calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

JBC3競走予想 byびぜんや

0

    今週はもりだくさんなので前フリなしで。

    なお、予想バトルの対象レースはJBCクラシックになります。

     

    ■JBCクラシック予想

    ◎14 オメガパフューム
    青竜SではのちのレパードS勝ち馬・グリム、ヒヤシンスS勝ちの素質馬・スマハマと僅差の3着に入っていた素質馬。加古川特別で古馬を一蹴して臨んだJDDでは、のちの南部杯勝ち馬・ルヴァンスレーヴの決め手に屈しましたが、3頭による2着争いを制して連対し、G亀蕕稜塾呂鮓せました。
    前走・シリウスSでは芝スタートで立ち遅れ、外々を回らされる厳しい形になりながらも、力づくで古馬を捩じ伏せてV。勢いに乗ってここに乗り込んできました。
    ダートスタートになる今回は前走ほど厳しい展開にならないでしょうし、右回りでコーナー4つのコースは【4,1,0,0】のパーフェクト連対とベストの条件。前走を叩いた上澄みも見込めますし、跳びの大きい馬だけにごちゃつかない外枠も好材料。この世代の強さは南部杯でルヴァンスレーヴが証明していますし、展開も向きそう。
    3歳馬の偉業達成に賭ける価値は十分にあります。


    ○4 サンライズソア
    春に今回と同じ舞台で行われた平安Sを逃げ切り勝ち。その前には名古屋1900mで行われた名古屋大賞典でも逃げ切り勝ちを収めており、この1900mという中途半端な距離では2戦2勝と自信を持っています。
    前走・シリウスSでは外枠からハナを取り切れず、末が甘くなっての3着。とはいえ、休み明けでトップタイのハンデを背負って0.3秒差ですから悲観する内容ではありませんでした。
    今回は同型がいますが、内枠を引きましたから好ポジションを取ることが出来そう。前走や4走前の仁川Sのように、行ききれなくても粘れるタフさがありますから、大きく崩れることはないと見ます。


    ▲8 ケイティブレイブ
    3歳時には兵庫CSでゴールドドリームを下し、JDDで2着に入っていた実力者。
    4歳の昨年に帝王賞を勝ってG欺蘊〕を挙げ、5歳になった今年は川崎記念でG毅仮〔椶鬟沺璽。さらにダイオライト記念と日本テレビ盃を勝ち、帝王賞2着とすっかり交流重賞の顔になっています。
    一方で今年のフェブラリーSでは見せ場なく11着に沈んでおり、中央では2年半以上勝ち星から遠ざかっていて、ここが悩みどころ。
    とはいえ、ここ京都の500万条件を逃げ切った戦歴がありますし、レパードSで2着、昨年のチャンピオンズCで0.3秒差4着など中央重賞での好走実績も多数ありますから、適性がないとまで決めつけるのは危険でしょう。
    叩き台の前走・日本テレビ盃を楽勝して見せたポテンシャルには、やはり警戒が必要です。


    △15 テーオーエナジー
    穴で面白そうなのがこの馬です。
    前走・グリーンチャンネルC14着が嫌われたか大きく人気を落としていますが、この時は休み明け+発馬で後手+距離が短すぎ+初の左回りと悪条件が重なったもので完全無欠に度外視可能。【1,1,1,0】の京都、走り慣れたコーナー4つのコースに戻って、2走目の上積みが見込めるとなれば大きく前進が期待できますし、前走で短距離戦を使ったことがカンフル剤になる期待も持てます。


    この馬も強力世代との呼び声高い3歳馬の一角で、兵庫CSでは後続を5馬身千切り、JDDでは目標にされる形になりながら◎オメガパフュームからは0.2秒差の5着に踏ん張っていた実力者。
    3歳馬のワン・ツーという結末で波乱が起きても、驚きません。


    ×は長休明けでも力を侮れない16 クリソライトと、京都巧者の実力馬・12 アポロケンタッキーを指名します。

     

    JBCスプリントとJBCレディスクラシックの予想はこのあとに。

    ■JBCスプリント予想
    ◎14 モーニン
    1200mに初挑戦となった前走・コリアスプリントで、追走に苦労しながら地元のファイトヒーローを競り落としてV、というのは評価が難しいところですが、3走前のコーラルS勝ちは確実に評価できます。
    58.5キロの斤量を背負いながら、末脚を炸裂させて大外一気。フェブラリーS勝ちの実績はありますが、より短い距離で末脚を爆発させる競馬がこの馬には合っていることを再確認させてくれました。
    今回はこの距離2回目での慣れが見込めますし、スピード自慢の逃げ馬が揃って流れは速くなりそう。そうなれば、阪神Cで33.7秒の上がりをマークしたこともある自慢の末脚を炸裂させて直線一気、のシナリオが描けます。


    ○13 レッツゴードンキ
    春は距離が長く敷居が高いと思われたフェブラリーSで見せ場を作り5着、続く高松宮記念ではファインニードルとクビの上げ下げの接戦に持ち込んで2着。
    なら、ダートの1200mなら……? という期待を抱いてしまいます。
    大阪在住当時よく軸にしていたのでよく覚えていますが、母・マルトクは「京都最終レース・ダート1200m/1000万下」で活躍していた砂の快速牝馬。この舞台でその遺伝子が覚醒する可能性は十分にあると見ます。
    前走も5着とはいえ後方から最速上がりをマークしており、力は健在。芝・ダートダブルG祇覇も夢ではありません。


