calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

ジャパンC 先取り展望

0

    マイルチャンピオンシップ 実際の買い目
    【月見亭】複勝 2 三連複軸2頭流し 2,14−総流し
    【びぜんや】単勝 3,11,13,17 複勝 3,11,13,17 枠連流し 2−3,8 馬連流し 3−1,2,6,7,8,13,14,15,17 ワイドボックス 3,11,13,15,17 三連複軸2頭流し 3,13−1,2,6,7,8,11,14,15,16,17,18


    月見亭「最内で引き絞った弓を 一気に放って貫いた!」
    びぜんや「マイルCSを勝ったのはステルヴィオ。スタートを決めて好位で流れに乗り、最後は内を衝いて抜け出した」
    月見亭「結局内枠から1番、2番、3番の順でゴール。内をのロスなく立ち回った馬が上位を占めたわね」
    びぜんや「戦前からオッズが割れていて、結果も1着から13着までが0.5秒差に収まる大激戦。こうなるとロスなく立ち回れる馬にアドヴァンテージがあるよね。ステルヴィオは2歳の頃は大味な競馬が目立っていたが、今回はスタートを決めてスムースに立ち回れた、これは大きかった」
    月見亭「去年は大外枠の3歳馬、今年は最内枠の3歳馬の勝利。ビュイック騎手はこれがJRA・G欺蘊〕になった」
    びぜんや「実力伯仲のメンバーで、2キロの斤量差は大きなアドヴァンテージになる。ビュイックもうまく馬をエスコートして、内が開いた時に瞬発力をフルに引き出していた。巧いね」
    月見亭「だけどこれでマイル界に新王者誕生、とまではいかないわね」
    びぜんや「マイルはこれで4戦2勝、2敗はともにダノンプレミアムに完敗したもの。宿敵が帰って来た時、それを破ってこそ新王者誕生と宣言できるだろう」
    月見亭「2着は私の◎ペルシアンナイト。勝ち馬の後ろで競馬して、最後は内を伸びたけれどアタマ差捉え切れず」
    びぜんや「直線で不利も受けていたしね。勝ち馬と同じ競馬をしたけれど、ポジション取りの1列の差が、最後の最後に明暗を分けた」
    月見亭「3着はキミの◎アルアイン。好発を決めて見せ場も作ったけれど……」
    びぜんや「マイルに来ても詰めの甘さは変わらなかったなぁ。勝ち馬より前で競馬した馬が軒並みふた桁着順に沈んだ流れを考えれば大健闘なんだけれど」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(×◎▲)でハズレ、馬券は三連複2頭軸の片割れ・エアスピネルが10着に敗れて、ペルシアンナイトの複勝がかすったのみ」
    びぜんや「僕は(−×◎)でハズレ、馬券は痛恨の馬連軸馬3着で、アルアインの複勝が当たっただけだ」
    月見亭「さて来週は4週間ぶりに東京へG気帰ってくる」
    びぜんや「府中の杜へ海外の精鋭を集めてジャパンC!」

    月見亭「精鋭を集めてと言ってはみたもの、今年の海外馬は2頭とちょっと寂しい頭数。量はそれとして、質はどうなのかな」
    びぜんや「愛国のカプリは昨年のセントレジャー勝ち馬で、今年の凱旋門賞で5着という、欧州中距離級の一線級だ。名門・オブライエン厩舎が送り込んできたGalileo産駒」
    月見亭「もう一頭の外国馬も芦毛なんだね」
    びぜんや「サンダリングブルーは英国調教馬。スウェーデンのストックホルム国際Cを勝ち、カナダのカナディアン国際を2着してここにやってくる国際派だが、欧米のトップクラスのレースとは言えず、格下感は否めないかね」
    月見亭「迎え撃つ日本の大将格は三冠牝馬アーモンドアイ。3歳牝馬が日本の大将格というのはなかなかないけれど、あの切れ味ならここも易々突き抜けそうな規格外の爆発乙女」
    びぜんや「昨年の覇者・シュヴァルグラン連覇を狙う。春の天皇賞でもクビ差の2着に入っていて6歳の今年も力は健在。外国馬にも3歳牝馬にも王座は渡さない」
    月見亭「サトノダイヤモンドは京都大賞典で1年半ぶりの勝利を挙げて復活宣言。引き続きの2400m戦で金剛の才能がほとばしる!」
    びぜんや「大阪杯の勝ち馬・スワーヴリチャードは、天皇賞・秋で後手を踏み万事休す。ひと叩きしたここに再起をかけての登板だ」
    月見亭「天皇賞で逃げて見せ場たっぷりのレースをしたのがキセキ。さらなる距離延長はもちろんプラス、菊花賞馬の復活を期待」
    びぜんや「一昨年のダービー馬・マカヒキは不振の昨年でもこのレースで4着に入っていた。得意のコースで復活の雄叫びを上げる」
    月見亭「ノーブルマーズは宝塚記念12番人気3着、目黒記念で10番人気2着というミスターダークホース。得意の府中で嵐を呼ぶか」
    びぜんや「サトノクラウンは宝塚記念と香港ヴァーズを勝っている実力者。名うての重巧者だけに、ひと雨降ればそれが復活の呼び水となる」
    月見亭「ウインテンダネスはアルゼンチン共和国杯を逃げて4着。ここは展開の鍵を握る存在になりそう」
    びぜんや「ホッカイドウ競馬から参戦のハッピーグリンにも注目。日経賞の勝ち馬・ガンコもそろそろ目覚めていい頃だ」
    月見亭「穴は無冠の帝王・サウンズオブアースに、大阪杯5着の素質馬・ミッキースワロー
    びぜんや「一方京都のメインは京阪杯」
    月見亭「シルクロードS15番人気3着、フミノムーンがまたしても嵐を呼ぶ」
    びぜんや「このメンバー相手ならワンスインナムーンのスピードが一枚上だ」


    予想成績:月見亭2勝3敗3分
    月見亭 (×◎▲)想定回収率 -6,780円・72.7%
    びぜんや(−×◎)想定回収率 -7,630円・69.2%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック