calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

朝日杯フューチュリティS予想 byびぜんや

0

    日本漢字検定協会が発表する今年の漢字が「災」と発表されましたが。
    こちらも恒例になりつつある私の今年の競馬ライフを漢字1文字にまとめてみたいと思います。


    一昨年は「撃」、昨年は「逆」と来て、私の今年1年の競馬ライフを表す漢字1文字は、

    ……………………「」でした。

    いうまでもなく競馬収支がまっかっかの大赤字だった、ということなんですが。
    春のG汽轡蝓璽困任蓮■裡硲縫泪ぅ襭辰9番人気のレッドヴェイロンに◎を打ち、馬連枠連を買って3着。続くヴィクトリアマイルが7番人気・レッドアヴァンセに◎を打ち、単勝馬連枠連と買い込んで見せ場たっぷりの3着、そしてオークスは11番人気の穴馬・レッドサクヤに夢を託して健闘も4着。「レッド」の馬に夢を見せてもらい、そして泣かされた春となりました。
    夏には予想バトルで赤っ恥の9連敗。
    しかしいいこともありまして、新潟の直線競馬・飛翼特別では内の赤枠13番人気・ジョーカナチャンが大激走して万馬券をゲット。
    夏には真っ赤な名鉄電車に乗って中京競馬場に行き、名鉄杯を観戦、生ファンファーレも間近で聴いてきました。

    さて、来年はどんな1年になりますか。
    とりあえず「黒」字にしたいですねぇ。

     

    ◎はアドマイヤマーズ

    デビュー戦ではのちに新潟2歳Sを勝つケイデンスコールとの接戦を制してV。続く中京2歳Sではエイシンゾーン以下を3馬身突き放して圧勝。
    そして前走・デイリー杯2歳Sでは意表を突く逃げの手に出ると、メイショウショウブとのマッチレースに。直線では一旦前に出られるシーンもありましたが、内から差し返す勝負根性を見せ、無傷の3連勝で重賞ウイナーとなりました。
    差しに回れば力強く、逃げれば渋太いタフさがあり、コースも展開も選ばない完成度の高さがセールスポイント。阪神外回りでの瞬発力勝負にも対応可能ですし、いざとなれば自分でレースを動かすことも可能です。
    競り合いの強さに期待して、ここはこの馬に託します。


    ○はグランアレグリア
    新馬戦で、のちに阪神ジュベナイルフィリーズを制するダノンファンタジーに2馬身差をつけて快勝して見せた大器。
    続く前走・サウジアラビアロイヤルCでは、出負けしながらも番手までポジションを上げ、直線では持ったままで先頭に躍り出ると、あとは後続との差が開く一方の圧勝劇。まったく底を見せないまま阪神に乗り込んできます。
    今回は初めての長距離輸送、さらに初めての右回りで相手強化と、人気ほど信頼がおけないような気もしますが、あっさり勝たれてもおかしくない怪物の卵。
    近年のこのレースは初芝のアジアエクスプレスが勝ったり、新馬戦上がりのリオンディーズが勝ったりと、規格外の怪物が出てくるレースになっていますから、牝馬のこの馬が歴史の扉をこじ開けても驚きません。


    ▲はアスターペガサス
    函館2歳Sでは残り1ハロンで9〜10番手という絶望的な位置からエンジンを点火させ、一気にライヴァルを抜き去って見せた夏の一番星。あの瞬発力を見れば、阪神マイルが合いそうなイメージが持てます。
    前走・京王杯2歳Sでは5着に敗れていますが、この時は休み明けで太目残り。しかも向正面では前に壁を作れず折り合いを欠いて行きたがり、直線では外々を回らされて伸びあぐねる形で、力を発揮できませんでした。
    今回は一度使ったことでガス抜きした効果と、内枠を引いたことで折り合いはつけやすくなるでしょうし、馬体も絞れてくるはず。
    長距離輸送のあった東京から地元・関西に戻るのも好材料で、一発の期待が持てます。


    △はファンタジスト
    前フリで名鉄杯を見に行ったと書きましたが、その日の中京新馬戦を勝ったのがこの馬。人気を背負って好位から抜け出す正攻法の競馬で派手さはありませんでしたが、のちに4頭が勝ち上がり、うち2頭がオープンに昇級する好メンバー相手の白星でしたから、中身は濃かったと言えるでしょう。
    続く小倉2歳Sでも好位から鋭く伸びて早々に重賞初勝利をマーク。続く前走・京王杯2歳Sでは控える競馬から内に進路を取り、迫るアウィルアウェイを抑えて3連勝を飾りました。
    スプリント戦でも先行できる俊足と、控えても先行しても最後はしっかり伸びる末脚は大きな武器。東京千四を難なくこなした前走の内容を見ればマイルも守備範囲といえそうで、上位争いの一角と見ます。


    ×はエメラルファイト
    札幌2歳Sでは発馬で後手を踏み、道中では外々を回りながら幼さを見せるなんともロスの多い競馬。それでもこのレースと東スポ杯2歳Sを連勝するニシノデイジーや、のちの京都2歳S勝ち馬・クラージュゲリエら好メンバーと差のない4着に入り、ポテンシャルの高さをうかがわせました。
    続く前走・アイビーSでもクロノジェネシスの2着に入っている実力の片鱗をうかがわせ、1勝馬の身でありながらG気望茲蟾んできます。
    ラストに脚が上がりかけた前走の内容を見れば、新馬勝ち以来となるマイルに戻るのはプラス材料。大外枠を引いてしまいましたが、内の各馬を見ながらスムースに立ち回ることが出来るなら悪くはありません。
    正直アタマのイメージは沸きませんが、この人気なら抑えておきたい実力者です。


    もう1頭の×はケイデンスコール
    デビュー戦では◎アドマイヤマーズと接戦の末、差し返される形で2着に惜敗しましたが、上がりは最速の33.1秒をマーク。
    続く未勝利戦では上がり最速33.7秒をマークして勝ち上がり、新潟2歳Sでは稍重馬場にもかかわらず33.1秒の最速上がりを計時してタイトルを奪取しました。
    休み明けということで重いシルシは回せませんでしたが、3戦連続で最速上がりをマークしている末脚は大きな武器ですし、阪神外回りでその威力は倍増しそう。
    デビュー戦以来のリヴェンジなるか、注目です。


    ◎6 アドマイヤマーズ
    ○2 グランアレグリア
    ▲3 アスターペガサス
    △14 ファンタジスト
    ×11 ケイデンスコール
    ×15 エメラルファイト


    買い目は◎からの馬連流し。○▲のタテ目も抑えた計6点。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     今回のダウジングでの 競馬予想は朝日杯FSを予想して みたいと思います。
    • 御気楽猫生活2
    • 2018/12/16 3:27 AM
    <朝日杯フューチュリティステークス> ◎02グランアレグリア 〇05マイネルサーパス ▲06アドマイヤマーズ △14ファンタジスト 馬連 2>>>5、6、14 流し馬券 コメント: 阪神ジュベナイルフィリーズを快勝したダノンファンタジー
    • ノースさんの競馬日記
    • 2018/12/16 9:00 AM