに差されたかと思ったけれども際どく残した。ハンデに恵まれたとはいえ自分の形になれば重賞でもやれることを示したのは大きい」
    月見亭「私の◎タイムフライヤーは中団から追い上げて2着争いに加わったものの5着まで」
    びぜんや「2着馬と同じような競馬をしたけれども2着馬ほど思い切れなかった感じで、中途半端なレースになってしまった。それでもこれで不振は脱出したと言えるんじゃないかな」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−×−)でハズレ、馬券もハズレ」
    びぜんや「僕は(▲×◎)でハズレだけど、馬券は記事に書いた馬連ではなくワイドに切り替えたのが奏功してダブル的中。ステイとタニノの複勝も当たってまずまずのリターンになったよ」
    月見亭「さて来週は3日間開催、中日の日曜重賞は京都で日経新春杯!」

    びぜんや「重賞勝ち馬が4頭という低調なメンバー。どこからでも入れそうだが、実績上位は宝塚記念3着のあるノーブルマーズだ。秋は強力メンバー相手に歯が立たなかったがここは手頃な相手関係で重賞初制覇の好機
    月見亭「去年3連勝の快進撃を見せ、アルゼンチン共和国杯でも2着に入ったのがムイトオブリガード。芝の2400mは3戦3勝でここも好戦必至」
    びぜんや「ウインテンダネスは昨年の目黒記念勝ち馬。戦法はとにかく逃げの一手、京都の外回りで一発を狙う」
    月見亭「昨年の菊花賞5着馬・グローリーヴェイズが登場。重賞出走はすべて京都ですべて掲示板に載っているという若き淀巧者
    びぜんや「メイショウテッコンラジオNIKKEI賞の勝ち馬で、神戸新聞杯でも3着。強い明け4歳世代の中心選手が、距離短縮で再び浮上する」
    月見亭「ルックトゥワイスは初の中山参戦だったグレイトフルSを圧勝してオープン入り。初の右回りをこなした勢いで、初の関西遠征も成功させたい」
    びぜんや「オリオンSを勝ったシュペルミエールが参戦。1年半の休み明けから2着→1着。再びつかんだ上昇気流は手放さない」
    月見亭「昨年の2着馬ロードヴァンドールはチャレンジCをひと叩きしてここへ。同型の存在は気になるけれど、流れを味方に就けられれば昨年以上も」
    びぜんや「昨年3着のガンコも参戦を表明。昨秋の3戦は結果を残せなかったけれど、ここで復活のきっかけをつかみたい」
    月見亭「アフリカンゴールドは阪神2400mの兵庫特別を圧勝した戦歴の持ち主。菊花賞12着は参考外、適距離に戻って軽ハンデなら一発も」
    びぜんや「穴は青森の星・ミライヘノツバサと、京都巧者のケントオー
    月見亭「オープン勝ちのあるアイトーンも一考の余地。軽ハンデの牝馬・サラスの大駆けはあるのか」
    びぜんや「日経新春杯はこれが数えて66回目になる伝統の重賞。歴史の中には78年のテンポイントの悲劇とかもあったわけだが」
    月見亭「個人的にはトウカイワイルド軸で獲った万馬券とか、メイショウベルーガのイメージ」
    びぜんや「01年の勝ち馬・ステイゴールドはここを勝って続くドバイシーマクラシックではファンタスティックライトを撃破。さらに香港ヴァーズでの感動のラストランへとつなげている」


    予想成績:1分
    月見亭 (−×−)想定回収率 -3,100円・0%
    びぜんや(▲×◎)想定回収率 -3,100円・0%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック