calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

ラジオNIKKEI賞 先取り展望

0

    宝塚記念 実際の買い目
    【月見亭】複勝 8 三連複軸2頭流し 3,8−総流し
    【びぜんや】単勝 10,14 複勝 10,14 枠連流し7総流し 馬連流し 14−1,4,8,9,10,13 8−10 三連複軸2頭流し 10,14−4,8,13


    月見亭「強気の走りでライヴァルを封じ、ついに手にしたチェッカーフラッグ!」
    びぜんや「宝塚記念を勝ったのはミッキーロケット。内を衝いて早め先頭の積極的な競馬。最後はワーザーの猛追をクビ差凌いでG欺蘊〕のゴールに飛び込んだ」
    月見亭「和田騎手はテイエムオペラオーで勝った01年天皇賞・春以来のG犠〕。毎年のように重賞は勝っていただけに、意外と言えば意外ね」
    びぜんや「ワンダーアキュートとか惜しいこともあったんだけどな。最後は明らかにワーザーの方が脚色が上だったが凌ぎ切ったのは、天国のテイエムオペラオーの後押しもあったか」
    月見亭「ミッキーロケットはここ1年以上勝ってなかったけれど、良馬場では掲示板を外してなかったのよね」
    びぜんや「前走の春天でも差のない4着。ここは相手が手頃になったし、パドック映像でも気配よく見えた。人気薄ではあったけれど、意外な勝利ではないね」
    月見亭「2着は大外を猛然と追い込んできたワーザー」
    びぜんや「勝ち馬とは道中の位置取りと、内外の差。しかし本国での勝ち切れなさが日本でも出てしまったね。それでも最後は際立った脚で観衆を沸かせ、後続を突き放して2着。香港の英雄としての矜持は保てたか」
    月見亭「3着は勝ち馬の後ろからするすると伸びてきたノーブルマーズが入った」
    びぜんや「ミッキーロケットは春天の最先着馬で、ワーザーは2400m以上の距離では4着以下になっていない。そして目黒記念2着からのステップで来たノーブルマーズ。ハイペースに加え稍重の馬場でスタミナを問われる流れになり、ステイヤーが台頭したね」
    月見亭「キミの◎スマートレイアーは先行したものの勝負どころから後退、10着」
    びぜんや「良馬場の落ち着いた流れで持ち味を発揮するタイプで、今日は展開も馬場も向かなかった。残念」
    月見亭「私の◎ダンビュライトは勝負どころでポジションを下げ、5着まで巻き返すのが精いっぱい」
    びぜんや「最後はいい脚で追い上げたけど、各馬が早仕掛け気味に上がって時のに対応できなかったね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−−)で木端微塵」
    びぜんや「僕は(−○−)でハズレ、馬券は枠連が的中したけれど、勝ち馬はサトノダイヤモンドと同枠だったんだよなぁ。惜しくも獲って損」
    月見亭「というわけで春の予想バトルはこれにて終了」
    びぜんや「今季は3勝2敗9分けで僕の勝ちでした」
    月見亭「ふたりとも後半6戦連続不的中で大幅なマイナス収支。威張れたもんじゃないわね」
    びぜんや「その分は夏に巻き返そう。来週からは福島と中京の開催がスタート」
    月見亭「それでは福島開幕週のラジオNIKKEI賞を見てみようかな」

    びぜんや「中心はプリンシパルSでコズミックフォースと差のない3着に入ったイェッツトか。京成杯でジェネラーレウーノ、コズミックフォースに次ぐ3着の戦歴もここに入れば上位」
    月見亭「2戦2勝のフィエールマンに注目。山藤賞では後方待機からひとまくりして2馬身半差の完勝。菊を意識したくなる大器だよ」
    びぜんや「白百合Sを逃げて3馬身差の圧勝劇を見せたのがメイショウテッコン。小回りの開幕週は合うはずで、ここも大逃げから戴冠を目指す」
    月見亭「共同通信杯3着からの出走はエイムアンドエンド。母・ロフティーエイムが福島牝馬Sを勝ったのと同じ舞台で、重賞初勝利を狙う」
    びぜんや「出世レースの若駒Sを逃げ切ったのがケイティクレバー。ここは同型の存在が鍵になるが、唯一のクラシック出走馬が経験値の高さを示すと見る」
    月見亭「グレンガリーはホンコンJCTで古馬相手に快勝してここへ。福島千八で未勝利戦を勝っているし、経験値の高さならこちらも負けてない」
    びぜんや「ロードアクシスひめさゆり賞の勝ち馬。コース適性は間違いないし、オープン3着の実績あり。相手の手頃になったここで浮上を図る」
    月見亭「牝馬のロードライトは距離を伸ばした前走でひと皮むけた印象。2度波乱を呼んだダークホースの大駆けに注意」
    びぜんや「穴は芝ダート二刀流のラムセスバローズに、若駒S2着のマイハートビート
    月見亭「デビューから4戦連続連対中のキューグレーダーに、自己条件を叩いて上昇キボウノダイチ
    びぜんや「中京開幕戦はサマースプリントシリーズ第2戦・CBC賞」
    月見亭「レーヴムーン、フミノムーン、ワンスインナムーンの3頭ボックスを買いたくなるわね」
    びぜんや「ダイメイフジとダイメイプリンセスの姉妹対決にも注目だ」


    2018年春シーズン予想バトル成績:びぜんや3勝2敗9分
    月見亭 想定回収率 -36,680円・15.5%
    びぜんや 想定回収率 -30,140円・30.6%

     

    今季の的中
    【月見亭】
    高松宮記念(△▲◎)
    桜花賞(×◎○)

    【びぜんや】


    桜花賞(○▲△)
    マイラーズC(×◎○)
    天皇賞・春(◎○−)
    ヴィクトリアマイル(△▲◎)


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック