calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

中京記念 先取り展望

0

    名鉄杯 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 9,11−総流し
    【びぜんや】単勝 3 複勝 3 枠連流し 4−3,4,5,6,8 三連複軸2頭流し 7,8−3,11,13,15 三連単軸2頭マルチ 8→7→5,9,12,16


    月見亭「ヴィクトリーラインをノンストップ! 砂煙の向こうに見えた勝利のパノラマ!」
    びぜんや「名鉄杯を勝ったのはラインルーフ。道中は離れた2番手を追走、直線で前を捉えにかかると後続は離されていく一方、さらに捉えたコパノチャーリーも8馬身差突き放して圧勝した」
    月見亭「ここ2戦は芝で度外視、ダートに戻ればやれるんじゃとは思われていたけれど、ここまで突き放すとは。開いた口が塞がらない勝利ね」
    びぜんや「プロキオンSで大レコードが飛び出したように、今の中京ダートはスピード馬場。芝で鍛えたスピードがここで生きてきたのかな」
    月見亭「2着は大逃げを打ったコパノチャーリーが粘った」
    びぜんや「11秒台のラップが3度出る玉砕覚悟の逃げ。最後は脚が上がったが、前半の大きな貯金がものを言った。展開にも馬場にも恵まれたが、レースを面白くする天晴な逃げだったね」
    月見亭「3着に中団から差した私の◎ローズプリンスダム」
    びぜんや「スムースに立ち回れたのは大きかったね。消耗戦は望むところだったし、この季節も合うのだろう」
    月見亭「キミの◎オールマンリバーは見せ場なく8着に敗退」
    びぜんや「5着争いが固まってたくらいで、あとは縦長の展開からバラバラと入線してくる消耗戦。スピードもスタミナもない一介のオープン馬には厳しい流れになった」
    月見亭「消耗戦になったのは暑さの影響もあったかしらね」
    びぜんや「名古屋の最高気温は36.9度。ダートは白く乾いてパサパサだし、馬は暑さに弱い生き物。過酷な条件になったよなぁ」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(×−◎)でハズレ、馬券もハズレ。……あ、返還があったわ」
    びぜんや「こっちは(−−−)で完敗惨敗零敗でした」
    月見亭「ついでに函館記念も軽くレビュー。勝ったのは5番人気のエアアンセム」
    びぜんや「先団を見る位置でレースを進め、スムースに回ってきた。有力各馬が後方待機から持ち味が発揮できなかったのに対し、積極的に動いたのが奏功したね。僕の◎クラウンディバイダはスムースに運べずもまれる形になって力尽き、13着」
    月見亭「メイセイオペラ記念マーキュリーCはキミの◎ミツバが粘るヨシオをゴール前捉えて快勝」
    びぜんや「有力各馬を見る形でレースを進め、逃げ粘りを図るヨシオめがけて末脚を繰り出した。盛岡の直線を存分に生かした勝ちっぷりだね」
    月見亭「さて、来週は函館で函館2歳S、中京で中京記念だけど、ここはやっぱり中京記念だよね」

    びぜんや「どんぐりの背比べみたいなメンバー構成だが、一応の中心は未完の大器・グレーターロンドンか。昨年は安田記念で4着、毎日王冠で3着。潜在能力をフルに生かせれば」
    月見亭「メンバーの中で今年の重賞を勝っているのは京都金杯勝ちのブラックムーンだけ。ここ2戦は相手が強かったけれど、ハンデG靴覆蘊ゝ―淑」
    びぜんや「昨年の覇者・ウインガニオン連覇を狙う。気温が高くなると調子を上げる夏男、中京は4戦3勝の得意コースだ」
    月見亭「重賞3勝の実力者・スマートオーディンは長休明けのエプソムCを叩いて前進。ダービー候補ともいわれた逸材が再び目を覚ます」
    びぜんや「かつてシンザン記念でジュエラーを破ったのがロジクライ。前走はモズアスコットに絡まれて失速したが、スムースに先行できれば」
    月見亭「マイルのオープン特別で3戦連続2着のシルバーコレクタータイセイサミット。切れる脚がないだけに、開催が進んだ馬場は合うはず」
    びぜんや「豪快な直線一気を持ち味にしているのが牝馬・ワントゥワン。ここも末の一手で大物食いを狙う」
    月見亭「一昨年の勝ち馬・ガリバルディはマイラーズC4着で健在を示した。2年ぶりの勝利をめざし、末脚を研いで気を窺う」
    びぜんや「マーメイドS3着のミエノサクシードにとって走り慣れたマイルへの短縮はプラス。軽ハンデを武器に上位を目指す」
    月見亭「穴はコース実績のある3歳馬・フロンティアに馬場が渋ればムーンクレスト
    びぜんや「CBC賞の雪辱に燃えるダイメイフジが不気味。重巧者のワンダープチュックが軽ハンデを味方に」
    月見亭「函館2歳Sは新馬戦の勝ちっぷりが見事だったイチゴミルフィーユが気になる」
    びぜんや「エイシンフラッシュ産駒のナンヨーイザヨイは好時計で初戦突破。ここでも」

     

    予想成績:3分
    月見亭 (×−◎)想定回収率 -9,300円・0%
    びぜんや(−−−)想定回収率 -9,300円・0%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック