calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

岩手競馬・マイルチャンピオンシップ南部杯予想 byびぜんや

0

    オーロパーク盛岡競馬場に照明塔がつき、今年のマイルチャンピオンシップ南部杯は薄暮開催というか、実質殆どナイターで行われます。
    先週の薄暮開催ではモヤも出ていたのか、長い引き込み線奥のスタート地点がちょっと見にくいようでしたが。まずは良好な滑り出し。この季節でも中央開催のあとに馬券が買えるというのは、楽でいいですね。
    盛岡競馬場は完全無欠の山中にあるので、ナイター照明がついた様はちょっとスキー場っぽいというか、山中にこつ然と現れた不夜城という趣になりそうで、現地に行って見てみたい気がします。
    ただ、北東北のこの時期、日暮れ過ぎはかなり冷えそうですが。


    ◎7 ゴールドドリーム
    昨年はフェブラリーS、チャンピオンズCの中央ダートG気鬟灰鵐廛蝓璽箸靴唇貶で、地方・海外のダートでは連対も果たせずに終わりましたが、今年はフェブラリーS連覇こそ逃したものの、かしわ記念、帝王賞と交流G気鯱⊂ さらにパワーアップして1年ぶりの盛岡にやって来ました。
    今年に入っての充実度を見れば、昨年5着に敗退と同じ馬と見るのは危険。その昨年も、ゲートで大きく立ち遅れ、それでも前残りの流れを最速上がりをマークして追い上げての5着でしたから、力負けではありませんでした。
    休み明けは確かに気になる要素ですが、良馬場で出来そうなのはなにより。フェブラリーSとかしわ記念、ふたつのダートマイルG気鮴したスペシャリストが、残るひとつのダートマイルG汽織ぅ肇襪鮓彁謔勝垢帆世辰討い泙后


    ○12 ルヴァンスレーヴ
    先週のシリウスSを3歳・オメガパフュームが制し、白山大賞典ではレパードSを勝ったグリムが逃げ切って重賞連勝。となるとここはやはり、昨年の全日本2歳優駿と今年のJDDを制したこの馬が気になってきます。
    左回りでは4戦4勝、この盛岡ダート1600mとコース形態の似た東京ダート1600mでもユニコーンS、プラタナス賞の2勝を挙げていて、コース替わりは問題なし。後方待機からのロングスパートを得意技としているだけに、最後に300mの直線と1.5mの急坂を備えた盛岡は決め手を生かすのに絶好の舞台で、3歳馬Vも夢ではありません。


    ▲14 オールブラッシュ
    一昨年の秋、観月橋Sを勝ったあとの昇級戦にいきなり川崎記念を選ぶと、いきなりサウンドトゥルー以下を牽き連れて逃げ切って見せた風雲児。
    その後は交流重賞を中心に使われ、勝ったり負けたりというか負けたり負けたりの成績が続いていますが、地方の左回りに限れば【1,1,1,0】。前々走・かしわ記念でもノンコノユメやモーニンら実績馬の追撃を退け、2着に粘っています。
    大外枠を引いたのは先行タイプのこの馬にとって痛手ではありますが、有力馬は待機型揃いですし、向正面の長い盛岡なら、好位につけるのは難しくないでしょう。
    川崎での衝撃を、みちのくで再現しても驚きません。


    △1 ノンコノユメ
    3歳時には強烈な末脚を武器に青竜S→ユニコーンS→JDD→武蔵野Sと破竹の4連勝。続くチャンピオンズCとフェブラリーSでも2着に入り、次代のダート王はこの馬だと目されていましたが、去勢すると一転勝ち星から見放され、掲示板がやっとの日々を繰り返していました。
    しかし6歳となった今年、始動戦となった根岸Sで久々に目の覚めるような追い込みを決めて2年2か月ぶりの勝利をマークすると、続くフェブラリーSでも直線一気の荒々しい競馬でV。華々しい復活劇を遂げました。
    前走・かしわ記念では4着に敗れていますが、コーナー4つのコース形態ではもともと良績に乏しく度外視可能。冬の連勝時と同じコーナーふたつのコースに替わって、一変が期待できます。


    買い目は◎からの馬単流し3点。


    ■ おまけ ■ 京都大賞典予想
    ◎9 スマートレイアー/末脚に陰りなし。スローの瞬発差力勝負は大歓迎。
    ○8 シュヴァルグラン/この距離なら崩れない。休み明けどうかだが……。
    ▲2 サトノダイヤモンド/淀の外回りはベストの舞台。復活期す。
    △7 プラチナムバレット/京都G蕎,素蓮リフレッシュなればここでも通用の器。
    ×11 ウインテンダネス/開幕週の馬場味方に先行力生かす。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック