calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

グランプリ・有馬記念予想 byびぜんや

0

    私がオジュウチョウサンを初めて生で見たのは、東京出張の帰りにふらりと府中に立ち寄った、2016年の東京ハイジャンプの日。
    障害重賞を連勝し、単勝2.1倍に支持されていたオジュウチョウサンの強さは分かっていましたが、そこに賭けるのもつまらない、しかしオジュウチョウサンが後ろから差されることはないだろうと、私は逃げるであろう3番人気のマキオボーラーの単勝を握りしめ、スタンドで観戦していました。
    果たしてマキオボーラーは手応えよく先頭で直線に向きましたが、オジュウチョウサンはすでに逃げ馬を視野に入れて2番手の外で直線へ。しかしここでオジュウチョウサンは、カラ馬が外に膨れるのに道連れにされるようにして大外まで弾き出されてしまったのです。
    「もらった!」
    その瞬間、私がほくそ笑んだのは言うまでもありません。
    が、オジュウチョウサンはそこから猛追。抜群の瞬発力で再び二番手集団に取り付くとさらに鋭進して先頭に取り付き、マキオボーラーを差し切り、私の勝った馬券は紙屑と化したのでした。

     

    あの時の、平地未勝利馬のそれとは思えない鋭い末脚を思えば、あるいは昨年の中山大障害での末脚を思えば、オジュウチョウサンが平地に戻って2連勝してもまったく驚くことはありませんでした。
    さすがにグランプリまで勝ってしまえば驚きのあまりのけぞってしまうでしょうが、そういう夢を見たくなる異色のスターホース。
    今回シルシは回せませんでしたが、応援馬券を逃げってその走りを楽しみたいと思います。

     

    ◎はシュヴァルグラン

    一昨年のこのレースでは6着、昨年は直線で不利を受けながらも内を巧みに立ち回ったクイーンズリングと差のない3着。3度目の正直を狙って、今年も中山にやって来ました。
    この秋は京都大賞典、ジャパンCでともに4着と中途半端な成績になっていますが、京都大賞典は仕上げ途上でさらに前崩れの流れに巻き込まれたもの。前走は超高速馬場での、前に行った馬同士での決着。ずば抜けた速力があるわけでもなく、しかも中団から進めたこの馬には出番のないレースでしたから、度外視可能です。
    6歳になった今年も天皇賞・春で勝ちに行っての惜しい2着があり、まだまだ衰えはなし。阪神大章典での勝ち鞍があって、コーナー6つのコース設定は望むところです。
    有馬記念では死に枠と言われる8枠15番を引いてしまったのは痛いですが、相性のいい剛腕・ボウマン騎手が鞍上に戻ってきて、なんとかしてくれるはず。
    調教の動きは抜群で、古馬G毅横娃隠固最終回のマウンドは、この魔神に託したいと思います。

     

    ○はキセキ
    前走・ジャパンC2着が好内容。
    単騎ハナを切るとしり上がりにラップタイムを上げていく絶妙な逃げでレースをリード。最後の最後、アーモンドアイに捉まりましたが、別格の怪物に冷や汗をかかせ、走破時計は高速馬場に助けられたとはいえ従来のレコードを大幅に上回る2分20秒9。3着以下には3馬身半の決定的な差をつけて、その能力の高さを示しました。
    先行すればそう簡単に抜かされないタフさと、スピード馬場でレコードをブレイクするスピードを持ちながら、極悪馬場の菊花賞も制している万能選手。今回は外目の枠を引いてしまいましたが他に行きたい馬は見当たらなくて展開の利はありそうですし、アーモンドアイのようなバケモノはここはいませんから、前走以上の結果が期待できます。
    今回と同じ舞台で行われた日経賞では1番人気を大きく裏切る9着に敗れていますが、前年の疲れが残っている状況でのもの。本質的には直線の短い中山も合うはずですし、距離延長も問題ありません。
    前走の激走の反動は気になるところですが、思い出せばハーツクライがディープインパクトを相手に大物食いを成し遂げた時は4歳、前走・ジャパンCでアルカセットのレコードブレイクにハナ差まで迫った次のレースのことでした。
    ここは充実期に入った4歳馬の勢いを買いたいと思います。


