calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

オークス予想 byびぜんや

0

    ゴールデンウイークに善光寺に行きまして。
    そこで引いたおみくじには「いきなり大きな事を望んでもうまくはいきません」「堅実さが吉」とあったんですが。
    先々週は9番人気のレッドヴェイロンを軸にして馬連を買い、先週は7番人気のレッドアヴァンセを軸に馬連を買って煮え湯を飲まれたんですが。
    それにこりもせず、仏様の教えにも背いて、今週も穴狙いです。
    素人のブログ予想で単勝1倍台の馬に◎を打っても面白くないですしね。


    ◎10 レッドサクヤ
    半姉・エイジアンウインズはヴィクトリアマイルでウオッカに黒星をつけ、全姉・エバーブロッサムは5年前のこのレースでデニムアンドルビーに先着して2着。半姉・キュートエンブレムもフローラSでメイショウベルーガの猛追を抑え3着という実績があり、とにかく東京で大物食いを演じる一族なのです。
    レッドサクヤ自身は東京で1走し4着1回という戦績ですが、その赤松賞は直線で窮屈になるシーンがありながらマウレアと0.1秒差というものでしたから、着順ほど悪い内容ではありませんでした。
    桜花賞では7着とはいえ、2着以下とは0.4秒差ですから悪くない内容。今回はひと叩きした上積みが見込めますし、前掲の通り東京へのコース替わりは血統的にプラス。
    これまでの戦歴を見れば、反応が鋭いというタイプではなく、マイルでは忙しい感じがしますから、距離延長はプラスに出そう。オークス男・福永騎手とのコンビ復活も頼もしく、ここは◎に抜擢します。


    ○13 アーモンドアイ
    シンザン記念では完全無欠に前残りのペースをただ1頭、後方2番手からあっさりと突き抜けて重賞初制覇。続く前走・桜花賞も勝ちパターンに持ち込んだラッキーライラックを赤子の手を捻るようにして殲滅しての直線一気。桁違いの破壊力は、このまま古馬を相手にしても通用するのではないかと思わせるものがあります。
    その瞬発力はいかにもマイラーのそれですし、父は世界のスプリント王・ロードカナロア。距離延長はプラスではないでしょうが、同世代の牝馬同士なら能力の違いで何とかしてしまいそう。3馬身半差の楽勝劇を挙げた地元・府中へのコース替わりは間違いなくプラスで、広い大直線で自慢の末脚をいかんなく発揮できるはずです。


    ▲3 マウレア
    阪神JF3着、チューリップ賞2着の実力者。前走・桜花賞では大外枠に泣かされて5着に敗退しましたが、デビュー2連勝を飾った東京に戻って逆襲が期待できます。
    ここまで6戦すべてがマイル戦という純粋培養娘、しかも桜花賞馬・アユサンの全妹という血統から距離延長が課題となりそうですが、ディープインパクト×Storm Catは本来、中長距離に良績の多い配合。桜花賞からの距離延長がいちばんプラスに働くのはこの馬のような気がします。
    赤松賞、阪神JF、クイーンC、チューリップ賞、そして桜花賞と牝馬の王道を歩み、さまざまなレースを経験してきたのは強み。
    クイーンCではハイペースを追いかけて脚をなくしましたが、溜めれば33秒台の切れ味を発揮しますから、各馬が折り合いに専念してのスローペースになれば、内で息をひそめるこの馬の復活が期待できます。


    △2 ラッキーライラック
    前走・桜花賞では、正攻法の競馬から勝ちに行ったところを、後方で脚を溜めるだけ溜めて弾けさせたアーモンドアイに一気に差されて失陥。無敗の桜花賞馬誕生の夢は潰えました。
    しかし、直線だけの大雑把な競馬でもなんとかなる阪神マイルと違い、オークスの舞台は総合力、とくに底力が問われるチャンピオンコース。好位につけて自分から動ける先行力とセンス、上がり33秒台を繰り出せる切れ味、そして父・オルフェーヴルから受け継いだスタミナと底力を備えたこの馬に分のあるコース設定です。
    前走は1番人気を背負いそれなりの競馬を強いられましたが、今回はマークされずに追う立場。こういう時こそ、暴れん坊の血が目覚めてくれそうです。


    ×はゆったりとしたローテに好感、距離延長も合いそうな5 カンタービレと、最内枠から逆襲を誓う1 リリーノーブルを指名します。


    買い目は◎の単複と、◎からシルシの各馬への馬連流し。さらに○−▲××も抑えた計8点。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     今回のダウジングでの競馬予想は オークスを予想してみたいと思います。
    • 御気楽猫生活2
    • 2018/05/20 9:15 AM
    ◎マウレア ○リリーノーブル
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2018/05/20 9:33 AM
    <優駿牝馬> ◎13アーモンドアイ 〇08サトノワルキューレ ▲02ラッキーライラック 馬連 2‐8‐13 BOX馬券 コメント: 桜花賞で理想的な競馬をしたラッキーライラックを 簡単に差し切ったアーモンドアイが本命です。 マイルまで
    • ノースさんの競馬日記
    • 2018/05/20 10:54 AM
    明日のオークスの本命は1枠1番◎リリーノーブル。最内枠がどうかだが、これまでのレースを観た限りスタートは良いし、ポジション取りは上手く出来そう。関西馬だが、新馬戦は東京芝1600mで、しかも2着馬に3馬身半差をつけて勝っている。長くいい脚を使えるタイプで府中
    • My Sweet KEIBA
    • 2018/05/20 3:33 PM