calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

毎日王冠予想 byびぜんや

0

    毎年恒例になりつつありますが。
    日曜日は毎日王冠の観戦に、東京競馬場まで出かけてきます。
    週中は台風の動きが気になっていましたが、どうやら辛うじて逸れてくれそう。その代わりに暑いみたいですが、この春府中に行けなかった分も、しっかり楽しんできたいと思います。
    夕刻からはこれも恒例になりつつある「JAZZ in FUCHU」に友人たちと繰り出す予定。こちらも楽しみで、しっかり弾けて来たいと思います。

    ……凱旋門賞の発走までに帰って来られるかなぁ。


    ◎9 アエロリット
    昨年のNHKマイルCでは早め先頭から後続を突き放し、2着に1馬身半差、3着には4馬身差をつける圧勝劇。つづくクイーンSでは大逃げからそのまま後続に影も踏ませず2馬身半差の逃げ切り勝ち。前走・安田記念ではモズアスコットの強襲に屈したものの、落鉄しながらも粘りの走りを見せ2着。
    先行力とスタミナ、そして後続を突き放す爆発力を備えているのは大きな魅力で、牡馬相手には【2,2,0,0】のパーフェクト連対という負けん気の強さもセールスポイントです。
    春の2戦では落鉄によりパフォーマンスを発揮できなかったため、今回は装蹄方法を変えて臨むとのことで、さらなる前進も期待できそう。鉄砲実績も豊富ですし、脚質的に開幕週の馬場もマッチ。ここは人気でも逆らえません。


    ○6 サンマルティン
    今回のメンバーを見渡すと、有力馬は殆どが夏を休養に充てていた馬。そうなるとここは、夏場使われてきた人気薄を狙いたくなるもの。ここは小倉記念7着からのステップで臨むこの良血馬に注目です。
    前走・小倉記念7着は前が止まらない高速馬場でレースに参加できずに終わっており、完全に度外視。前々走・都大路Sでは重賞勝ち馬6頭に加え、のちに函館記念を制するエアアンセムもいる好メンバーを直線一気であっさり千切っており、能力はここに入っても遜色ないものがあります。
    東京では目下2連勝中でコース替わりも問題なし。小回りの小倉よりははるかに、自慢の切れ味を発揮しやすいはずで、波乱を呼びそうな期待が持てます。


    ▲5 ステルヴィオ
    毎日王冠はどの馬が行くにしても、スローになりそうなメンバー構成。◎アエロリットの脅威となりそうなのは瞬発力に秀でた馬ということになりそうで、ライヴァルにはサンマルティンとともにこの3歳馬を指名します。
    2歳時には2戦続けて直線だけの競馬でダノンプレミアムの2着に入り、スプリングSではその切れ味でエポカドーロを捩じ伏せています。
    皐月賞4着は特殊な馬場、特殊な展開の中最速上がりをマークしてのもので内容は濃かったですし、日本ダービー8着は明らかに距離が敗因。
    適距離に戻る今回は復活が期待でき、開幕週の良馬場を味方に直線一気を豪快に決めるシーンもありそうです。

     

    △12 カツジ
    さて、毎日王冠当日の東京競馬場では「ニッボンの競馬小説展」というのが行われ、宮本輝の「優駿」や松樹剛史の「ジョッキー」、岡嶋二人の「焦茶色のパステル」などの作品が展示されるとのことで活字中毒の私としては気になってしょうがないわけなんですが。
    となると、活字ならぬカツジの存在も気になってしまうわけです。
    デイリー杯2歳Sではジャンダルムの決め手に屈したものの、果敢に先行しケイアイノーテック以下に2馬身半の差をつける2着。NZTでは後方2番手から怒涛の追い込みを見せケイアイノーテックを捉えてVと、のちのG犠,素呂烹嘉戮眄菽紊靴討い觴磴実力者。
    前走・NHKマイルCでは澱みのない流れの中、中団で脚を使わされてしまい、直線では不利もあってケイアイノーテックら後方勢の台頭を許しましたが、本来なら長くいい脚を繰り出せるタイプで、府中のだらだら坂はマッチするはずです。


    ×はNHKマイルCの覇者・2 ケイアイノーテックと、府中千八は俺の庭・7 ダイワキャグニーを指名します。

    買い目は◎からの馬連流し5点。


    ■ おまけ ■ 凱旋門賞予想 byびぜんや

    ◎7 タリスマニック/今年はここを目標のローテ。経験と実績はここでも上位。
    ○10 エネイブル/昨年覇者が始動戦を完勝。態勢万全。
    ▲19 シーオブクラス/3歳牝馬が強いレース。4連勝の勢いも買い。
    △5 ヴァルトガイスト/前哨戦を楽勝。自信を持って臨む。
    ×13 キューガーデンズ/末脚の破壊力は一級品。展開向けば。
    ×12 パタスコイ/相手なりに堅実。好枠から粘り込み図る。
    ×11 ヌフボスク/この舞台に拘り続ける仕事人。流れ向けば。

     

    岩手競馬予想はお休みします。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    <毎日王冠> ◎09アエロリット 〇05ステルヴィオ ▲04サトノアーサー △02ケイアイノーテック 馬連 2‐4‐5‐9 BOX馬券 コメント: 秋の中距離とマイルG1を狙う馬が集結するレースですが 今年は古馬G1勝ちの馬がいないメ
    • ノースさんの競馬日記
    • 2018/10/06 11:55 PM