calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

函館スプリントS 先取り展望

0

    マーメイドS 実際の買い目
    【月見亭】複勝 4 三連複軸2頭流し 4,6−総流し
    【びぜんや】単勝 14 馬連ボックス 3,5,11,14 ワイド流し 14−2,3,4,5,6,7,10,11,12,13 三連複軸2頭流し 3,14−2,4,5,6,11,12


    月見亭「直線一気に末脚爆発、クラシック候補が怒りの逆襲!」
    びぜんや「マーメイドSを勝ったのは10番人気のアンドリエッテ。後方の内でじっと脚を溜め、最後は34.4秒の末脚で一気に抜け出した」
    月見亭「実力差をハンデとコース取りで補った格好ね。国分恭介騎手の肝の据わった騎乗が光った」
    びぜんや「実力差というが、もとは秋華賞4着、オークス5着の実力者で、51キロはいかにも恵まれたと思うね。秋華賞と同じ距離への延長もよかったんだと思う」
    月見亭「2着は中団待機から馬群を割って抜けたワンブレスアウェイ」
    びぜんや「クビ差の着差は通ったところの差だろうね。ターコイズSでは2番人気に推された期待の素質馬が、軽ハンデを味方にようやく結果を出した」
    月見亭「3着は外から伸びたミエノサクシード」
    びぜんや「ここは阪神巧者の面目躍如。距離不安に外枠で、早めに動かせなかった分届かなかったか」
    月見亭「キミの◎トーセンビクトリーは逃げて失速、15着」
    びぜんや「ハンデ差と枠を考えての逃げの策だったろうが、気持ちよく行き過ぎて脚が溜まらなかったね。残念」
    月見亭「私の◎ミリッサは直線での不利もあって5着」
    びぜんや「ハンデ戦の内枠で、どうしてもごちゃつくところに入ってしまう。こちらも脚が溜まる流れだったら、最後に突き抜けられたのかもしれないけれど」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−×−)でハズレ、馬券も木端微塵」
    びぜんや「僕は(○−−)でハズレ、馬券は雲散霧消だ」
    月見亭「さて、来週からはいよいよ夏競馬がスタート。函館では名物重賞、函館スプリントS」

    びぜんや「すっかりおなじみになったサマースプリントシリーズの開幕戦でもあるね」
    月見亭「中心は高松宮記念3着のナックビーナス。キーンランドC3着があって洋芝適性は問題なし、ここは重賞初制覇のチャンス」
    びぜんや「昨年2着のキングハートオーシャンSで重賞初制覇を挙げて波に乗る。ここから目指すは夏の電撃王」
    月見亭「ダイアナヘイロー阪急杯で、モズアスコットを従えて逃げ切り勝ち。ここも開幕週の馬場を味方に逃げ切る構え」
    びぜんや「昨年2馬身半差で衝撃のレコード勝ちを収めたのがジューヌエコール。その後はふた桁着順続き、函館の地で復活のきっかけを掴みたい」
    月見亭「昨年の高松宮記念勝ち馬・セイウンコウセイもスタンバイ。シルクロードSで2着に入って健在を証明、やはり侮れない実力者」
    びぜんや「昨年のスプリンターズS3着馬・ワンスインナムーンもいるぞ。香港にも挑んだ快速牝馬が、北の港町に初見参」
    月見亭「昨年のキーンランドCを勝った10歳馬・エポワスは今年も現役続行してここに登場。洋芝に絶対の自信を持つ老雄が、役者の違いを示す」
    びぜんや「ライトフェアリーは船橋S勝ち、鞍馬S2着と上昇気流を掴んで得意の北海道シリーズへ。夏の牝馬を甘く見るわけにはいかない」
    月見亭「15年の覇者・ティーハーフは鞍馬Sを12番人気で制して復活宣言。甦った国際的良血馬が大暴れ」
    びぜんや「芝では未勝利も、重賞で2度を開けているのがヒルノデイバロー。梅雨のない北海道だけれど、雨で馬場が渋ればこの馬の出番」
    月見亭「穴は洋芝得意なアドマイヤゴッドに、京王杯SCで強豪と互角の競馬をしたラインスピリット
    びぜんや「直線競馬できっかけを掴んだノットフォーマルに、昨年見せ場を作ったノボバカラも」
    月見亭「一方東京では3歳のダート重賞・ユニコーンSが」
    びぜんや「同舞台の青竜Sで金星を挙げたグリムがもう一丁」
    月見亭「鳳雛Sを勝ったハーベストムーンの勢いに注目」


    予想成績:びぜんや3勝3敗6分
    月見亭 (−×−)想定回収率 -30,480円・18.1%
    びぜんや(○−−)想定回収率 -23,940円・35.7%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック