calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

秋華賞 先取り展望

0

    毎日王冠 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 5,9総流し
    【びぜんや】単勝6,13 複勝 6,13 馬連流し 9−2,4,5,6,7,12 ワイドボックス 6,12,13 三連単フォーメーション 9→2,5,6→2,4,5,6,7,12


    月見亭「末脚自慢を黙らせて芦毛の超特急がここに戴冠!」
    びぜんや「毎日王冠を勝ったのは僕たちふたりの◎アエロリット。スタートを決めてハナを奪うと、そのまま淀みのないペースでひとり旅。上がりを33.8秒でまとめ、後続に何もさせなかった」
    月見亭「スタートを決めて向正面に出たところでもう勝負あり、という感じだったね。さすがBCマイルを目指すと豪語していただけのことはある」
    びぜんや「1分44秒5の勝ち時計も速い。飛行機の都合がつかなかったのが悔やまれるなぁ。次はマイルCSだそうだが、ここでも中心を張れるだろう」
    月見亭「焦点は2着争いになって、ここは後方から33.2秒の最速上がりをマークしたステルヴィオが制した」
    びぜんや「開幕週の高速馬場に助けられ、前に行った馬が上位を占める中、連対圏に突っ込んだのは高く評価できる。心身ともに次への上積みが見込め、次走が楽しみだ」
    月見亭「3着は2番手追走のキセキ」
    びぜんや「仕上がり途上でこの距離がどうかと思ったが、この速い馬場で難なく2番手を追走し、秘められたスピードの一端を示した。こちらも次走の上積みが期待できるし、この距離、この時計で一定の結果を残したのは大きい」
    月見亭「というわけで今日の結果。私は(◎○×)で単勝・馬連・三連単のトリプル的中。馬券も三連複が的中。できれば人気薄のステファノスが3着に来てほしかったけど」
    びぜんや「僕は(◎▲−)で単勝・馬連的中、馬券も馬連的中で、三連単は痛恨のヒモ抜けだ」
    月見亭「ふたりの◎がカブって勝つなんて久々だねぇ」
    びぜんや「ミッキーアイルのシンザン記念以来かな。“ふたりの◎がカブるとその馬は勝てない”というジンクスがあって、最近はカブらせないようにしてたけど」
    月見亭「そのジンクスを破ったアエロリツトは強い……」
    びぜんや「さて、来週は京都で秋華賞」

    月見亭「断然の中心は牝馬三冠を目指すアーモンドアイ桜花賞オークスともに33.2秒と言う破格の上がりを使って完勝」
    びぜんや「小回りの京都が課題になるけれど、あの爆発力をもってすれば内回りでも関係ないはず。休み明けでも実績があるしここは逆らい難い」
    月見亭「2歳女王ラッキーライラックが、三冠最後のレースでの復権を狙う。父譲りの爆発力と成長力で、二冠牝馬を凌駕できるか」
    びぜんや「トライアルのローズSを完勝したのがカンタービレ。中山のフラワーCも勝っていて、小回り攻略には自信あり。自慢の先行力で勢力逆転を狙う」
    月見亭「プリモシーン関屋記念で古馬を撃破。異色のステップでこのレースに挑む夏の一等星、距離を克服できれば金星も見えてくる」
    びぜんや「ローズS2着のサラキアは白百合Sでメイショウテッコンの2着という戦歴あり。前走同様スムースに回って来られれば末脚はひけを取らない」
    月見亭「8馬身差、3馬身半差、3馬身半差。北海道を舞台に圧勝劇の連続で、一気に3連勝したのがミッキーチャーム。北から来た極大惑星が実績馬を呑み込むか」
    びぜんや「桜花賞4着のトーセンブレスにとって、距離延長はプラスになるはず。末脚を溜めて逆転に駆ける」
    月見亭「ラテュロスはローズSで立ち回りの巧さを見せた。ここも伏兵の立場だけれど、いかにも京都内回りが合いそうで侮れない」
    びぜんや「紫苑S組からは3着のランドネ。早くから中距離に拘って使われてきた経験が生かせれば」
    月見亭「穴はローズSで怒涛の追い込みを見せたウラヌスチャームに、ひと叩きしての一変が期待できるオールフォーラヴ
    びぜんや「叩き良化型・パイオニアバイオの前進に期待。相手なりの走りを見せるゴージャスランチも気になる」
    月見亭「良馬場で逆襲を狙うリュヌルージュ、前走が強い内容だったディープインパクト産駒・サトノガーネットも気になる」
    びぜんや「東京では冬の大舞台を見据えた東京ハイジャンプが」
    月見亭「ここは好調・アズマタックンのさらなる前進に期待」
    びぜんや「小倉サマーJでアップトゥデイトに土をつけたヨカグラにとっては真価を問われる一戦だ」


    予想成績:月見亭1勝1敗
    月見亭 (◎○×)単勝・馬連・三連単的中! 想定回収率 +4,870円・178.6%
    びぜんや(○▲−)単勝・馬連的中! 想定回収率 -1,160円・81.3%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック