calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

スプリンターズS予想 byびぜんや

0

    おかげさまで、「週刊萌馬」は今週で開業13周年を迎えることが出来ました。
    いつも足を運んでいただいたいる皆様に、ここからお礼を申し上げます。

     

    記憶が正しければ三連単がようやく売り出されたばかりで、ディープインパクトはデビュー前、阪神には外回りコースがまだなかったころから、大阪、八王子、松本と移りつつ、飽きもせず懲りもせず、夫婦ふたりで続けてくることが出来ました。
    これもひとえに訪れてくださる皆様のおかげと、なんとか健康に生きて来られたからだと思います。
    今後も懲りずに行けるところまで続けていきたいと考えていきますので、お付き合いのほどよろしくお願いします。


    ◎はワンスインナムーン

    テレビユー福島賞、朱鷺Sと連勝して臨んだ昨年は果敢にハナを切ってリードを奪うとそのまま直線へ。一時は後続を突き放し、見せ場たっぷりに粘って見せ、0.1秒差の3着に好走して見せました。
    その後は京都牝馬Sで前崩れの中粘って5着に好走するなどしていたものの、勝ち星からは見放されていましたが、前走・朱鷺Sでは楽にハナを奪うとそのまま後続を引き離してひとり旅。最後まで後続に影を踏ませず悠々逃げ切って見せました。
    稍重馬場での勝ち時計は良馬場だった昨年より1秒短縮した1分19秒7。昨年以上にスピードに磨きをかけ、昨年同様の勢いに乗ってこの舞台に乗り込んできました。
    もともとダッシュ力はありますし、内めの3番枠という好枠を引いて今年も単騎逃げが叶いそう。正直なところ道悪適性はわかりませんが、常識的に考えれば馬場が悪化すれば先行馬に有利になるはずで、昨年以上の好成績を期待したくなります。


    ○はファインニードル
    春の高松宮記念では中団でじっくり脚を溜め、最速上がりをマークして直線鋭く伸びてG欺蘊〕。勢いをかって乗り込んだ香港・チェアマンズスプリントでも、本場の強豪に伍して4着と好走しました。
    その後の目標は当然、春秋スプリントG祇覇。始動戦となった前走・セントウルSでは58キロの斤量、休み明け、大外枠という三重苦をものともせず、52キロのラブカンプーになにもさせずに快勝。夏のローカルで使われてきた組とは能力が違うことを示して見せました。
    昨年も同様にセントウルSを勝ってここに臨みながら12着に大敗しているのは確かに気になる材料ですが、中山千二にも勝ち鞍はありますし、夏の間使い詰めでここに臨んだ昨年と違い、今年は前走からの上積みが見込めるステップでの参戦。昨年の借りを返す可能性は十分です。


    ▲はレッツゴードンキ
    かつての桜花賞馬もすっかりスプリント戦線の常連となり、今度こそ電撃戦のビッグタイトルをと勇躍ここに乗り込んできました。
    フェブラリーSで見せ場を作って5着、高松宮記念でハナ差の惜敗2着、ヴィクトリアマイルで0.4秒差6着と、G気僂り3連戦したこの春の戦績を見れば、6歳になっても衰えていないのは明らか。キーンランドCをひと叩き出来た分、臨戦過程は昨年2着時より上と見ていいでしょう。
    ダートG毅加紊亮太咾發△襯僖錙七燭世韻法道悪になるのも問題なし。馬場が悪化して直線で馬群がバラけるようなら、得意のイン強襲を決めやすくなります。


    △はラブカンプー
    春先までは桜花賞に色気を見せ、紅梅Sで2着、フィリーズレビューでも逃げて見せ場を作るなど好走していましたが、才能開花はスプリント路線に狙いを定めてから。
    葵S2着、アイビスSD2着、北九州記念3着、セントウルS2着と重賞4戦連続で馬券に絡み続ける安定感を見せています。
    直線の新潟、高速馬場の京都・小倉、ゴール前に坂のある阪神と、キャラクターの違うコースでコンスタントに成績を残せるのは高い才能の証明。炎暑の中日本中を転戦しながら馬体を増やし続けており、まだまだ成長の余地があることをうかがわせています。
    今回も同型が多数いますが、むしろ激流で、競り合ってハナを争うほうが持ち味が生きるという鼻っ柱の強いタフガール。G気侶穃はむしろ歓迎です。


    ×はナックビーナス
    前走・キーンランドCでは好発を決めてハナを奪うと、直線では後続を突き放す一方のワンサイドゲーム。ダノンスマッシュ以下に2馬身半の決定的な差をつけて、高松宮記念3着がフロックでないことを示しました。今回も前走に引き続き、雷神・モレイラが騎乗。ダートも重馬場もこなせるタイプでもあり前走以上にパフォーマンスを挙げてくる可能性は十分と見ます。
    中山芝1200mはカーバンクルS連覇、オーシャンS2年連続2着などの戦歴があるベストの舞台。控えても競馬ができるのは高松宮記念でも証明済みで、雷神を背にした女神がどのようにゴールをめがけてくるのか、興味津々です。


    もう1頭の×はセイウンコウセイ
    今年のスプリンターズSは急接近する台風の影響を受けることになりそう。となれば香港から襲来したラッキーバブルズや、重巧者のレッドファルクス、ヒルノデイバロー、スノードラゴンあたりが気になってくるわけですが、とりわけ道悪で浮上しそうなのはこの馬です。
    もともとダートで初勝利を挙げたパワー型で、稍重の発表以上に馬場が悪かった昨年の高松宮記念を完勝。前走・函館SSでは時計のかかる洋芝を味方につけて1年3か月ぶりの勝利を挙げ、勢いを得てここにやって来ました。
    高松宮記念以降は不振続きだったとはいえ、0.6秒以上離されたのはスワンSのみ。着順ほど悪い内容ではないレースを繰り返しており、前走がフロックだということはありません。そこに天が味方するなら鬼に金棒。嵐天を背に受けて、電撃王の座を奪還します。


    ◎3 ワンスインナムーン
    ○8 ファインニードル
    ▲10 レッツゴードンキ
    △8 ラブカンプー
    ×11 セイウンコウセイ
    ×12 ナックビーナス


    買い目は◎△の単複と、◎からシルシの各馬への馬連流し5点。さらに道悪が合いそうなヒルノデイバロースノードラゴンラッキーバブルズレッドファルクスにワイドで流します。


    コメント
    13周年おめでとうございます!
    • こにたん
    • 2018/09/30 12:01 AM
    こにたんさん、ありがとうございます。
    13年経っても進歩の気配が見えないブログですが、今後もよろしくお付き合いお願いします。
    また府中でご一緒しましょう。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    <スプリンターズS> ◎08ファインニードル 〇05アレスバローズ ▲12ナックビーナス △10レッツゴードンキ 馬連 5‐8‐10‐12 BOX馬券 コメント: 台風の接近で重馬場の競馬になるので、 重馬場実績のある馬を狙います。 今年の高松宮記念の
    • ノースさんの競馬日記
    • 2018/09/29 11:25 PM
    台風24号の影響により明日の阪神競馬の開催は中止となったようです。 中山競馬も天候が気になります。 スプリンターズSの本命は、土曜の中山で5勝と大暴れのモレイラ騎手騎乗の◎ナックビーナス。中山芝1200m実績があり、重馬場でも走るので、明日の馬場が悪くな
    • My Sweet KEIBA
    • 2018/09/29 11:28 PM