    ▲はレイデオロ
    昨年日本ダービー、神戸新聞杯と連勝した後に古馬初挑戦のジャパンC、稍重馬場の京都記念、海外初挑戦のドバイシーマクラシックと3連敗しましたが、秋になって復調。
    オールカマーで同世代のライヴァル・アルアインを下して1年ぶりの勝利をマークすると、続く前走・天皇賞・秋では中団追走から鋭く抜け出して完勝。再び波に乗ってグランプリにやって来ました。
    戦歴から見て、2500mへの距離延長も、中山へのコース替わりも問題なし。道中で動いて好位をとりに行ける自在性があり、トリッキーな中山のほうがこの馬の個性を生かせるように思います。
    ゆったりとしたローテーションで来ていますから、秋3走目と言っても出来落ちの心配は皆無。ファン投票1位の支持を裏切らない走りが期待できます。


    △はモズカッチャン
    ディフェンディングチャンピオンとして1番人気に支持された前走・エリザベス女王杯では、持ち味を発揮した2頭に突き放される形での3着。とはいえ、一頓挫あっての休み明けで、6頭横並びの大接戦を制したことを考えればこの馬の持ち味は出したと言っていいでしょう。
    昨年の女王杯では好位の内を巧みに立ち回って栄冠を引き寄せた一方、札幌記念では進路がなくなる不利を受けながら、大外に持ち出して鋭く伸びてV。自在性と決め手を兼ね備えており、トリッキーな中山は持ち味を発揮するのに絶好の舞台と言えます。
    今回は叩き2走目の上積みが期待できますし、距離延長は望むところ。内枠を引いたのはもちろん好材料で、馬場が渋って時計がかかるようならさらに勝機は膨らみます。


    ×はブラストワンピース
    アーモンドアイを筆頭に、ステルヴィオ、ルヴァンスレーヴと3歳馬が席巻したこの秋のG祇鐇。となれば今回の出走馬中唯一の3歳馬に注目したくなります。
    ダービー5着、菊花賞4着の成績はここで古馬のトップクラスと渡り合うには若干微妙にも感じられますが、毎日杯でギベオンを手玉に取り、新潟記念では古馬を軽く一蹴した戦歴を考えれば、やはりG珪,舛能わる器とも思えません。
    前走・菊花賞4着は距離を考えて動きあぐねている間に、スタミナのある馬に巧く立ち回られてしまった印象。それだけにタイトな中山へのコース替わりが課題となりそうですが、500m距離が短くなるのはこの馬にとって追い風になります。


    もう1頭の×はミッキーロケット
    夏のグランプリ・宝塚記念では、内をうまく捌いて直線入口では早くも先頭に躍り出る競馬。最後は香港のワーザーの追撃を辛くも凌いで、G欺蘊〕を挙げました。
    思えば、3歳時の神戸新聞杯ではサトノダイヤモンドに冷や汗をかかせる2着に入っていた素質馬。一見ムラ駆けに見える成績ですが、ここ1年良馬場では掲示板を外しておらず、どこの競馬場でも、どんな展開でも上位争いを演じるだけの力は持っていて、宝塚記念の7番人気は今思えば低評価でした。
    前走・天皇賞・秋での5着は休み明けで距離不足だったにもかかわらず0.4秒差に迫ったもので及第点と言える内容。その後のジャパンCを筋肉痛で直前に回避したのは気になりますが、追い切りの動きを見る限り影響はなさそうで、春秋グランプリ制覇の準備は整ったと見てよさそうです。

     

    ◎15 シュヴァルグラン

    ○14 キセキ

    ▲12 レイデオロ

    △3 モズカッチャン

    ×8 ブラストワンピース

    ×11 ミッキーロケット

     

    買い目は◎の単勝と、◎からシルシの各馬への馬連流し5点。オジュウチョウサンとスマートレイアーの応援馬券も買いますよ。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     今回のダウジングでの 競馬予想は有馬記念を予想して みたいと思います。
    • 御気楽猫生活2
    • 2018/12/23 3:32 AM