    ▲5 マテラスカイ
    とにかく前々走のプロキオンSが圧巻。
    スピードの違いでハナに立つと、直線では後続との差を広げる一方。地力で1分20秒3のスーパーレコードを叩き出して見せたのですから、吃驚しました。
    それだけに前走・東京盃4着は負けすぎな気もしますが、休み明けでプラス18キロの馬体増、地方の深い砂に加え落鉄までしていたとあっては度外視可能。今回は逆襲濃厚と見ます。
    理想は脚抜きのいい馬場だけに、良馬場では能力全開とまではいかないでしょうが、速力の違いは明らか。スムースに先行できれば圧勝まであると見ます。


    △12 ラブバレット

    岩手競馬予想ブログの本紙として、この馬に期待しないわけにはいきません。

    ここまで交流重賞勝ちはありませんが、北海スプリントCではあわやのシーンを作りましたし、クラスターCで3着、昨年暮れの兵庫ゴールドTで2着など、交流重賞での好走歴も豊富。昨年の根岸Sでは先行策から見せ場たっぷりのレースをしていて、中央の砂にも対応可能な速力を秘めています。

    盛岡・クラスターCでの好走がおなじみでサウスポーのイメージがありますが、前述の通り右回りでの好走歴もありますし、先行脚質だけに粘り込みを図れる直線平坦な京都は向いているはず。この距離で馬券を外したのは東京スプリント6着の1回きりで、しかもこの時は不本意な待機策に回りながら37.4秒の上がりを使って追い上げていますから、距離適性は相当高いと言えます。

    メイセイオペラで中央G祇覇を成し遂げた菅原勲が送り出す岩手のスーパーエースが、淀で輝く瞬間を夢見たいと思います。


    ×は最内枠から立ち回りひとつで・1 ネロと、前哨戦を力強く勝ち切った4 キタサンミカヅキを指名します。


    ■JBCレディスクラシック予想
    ◎10 プリンシアコメータ
    前哨戦のレディスプレリュードでは好位追走から強気に進出し、最後は外からブランシェクールに並びかけられながらももうひと伸びしてV。着差以上に強い競馬を見せてここに乗り込んできました。
    京都では平安S11着があるだけですが、この時は不得手な脚の抜きのいい馬場で、逃げた勝ち馬・サンライズソアをマークする形になり、逆に脚を使わされたもの。今回はこの馬向きの良馬場になりそうですし、牝馬同士のレース。同じ轍を踏むことはないでしょう。
    良馬場なら5連続連対中と崩れていませんし、今回はヨーイドンの競馬は避けたいこの馬向きの流れになりそう。坂の下りを利用して進出でき、直線平坦な京都ならこの馬の渋太さが生かせるはずで、期待が持てます。


    ○4 ラビットラン
    昨年のローズSでは豪快な直線一気を決めて重賞初制覇を飾り、続く秋華賞でも4着。Tapit産駒が芝でここまで走れるのかと驚かされました。
    言い換えれば、やはりこの馬の適性はダートにあるということ。
    京都ダート1400mの新馬戦では現準OPのスズカフリオーソを7馬身千切った実績がありますし、ダート再転向2戦目となった前走・ブリーダーズGCでは◎プリンシアコメータを4馬身突き放して交流重賞初制覇を飾っており、父譲りの高いダート適性を示しています。
    このクラスの中央ダートでどこまでやれるかは未知数ですが、軽いダートなら持ち前の速力を生かせそう。秋華賞で届かなかったビッグタイトルも、ここなら有望です。


    ▲3 クイーンマンボ
    昨年のレディスプレリュードでは、ホワイトフーガ以下を8馬身千切って世代交代を高らかに告げましたが、古馬になった今年は4戦して未勝利と案外。それでも今回と同じ舞台で行われた平安Sではサンライズソアの2着に入っており、素質の片鱗を示していました。
    連覇が期待された前走・レディスプレリュードで見せ場なく7着に敗れているのは、大外枠から始終外々を回らされる苦しい形になったにしても案外でしたが、その1戦だけで見限るのは危険。
    中央ダートでは未だに連を外しておらず、ここも上位争いに食い込んでくる可能性は十分と見ます。


    △11 リエノテソーロ
    不気味なのはこの馬。
    2歳時にはエーデルワイス賞と全日本2歳優駿を連勝し、明けて3歳になると芝に転じてNHKマイルCではアエロリットの2着。速力とパワーを兼ね備えた二刀流牝馬です。
    とにかく課題はそこからの1ハロン延長。前走・レディスプレリュードで見せ場なく9着に大敗しているだけに距離適性に対して悲観的になる気持ちも分かりますが、この時は休み明けで461キロと自己最高の馬体重、行き脚つかずに不慣れな中団からの競馬となっての敗退ですから、情状酌量の余地はあります。
    コーナー4つのコースは問題ありませんし、軽い砂で直線平坦な淀でスムースに先行できれば粘れるはず。
    注文はつきますが、実績と人気を天秤にかければ、抑えておきたい実力者です。


    ×は京都巧者の2 フォンターナリーリと、前哨戦で◎に肉薄した大井からの刺客12 ブランシェクールを指名します。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     今回のダウジングでの競馬予想は JBCクラシックとJBCスプリントを予想して みたいと思います。
    • 御気楽猫生活2
    • 2018/11/04 12:28 AM