calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

日本ダービー 先取り展望

0

    オークス 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 6,17−総流し
    【びぜんや】単勝 10,18 複勝 10,18 馬連フォーメーション 10,131,2,3,5,10,13 ワイド 10−14,18 三連複 3−10−18


    月見亭「晴天の下で輝いた、見る者の目を奪う絶世の末脚!」
    びぜんや「第79回オークスの覇者は圧倒的1番人気に支持されたアーモンドアイ。中団前めの外で流れに乗り、直線の坂で末脚一閃。一気に後続を突き放し、勝負を決めた」
    月見亭「単純に“性能が違います”って感じの勝ちっぷり。距離延長も全然問題なかったわね」
    びぜんや「これまでは後方一気の荒っぽい競馬だったけれども今回は教科書通りの競馬。前に馬を置かなくても折り合いがついたし、包まれない位置からしっかり末脚を生かした」
    月見亭「牝馬三冠は濃厚、かな。あるいは海外遠征って話題が出るかも」
    びぜんや「有力どころとは勝負付けが済んだからねぇ。ロードカナロア産駒で凱旋門賞ってのはイメージがわかないが、力のいる馬場も苦にしないからヨーロッパでもいけるかもしれない。秋の天皇賞、ってのも面白そうな選択肢だ」
    月見亭「2着は先に抜け出したリリーノーブル」
    びぜんや「桜花賞で先着を許した2頭を相手に勝ちに行く競馬をして、一角崩しに成功した。積極果敢な競馬で盛り上げたのは殊勲甲だ」
    月見亭「ラッキーライラックはさらに1馬身3/4後れを取って3着」
    びぜんや「結果的に勝ち馬にマークされ、先に抜け出された。本来ならリリーノーブルのような競馬をしたかっただろうが、中途半端なレースになってしまったな」
    月見亭「キミの◎レッドサクヤはそこから遅れて4着」
    びぜんや「有力2頭を見る位置でレースを進めたけれど突き放されてしまった。それでも最後までラッキーライラックに食らいつく姿勢を見せ、マウレアには先着。才能の一端は見せたね」
    月見亭「私の◎オールフォーラヴは中団からレースを進めるも見せ場なく9着」
    びぜんや「今日は中団後方以下で折り合いに専念し、直線に賭けるようなお嬢様レースをする馬には勝負に参加する資格がなかった。現状、G気浪戮重かったね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(×△▲)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(○×△)でハズレ、馬券は馬連が的中も、獲って損。おかしいな、前日オッズでは17倍ついて獲って損にならないはずだったんだが」
    月見亭「キミが考える程度のことはみんな考えてるってことだね」
    びぜんや「うーむ。さて、来週はいよいよ春の総決算レース」

    月見亭「東京芝2400mを舞台に、第85回東京優駿」

    びぜんや「皐月賞が稍重馬場でちょっと特殊な展開のレースだったからなぁ。予想が難しいぞ、これは」
    月見亭「皐月賞を制したのはオルフェーヴル産駒のエポカドーロ。父仔ダービー制覇の野望を抱き、いざ東京競馬場に初見参」
    びぜんや「ダノンプレミアムは皐月賞制覇は確実と言われながら無念の直前回避。その無念を3歳馬最高の舞台にぶつけ、世代最強を示したい」
    月見亭「東スポ杯2歳Sを勝った大器ワグネリアンは1番人気に支持された皐月賞で無念の7着。良馬場で、東京で、今度こそ力を見せつけたい」
    びぜんや「青葉賞を勝ってダービー切符をつかんだのがゴーフォザサミット。早くから長めの距離を使われてきたハーツクライ産駒が春を迎えていよいよ開花」
    月見亭「ホープフルSを勝ったタイムフライヤーはここに王権復活を賭ける。前でも後でも競馬できる自在性を、初めての府中で生かせるか」
    びぜんや「プリンシパルSの勝ち馬がコズミックフォース。一気に相手はつよくなるけれど、府中2勝のコース相性を武器に立ち向かう」
    月見亭「サンリヴァルは皐月賞9番人気2着で勝負強さを見せた。左回りは問題なし、軽く見るわけにはいかないダークホース」
    びぜんや「京阪杯の勝ち馬・ジェネラーレウーノは皐月賞で果敢に先行し、粘りに粘っての3着。叩き2走目の今回はさらなる前進も期待できる」
    月見亭「ブラストワンピースは毎日杯を勝ってこれで3戦3勝。東京芝2400mにはゆりかもめ賞4馬身差Vの戦歴があって、無敗のダービー馬誕生も夢じゃない」
    びぜんや「ステイフーリッシュ京都新聞杯を勝ってこの舞台に滑り込んできた。前走で決め手に先行力を加えたのは収穫で、さらなる前進も見込める」
    月見亭「出世レースの共同通信杯を勝ったのがオウケンムーン。秘めた素質と父譲りの成長力を融合させ。再び東京で波乱を起こす」
    びぜんや「ステルヴィオは朝日杯フューチュリティSで見せた末脚が強烈だった。スプリングSでエポカドーロに勝っているように地力は上位。あとは距離を克服できれば」
    月見亭「4戦連続2着と堅実なのが大物の呼び声も高いエタリオウ相手なりに走れる応用力が不気味」
    びぜんや「良血ジャンダルムが3歳馬最大の高峰に挑む。血統的にはマイラーだが、ダービー馬がのちに安田記念で連対した例もあり、一概に軽視はできない」
    月見亭「穴は若葉Sを勝ったアイトーンに、皐月賞5着から巻き返すキタノコマンドール
    びぜんや「馬場が渋ればアドマイヤアルバにも勝機が。風雲児・グレイルの巻き返しにも期待」
    月見亭「東京最終はハンデG兇量楾記念」
    びぜんや「強い世代を代表して、春天5着のチェスナットコートが重賞初制覇に挑む」
    月見亭「目下3連勝中の牝馬・コルコバードの勢いに注目」


    予想成績:びぜんや3勝2敗4分
    月見亭 (×△▲)想定回収率 -22,430円・19.6%
    びぜんや(○×△)想定回収率 -14,640円・47.5%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック