calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

エルムS 先取り展望

0

    小倉記念 実際の買い目
    【月見亭】複勝 6 三連複軸2頭流し 5,6−総流し
    【びぜんや】単勝 6 複勝 6 馬連流し 12−1,2,3,6,10,11 6−11 三連複軸2頭流し 6,12−1,2,3,10,11


    月見亭「小倉でいちばん熱い夏をいちばん速く駆け抜けた!」
    びぜんや「小倉記念はトリオンフがレコード勝ち。番手からレースを進め、直線では後続を突き放す一方。3馬身差の完勝だった」
    月見亭「1番人気が苦戦というジンクスもこの馬には無関係だったね。冬の小倉大賞典と合わせて、小倉二冠を達成」
    びぜんや「2番手を確保した時点で殆ど勝負あり、だったね。後ろから届かない高速馬場で、しかも上がりは33.5秒。後続は手も足も出なかった」
    月見亭「2着争いは中団から脚を伸ばしたサトノクロニクルが制した」
    びぜんや「スタートで出鞭が入り、直線でも鞭が連打される、クランモンタナみたいな競馬になったね。長距離志向が強くなってるこの馬には忙しい流れになったが、地力で連対を確保した」
    月見亭「逃げたマウントゴールドが3着」
    びぜんや「トリオンフに外からかぶせられて息が入らなかったが、それでも3着に粘ったのは天晴。まぁ、高速馬場の恩恵もあったんだろうけど」
    月見亭「キミの◎サンマルティンは後方のまま流れ込んで7着」
    びぜんや「馬群の後ろに入れて折り合いはついたけれど、今日の馬場であんなに後ろにいてはレースに参加できなかった。不完全燃焼だね」
    月見亭「私の◎マイネルサージュも後方待機のまま10着でレースを終えた」
    びぜんや「七夕賞の上位組は今日のスピード馬場に対応出来るのか? がオッズに表れていたけれど、その危惧の通りになったね」
    月見亭「今日の小倉競馬場は竹内涼真効果で入場人員もレコードだったみたいね」
    びぜんや「ゴール前の人垣もいつもより密集して見えたし、歓声も黄色かったもんなぁ。これで競馬に興味を持つ人が増えてくれれば、だね」
    月見亭「そういう意味では武豊が勝って人気サイドでの決着、というのは的中する人も多かっただろうからよかったのかな」
    びぜんや「まぁ、僕は(▲−−)で予想も馬券もハズレだったんですけどね」
    月見亭「私は(▲△−)で予想は馬連的中だったけれど、馬券の方は軸馬9着10着だったという……」
    びぜんや「うまくいかんなぁ。さて、来週は新潟で関屋記念、札幌でエルムS」
    月見亭「たまには北都のダート重賞・エルムSをやってみようか」

    びぜんや「中心はマーキュリーCを勝ったミツバ。JBCクラシック3着などの戦歴があり、ここでは明らかに格上だ」
    月見亭「エンプレス杯、マリーンCと連勝してダートの新女王に名乗りを上げたのがアンジュデジール。牝馬同士のブリーダーズGCではなく牡馬への挑戦を選んだ意欲は買い」
    びぜんや「昨年のこのレースでテイエムジンソクを下したロンドンタウン連覇を狙う。大敗からの巻き返しも多い馬。前走6着と言っても侮れない」
    月見亭「リーゼントロックは大沼S、マリーンSの函館2連戦で復活宣言。脚質自在の番長が北の大地で大暴れ」
    びぜんや「ハイランドピークは再昇級戦となったマリーンS2着でクラスに目処を立てた。小回りを味方にここもスムースなら」
    月見亭「昨年3着のドリームキラリは1400mの欅Sを逃げ切ったスピードが魅力。今年も巧みに立ち回って波乱を呼ぶ」
    びぜんや「良血ディアデルレイも差はない。昨年のマーチSではインカンテーションと接戦を演じた実力者がマリーンSをひと叩きしてここ照準」
    月見亭「一昨年の覇者・リッカルドは船橋から参戦。南関東では無敵の戦いを続け、帝王賞でも4着と、7歳になって充実期に突入。タイトル奪回も十分にあり得る」
    びぜんや「穴は東海S3着以来となるモルトベーネに、ロジータの末裔ブラゾンドゥリス
    月見亭「夏に燦然と輝く素質馬・アルタイルに要注意。ノーブルサターンは昇級戦とはいえ侮れず」
    びぜんや「関屋記念は切れ者・ワントゥワンの末脚が炸裂」
    月見亭「エイシンヒカリの全妹・エイシンティンクルの重賞初挑戦に注目」


    予想成績:月見亭2勝1敗3分
    月見亭 (▲△−)馬連的中! 想定回収率 -9,650円・46.4%
    びぜんや(▲−−)想定回収率 -15,570円・13.5%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック