calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

名鉄杯 先取り展望

0

    七夕賞 実際の買い目
    【月見亭】複勝 5 三連複軸2頭流し 5,6−総流し
    【びぜんや】単勝 1,5 複勝 5 馬連流し 1−2,4,5,6,7,9,10 2−5 三連複 1−2−5


    月見亭「百年の歴史に名を連ね、福島の美空に凱歌を揚げた!」
    びぜんや「福島競馬場開設100周年記念七夕賞を勝ったのはブービー人気のメドウラーク。後方待機からまくり気味に進出。馬場のいい真ん中に持ち出してマイネルサージュとの叩きあいを制した」
    月見亭「前走11着馬が鮮やかに大変身で、4連勝した15年6月以来の勝利。これは予想出来ない……」
    びぜんや「昨年の京都、不良馬場、不良馬場、重馬場で3着に入っている。発表は良馬場だったけれど、上がりのかかる馬場と展開で、これが味方したんだろうね。タフなレースに強いトゥザヴィクトリーの血も目覚めたか」
    月見亭「2着には最後方から進めた私の◎マイネルサージュ」
    びぜんや「同じマイネル軍団のマイネルミラノが気風よく逃げて展開は向いたけれど、勝ち馬に巧く立ち回られたね。福島で後方一気を2度続けて、というのはちと虫が良すぎたか」
    月見亭「3着には穴男・江田照男駆る殿人気のパワーポケットが突っ込んだ」
    びぜんや「障害帰りの馬は穴で狙えとは言うけれど、さすがにこれは予想外。不利を受けても内に拘ったことと、障害練習で鍛えられたことが奏功したのか」
    月見亭「キミの◎プラチナムバレットは3コーナーで前の馬に躓き騎手が落馬、競走中止」
    びぜんや「ごちゃついたところに入って残念な結果になってしまった。馬は無事とのことだけど、2戦続けて残念なことになってしまったな。あとは岩崎騎手の早い復帰を祈りたい」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−◎−)でハズレ、馬券はマイネルサージュの複勝は当たったけれど、肝心の三連複が痛恨の軸馬1着4着でトータル獲って損。あと3/4馬身差なんとかならなかったのかと……」
    びぜんや「僕は(×○−)でハズレ、馬券はマイネルサージュの複勝が掠ったのみで獲って損。◎が競走中止じゃドモナラズだが、勝ち馬にもシルシを回せていただけに、なんとか出来なかったものかと……」
    月見亭「悔やんでいても仕方ない。来週は函館記念」
    びぜんや「といいたいところだけれど、来週は中京競馬場に遠征するし、名鉄杯を見てみるというのはどうだろう」

    月見亭「重賞じゃないじゃん」
    びぜんや「以前にも札幌日経オープンや新潟ジャンプSを予想したこともあるしね。たまには他所と違うことをやってみてもいいんじゃないかな」
    月見亭「そんな前科もあったのね……」
    びぜんや「……と言ってみたはいいが、なかなかしょんぼりなメンバー」
    月見亭「中心は長休明け、初ダートの桃山Sを快勝したジュンヴァルカンかしらね。昇級戦と言っても相手は手頃、ここはダート界の主役になれるかの登竜門」
    びぜんや「アハルテケS3着からの参戦はオールマンリバー。中京ダートで敗戦を喫したのは東海Sだけ、このメンバー相手なら地の利を生かせる」
    月見亭「クラシックメタルは昇級戦のブリリアントSで3着と結果を出した。走り慣れた1800mへの距離短縮は問題なし」
    びぜんや「大沼S3着のゴーインググレートは昨年のプロキオンSで4着に入った実績の持ち主。前走で距離に目処をつけていて、ここも侮れない」
    月見亭「ラインルーフのここ2走は芝で度外視。ダート5勝の実績馬が反撃に転じる」
    びぜんや「14年のジャパンダートダービー勝ち馬・カゼノコが復帰。川崎記念でホッコータルマエの2着もあって実績は最上位、あとは仕上がりが鍵になる」
    月見亭「16年のチャンピオンズC3着馬・アスカノロマンはアハルテケS4着で復活の曙光を見た。60キロの負担重量は気になるけれど……」
    びぜんや「シリウスS2着馬・ドラゴンバローズが堂々復帰。竜党の応援を背に受けて、中京競馬場に詰めかけた僕らをジンとしびれさす!」
    月見亭「昨年のレパードSで波乱を呼んだ大うつけ、ローズプリンスダムが登場。久しぶりの中距離戦で桶狭間に嵐を呼ぶ」
    びぜんや「紅一点、ブリーダーズGC勝ち馬のマイティティーが夏に復活」
    月見亭「穴はコパノリッキーの半弟・コパノチャーリー
    びぜんや「その名の中に鯱を見よ! トラキチシャチョウが尾張の大直線を駆け上がる」
    月見亭「函館記念は鳴尾記念3着からの転進、トリコロールブルーが堂々主役」
    びぜんや「昨年の札幌記念勝者・サクラアンプルールも侮れない」


    予想成績:2分
    月見亭 (−◎−)想定回収率 -6,200円・0%
    びぜんや(×○−)想定回収率 -6,200円・0%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック