calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

函館スプリントS予想 byびぜんや

0

    東北楽天ゴールデンイーグルス・梨田監督がシーズン半ばにして辞任、という残念なニュースが飛び込んできました。
    昨年の今頃は「優勝か?」という勢いで突っ走っていたのに、たった1年でこの落差。
    競馬もそうですが、失った勢いを取り戻す難しさというのが感じられますね。

    しかし、昨年杜の都を沸かせた快進撃は色褪せませんし、バファローズ、ファイターズを頂点に導いた結果が消えることはありません。
    パシフィックを盛り上げた名将の背中に拍手を送りたいと思います。


    ◎13 キングハート
    2走前のオーシャンSでは中団前めの追走から手応えよく抜け出すと、外から併せてきたナックビーナスの追撃を封じてV。10番人気の低評価を覆し、重賞初制覇を挙げました。
    前走・高松宮記念はさすがに敷居が高かった上に枠順の不利もあり10着に敗れましたが、今回は相手関係が手頃になりますし、函館SSは昨年2着に入っている相性のいいレース。ここは当然上位争いが期待できます。
    昨年は函館には珍しい高速馬場に対応して見せましたが、本来はパワーのいる馬場が得意なタイプですし、小回り平坦に良績が多く、函館へのコース替わりは大きなプラス。
    サマースプリントチャンピオンのタイトル奪取に向け、まずはスタートを決めたいところです。


    ○8 ワンスインナムーン
    3歳時の条件戦ではセイウンコウセイを3馬身半千切り、昨年の京都牝馬Sではレッツゴードンキの2着に入っていた素質馬。昨年の夏にテレビユー福島賞、朱鷺Sを連勝すると、満を持して臨んだスプリンターズSでも果敢にハナを切り、レッドファルクスから半馬身差の3着に健闘して見せました。
    前々走・香港スプリントでも世界の強豪相手にスピードを見せましたし、前走・京都牝馬Sでは+13キロの太目残りながら5着。その後は春のG汽掘璽坤鵑鬟好ップしてここにやって来ました。
    G気脳絨未鯀茲ぁ香港の超一流スプリンターにもケンカを売ってきた経験値はライヴァルにないもの。間隔を開けてフレッシュな状態の時の方が走る馬ですから、休み明けは不安材料になりません。
    洋芝適性と同型の存在は気になりますが、すんなりハナを奪うことが出来れば、重賞初制覇のゴールへはらくらくひとり旅です。


    ▲6 ティーハーフ
    一昨々年のこのレースでは、道中ポツンと後方待機から直線だけでライヴァルをごぼう抜きにする爽快な競馬。しかも最後は2着に2馬身半差をつけ、半兄に香港のG毅珪’蓮Ε薀奪ーナインがいる世界的良血を開花させました。
    ……はずだったんですが。続くキーンランドCで3着に敗れると、その後は出ては負け、走っては負けの連敗街道。2年10か月、19戦にわたって勝ち星も連対もない黒星街道を驀進していました。
    それにピリオドを打ったのが前走・鞍馬S。後方待機から豪快に突き抜けて、最後は粘るライトフェアリーをハナ差かわしてV。ただ1頭58キロを背負っていたことを考えれば着差以上の内容で、素質馬復活を告げました。
    京都のオープン特別を勝ってここに来るのは一昨々年と同様。1キロでも斤量が減るのはプラス材料ですし、スプリント戦らしく前に行きたい馬が揃っていて、展開も向きそうです。

     

    △15 ライトフェアリー
    前々走・船橋Sでは2頭雁行という厳しい形での逃げから後続を突き放して、8番人気の低評価を覆すV。前走・鞍馬Sではそれがフロック視され11番人気と人気を下げましたが、好位追走から粘りに粘っての2着。馬連5万馬券、三連単は帯封という大波乱の一翼を担いました。
    二度あることは三度ある。今回も前売り8番人気という低評価ですが、休み明け2走の好走は本物と見て警戒すべきでしょう。
    昨年は札幌のHBC賞を勝ち、キーンランドCでも0.3秒差5着に入っていて洋芝適性は問題なし。逃げなくても前めで流れに乗れれば勝負になることは前走で証明されており、先行激化にも不安はありません。


    ×は近走は着順ほど負けてない1 セイウンコウセイと、高松宮記念3着馬・7ナックビーナスを指名します。


    買い目は◎○の単勝と、◎からの馬連流し。○▲のタテ目も抑えた計6点。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    ユニコーン・・グリム 函館SS・・ラインスピリット
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2018/06/17 9:05 AM