calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

ホープフルS 先取り展望

0

    有馬記念 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 3,12−総流し
    【びぜんや】単勝 1,13,15 複勝 1,13,15 馬連流し 15−3,5,8,11,12,14 14−3,12 ワイド 13−15 三連複軸1頭流し 15−3,12,14


    月見亭「黄金王から栄冠を奪い、頂点に立った若き海賊!」
    びぜんや「グランプリ・有馬記念を制したのは唯一の3歳馬・ブラストワンピース。中団外目の追走から直線勢い良く伸び、最後はレイデオロの追撃を振り切った」
    月見亭「先行集団を見る位置で、有力古馬を引き連れる形で落ち着いて追走。仕掛けどころも強気で動いて、これはグランプリマイスター・池添騎手の勝負勘が冴えてたね」
    びぜんや「そこそこ人気はしていたけれども、立場的には挑戦者。こういう時の池添騎手は勝負強いよねぇ」
    月見亭「これで今年の3歳馬はステルヴィオ、アーモンドアイ、ルヴァンスレーヴ、そしてブラストワンピースと古馬G気鬘款 これは3歳馬の新記録なんだって」
    びぜんや「前の3頭はG気筝吐錬猫兇馬対歴があって驚かなかったけれど、毎日杯が好メンバー、ダービーも差はなかったとはいえG珪,舛やっとのこの馬がここで頂点に立つとは思わなかった。今年の3歳、恐るべしだね」
    月見亭「ブラストワンピースは来年何処に向かうことになるのかな」
    びぜんや「菊花賞の内容を考えると、春天は距離が長い。大阪杯が真価を問われる一戦になるんじゃないのかな」
    月見亭「2着は私の◎レイデオロ」
    びぜんや「結果的に勝ち馬に対して後手を踏んでしまい、僅かに差し届かなかった。自分の競馬は出来ているが、相手が思ったより強かったというか、自分の力を過信してのんびり構えすぎたというか」
    月見亭「キミの◎シュヴァルグランが3着」
    びぜんや「動きたいところで動けず、ようやく伸びてきたところがゴール。外枠は良く克服したと思うが、もったいないレースになった。自在性で前の2頭に後れたね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−◎−)でハズレ、馬券も三連複軸2頭の片割れ、モズカッチャンが案外な8着でハズレ」
    びぜんや「僕は(×▲◎)でハズレ、馬券は複勝が当たったけれど、勝負の馬連は痛恨の軸馬3着。シュヴァルが人気を落としていたんだから三連複かワイドにしておけば……」
    月見亭「痛恨の、ではなくいつもの、とか安定の、では」
    びぜんや「黙らっしゃい」
    月見亭「さて、これで終わらないのが現代の中央競馬」
    びぜんや「金曜日にはこれがほんとに大トリ、ホープフルS!」

    月見亭「中心は萩Sを持ったままで完勝したサートゥルナーリア。シーザリオの仔、エピファネイアとリオンディーズの弟という超良血にとって、ここは名馬への出発点」
    びぜんや「実績上位はメンバー唯一の重賞勝ち馬にして、札幌2歳S、東スポ杯2歳Sと重賞を2勝しているニシノデイジー。抜群の機動力と勝負強さで暮れの中山を勝ちあがる」
    月見亭「ブレイキングドーンは京都2歳Sで2着とは言え、3着馬を3馬身半も突き放していた。まだ底を見せていない大器が休み明け2走目で」
    びぜんや「コスモカレンドゥラは出世レースの黄菊賞を完勝してのG議戦。中山も経験済みで、その先行力が武器になる」
    月見亭「ディープインパクト産駒のヴァンドギャルドは、東スポ杯2歳Sでニシノデイジーとタイム差なしの3着。自慢の末脚で前走以上を狙う」
    びぜんや「紫菊賞を勝ったアドマイヤジャスタはアドマイヤラクティの半弟。父譲りの速力と、兄譲りのスタミナを武器に再びアドマイヤ軍団が2歳の頂点に立つ」
    月見亭「キングリスティアは先々週の新馬戦で5馬身差の圧巻デビュー。突如現れた冬の新星が一気に頂点で輝くか」
    びぜんや「芙蓉Sの勝ち馬・ミッキーブラックは京都2歳Sを叩いてここへ。中山二千を勝ってるというのは大きなセールスポイントだ」
    月見亭「穴はこちらも新馬勝ちから直行のタニノドラマに、距離延長で台頭したヒルノダカール
    びぜんや「阪神メインはダートのベテルギウスS」
    月見亭「強い3歳馬の一角・ハーベストムーンが休み明け2走目で」
    びぜんや「この条件、この相手関係ならばヨシオが巻き返す」

     


    予想成績:びぜんや5勝4敗4分
    月見亭 (−◎−)想定回収率 -16,620円・58.8%
    びぜんや(×▲◎)想定回収率 -21,250円・47.3%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック