calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

札幌記念予想 byびぜんや

0

    先週はお台場でコミックマーケットがありまして。
    その後はウインズ汐留に立ち寄って、薄い本を買った残金をあらかた馬券につぎ込んでいました。
    本紙既報の通りエルムSは(−○▲)でハズレ、関屋記念は(×○×)で馬連が的中。そして小倉メインの博多Sでは応援馬券とワイドを買っていたブービー人気のスズカディープが激走して快勝。「少頭数は荒れる」の格言を地で行く結果に思わずにんまりしてしまいました。
    いやー、競馬場や場外で、まわりがお通夜状態になっている中ひとり叫んでいるのは気持ちいいですねぇ。
    おかげさまで、お昼ご飯を月見うどんから味噌ラーメンにグレードアップして、信州に帰ることが出来ました。

     

    ……でも味噌ラーメンはやっぱり信州に限るな。


    ◎8 ネオリアリズム
    一昨年のこのレースでは外枠から先手を奪うと、モーリス、レインボーライン、ヌーヴォレコルトら錚々たる顔ぶれを相手に軽々と逃げ切って見せた異才。
    その後中山記念、クイーンエリザベス二世Cと連勝し、極東の中距離界に確かな足跡を刻んでいます。
    前走・ドバイターフ8着は慣れないナイターでテンションが上がってしまい失速したもので度外視可能、久々の国内戦で巻き返しが期待できます。
    札幌は3戦3勝と好相性、逃げても控えてもレースができ、どこからでも動ける自在性があるのは今回のように曲者の揃ったレースでは大きなアドヴァンテージになります。
    何より大きなアドヴァンテージは、手綱を取るマジックマン、モレイラ騎手の存在。どんな魔法で北都のスーパーG兇離織ぅ肇襪鮹ゲ鵑垢襪里、興味深いところです。


    ○4 マイスタイル
    昨年の日本ダービーでは逃げの手に出て粘りに粘り、レイデオロから0.3秒差、アドミラブルからはクビ差、そしてアルアインをハナ差抑えて4着に激走。今年4月の福島民報杯でもマイネルサージュの2着に好走しています。
    昨年の弥生賞2着以降賞金加算がなかったため、この夏1000万条件まで降級しましたが、降級戦の洞爺湖特別では格下連中をものともせずに2馬身差をつけて逃げ切り、さらに連闘で臨んだ前走・五稜郭Sでは影も踏ませぬ3馬身差の逃げ切り勝ち。たった2週間でオープンに返り咲いて見せました。
    ここまでの戦歴を見れば昇級は形だけと言えますし、近2走を見れば洋芝適性は大。スムースに先手を奪うことが出来れば、G気両鈩▲瓮鵐弌爾燭舛睛動廚砲海稜呂鯣瓦去ることはできません。


    ▲5 マカヒキ
    ディープブリランテ、キズナ、ワンアンドオンリー、ドゥラメンテ、レイデオロ。三冠馬・オルフェーヴルのあとに日本ダービーを勝った馬は、その後G気鮠,討覆い箸いΕ献鵐スにこの馬もハマっているように見えますが。
    昨年のG気鮨兇衒屬譴仟膾綰佞キタサンブラックから0.4秒差の4着、極悪馬場の天皇賞・秋が1.2秒離されたとはいえ5着、前走・ジャパンCがシュヴァルグランから0.9秒差離れたものの4着。着差はともかく掲示板にはしっかり載っており、トップクラスの実力者であることを示し続けています。
    今回はG気鉾罎戮襪般世蕕に一枚、二枚落ちるメンバー構成で強敵は不在。洋芝はフランス遠征で、小回りは京都や中山でこなしており、札幌への舞台替わりに不安はありません。
    9か月の休み明けがどう出るかですが、実力通りならここはあっさりクリアしておかしくありません。


    △2 サングレーザー
    昨年は京都→札幌→阪神と条件戦を3連勝してオープン入り、昇級戦のスワンSも勢いのままに平らげ、続くマイルCSでも3着と、短距離戦線の風雲児としてターフを席巻していました。
    今年も始動戦のマイラーズCをレコード勝ちし、安田記念でも5着と、マイル戦線の王道を歩むかに見えましたが、この夏突如進路を変え、この札幌芝2000mにやって来ました。
    札幌は2戦2勝と好相性でコース替わりは問題なし。問題は距離ですが、札幌芝1800mの未勝利戦でサトノアレス以下を下した実績がありますから、プラスとは言い切れないまでも、こなせないことはなさそう。先行馬の多いメンバーで流れが速くなりそうですから折り合い面の不安は減りますし、マイルで培ったスピードを存分に発揮できそうです。


    ×はダービーは不利がすべて、地力はここでも見劣らない7 ゴーフォザサミットと、控えてもOK、大物食いが期待できる6 クロコスミアを指名します。


    買い目は◎○▲△の馬連4頭ボックス6点。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     今回のダウジングでの競馬予想は 札幌記念を予想してみたいと思います。
    • 御気楽猫生活2
    • 2018/08/23 3:52 AM