calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

JBCクラシック 先取り展望

0

    天皇賞・秋 実際の買い目
    【月見亭】複勝 8 三連複軸2頭流し 5,11−総流し
    【びぜんや】単勝3,7 馬連流し 7−3,4,5,6,8,9,10 3−5,10 三連複 3−7−10


    月見亭「最強世代のダービー馬が、黄金の秋陽を浴びて王座に復帰!」
    びぜんや「天皇賞・秋の勝ち馬はレイデオロ。道中は中団待機から直線は外に持ち出して進出。力強く後続を1馬身半突き放し、完勝で盾をものにした」
    月見亭「馬は前走勝ちで自信を取り戻し、ルメール騎手は3週連続G祇覇、藤沢和師は天秋6勝目。勝ち方を知る男たちがプロフェッショナルの仕事をしたって感じね」
    びぜんや「川田騎手がうまくレースを組み立てたところを、力でねじ伏せるような勝利。ライヴァルと目されたスワーヴリチャードが出遅れたというのもあったが、まぁ、やっぱりモノが違ったってことかね」
    月見亭「2着は最速上がりをマークしてサングレーザーが突っ込んだ」
    びぜんや「縦長で淀みのない流れ、瞬発力を生かすには向いているとは言えない流れになったが我慢して脚を溜めて弾けさせたね。距離適性、コース適性から考えればこれ以上を望むのは酷だろう」
    月見亭「逃げたキセキが粘って3着」
    びぜんや「すんなりハナを奪い、11秒台のラップを並べて押し切りを図ったが、上位2頭の切れ味に屈した。とはいえ、2戦連続で中距離で先行して結果を残したことで、今後の選択肢は確実に広がったね。グランプリの台風の目になりそうだ」
    月見亭「キミの◎アルアインはそこから1馬身遅れて4着」
    びぜんや「好位から積極的に進めたが、キセキがしぶとく、脚を使わされている間に切れ味のある2頭にやられてしまった。プランは悪くないんだけど、逃げ馬が思ったより強かったのが誤算だったね」
    月見亭「私の◎スワーヴリチャードは発馬で致命的な後手を踏み10着」
    びぜんや「スタートでマカヒキに寄られ、戦意を喪失してしまったね。もともとスタートに課題のある馬ではあったが……」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(△−×)でハズレ、馬券もハズレ。ダンビュライトの返還があっただけだわ」
    びぜんや「僕は(××▲)でハズレ、馬券も同じく、だ」
    月見亭「さて来週は、例年通りなら秋のG汽轡蝓璽困両休止週なんだけど」
    びぜんや「今年は京都を舞台に地方競馬の祭典・JBC競走だ」
    月見亭「JBCスプリント、JBCクラシック、JBCレディスクラシックとG毅涯チを実施。昔、ジャパンCとジャパンCダートを同日にやったことがあるけれど、G亀藏チを同日に3つやるというのは、中央競馬では初めて」
    びぜんや「地方競馬の祭典を中央でやるというのもウルトラCというかコロンブスの卵というかだよなぁ」
    月見亭「さて、問題はどれをやるかだけど」
    びぜんや「個人的にはスプリントが面白そうなんだけど、ここはまぁ、第11競走に組まれたクラシックを予想するのが順当だろうね」

    月見亭「フェブラリーSを勝って“JRAダートG鞠間三冠”の挑戦権を唯一保持しているのがノンコノユメ。ここ2戦は地方競馬場で度外視、京都で破壊力満点の末脚が炸裂する」
    びぜんや「トライアルの日本テレビ盃を制してここに来るのがケイティブレイブ。交流G毅仮,亮体麓圓覆ら、実は中央ダートではレパードS2着が最高。ここを克服して、悲願の中央G騎佑蠅鮴し遂げるか」
    月見亭「サウンドトゥルーは昨年、大井のJBCクラシックを制していて、ここは連覇に挑むことになる。今年も帝王賞で3着に入っていて、8歳になっても力は健在」
    びぜんや「3歳の若武者オメガパフュームはシリウスSで古馬を撃破してのG議戦。相手は強くなるが、底を見せていない魅力は大きい」
    月見亭「同じ舞台の平安Sを快勝しているのが、サンライズソア。関西のダートでは馬券を外していない浪花の快男児が、先行力を武器にビッグタイトルを狙う」
    びぜんや「アポロケンタッキーは休み明けの日本テレビ盃を2着に好走し、上昇気流に乗る。京都はみやこSで重賞初勝利を飾った縁起のいいコースだ」
    月見亭「マーチSの勝ち馬・センチュリオンは白山大賞典をひと叩きしてここへ。右回りでは崩れていないし、立ち回りの巧さを生かせれば」
    びぜんや「ミツバは盛岡のマーキュリーCで連覇を達成。逃げ差し自在なトリックスターが歴史的レースで波乱を起こす」
    月見亭「クリソライトは13年金沢、14年盛岡、15年大井、16年川崎のJBCを経験しているJBCの生き字引。14か月の休み明けは楽じゃないけれど、歴戦の古兵の意地に期待」
    びぜんや「愛知のカツゲキキトキト、兵庫のタガノゴールド、浦和のシュテルングランツ。地方から挑む3頭が中央勢相手にどんな戦いを演じるか」
    月見亭「穴は昨年のチャンピオンズC2着馬・テイエムジンソクに、隠れた京都巧者・マイネルバサラ
    びぜんや「ほかの2競走もさくっと展望」
    月見亭「スプリントは芝砂二刀流の2頭、ネロとレッツゴードンキに注目」
    びぜんや「プロキオンSで驚愕のレコードを叩き出したマテラスカイに、韓国で復活の狼煙を上げたモーニン。もちろん岩手のラブバレットも応援するぞ」
    月見亭「レディスクラシックはブリーダーズGCを圧勝したTapit産駒のラビットランに、前哨戦を制したプリンシアコメータ」
    びぜんや「平安S2着のクイーンマンボもここなら足りるはず。リエノテソーロは1ハロン延長をこなせれば」


    予想成績:月見亭1勝2敗2分
    月見亭 (△−×)想定回収率 +2,050円・113.2%
    びぜんや(××▲)想定回収率 -3,980円・74.3%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック