calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

オークス 先取り展望

0

    ヴィクトリアマイル 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 9,16−総流し
    【びぜんや】単勝 6,13 複勝 6,13 枠連流し 3−総流し 馬連流し 6−2,4,10,16,17 ワイド 6−13 三連複 6−10−16 三連単フォーメーション 6→10,16→2,4,5,10,11,13,16,17


    月見亭「明けない夜を切り裂いて、辿り着いた牝馬の極点!」
    びぜんや「ヴィクトリアマイルを勝ったのはジュールポレール。道中は中団で脚を溜め、直線で進出。3頭横一線の接戦を際どく制し、重賞初制覇をG気巴成した」
    月見亭「昨年は3着、前走は不利を受けて5着。不完全燃焼なレースが続いていたけれど、ここで才能が開花した」
    びぜんや「半兄・サダムパテックに続くマイルG祇覇になったね。雨が降って馬場が稍重になったのはマイナス材料かと思ったけれど、関係なかったね。ここに来て本格化したのだろう」
    月見亭「ここまでは牝馬重賞を5戦したのみ。次は牡馬相手に挑むことになるのかな」
    びぜんや「秋の目標として女王杯は距離的に長いだろうしねぇ。今度は兄妹マイルCS制覇を見てみたいかな」
    月見亭「2着は私の◎リスグラシュー。後方待機から32.9秒の上がりを使って追い上げたけれどもハナ差届かず」
    びぜんや「この着差は位置取り、コース取り、あるいは枠順の差だよねぇ。G気任海譴4つ目の銀メダル。金メダルを取るにはもう少し立ち回りの巧さと運が欲しい」
    月見亭「3着は先行して見せ場を作ったキミの◎レッドアヴァンセ」
    びぜんや「アエロリットをかわし、一時は先頭に立ったが結果的に目標にされた。先週の半弟・レッドヴェイロンに続く3着で、とにかくこの一族には3着がついて回る……」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−◎−)でハズレ、馬券も三連複2頭軸の片割れ・ソウルスターリングが7着で届かず」
    びぜんや「僕は(△▲◎)で馬連的中も、馬券は馬連枠連の軸が3着で、1点勝負の三連複は痛恨の2着3着4着。複勝をかすったのみで獲って損でした」
    月見亭「3着続きの一族なんだから、三連複かワイドにしときゃよかったのに」
    びぜんや「さて東京マイル2連戦が終わって、今度は東京ニ四で2連戦」
    月見亭「樫の女王決定戦にして、牝馬クラシック最終戦、オークス!」

    びぜんや「断然の中心は桜花賞を勝ったアーモンドアイ。ライヴァルをまったく問題にしない、破壊力満点の末脚はもちろん府中に合う。課題は距離延長だけか」
    月見亭「オルフェーヴル産駒の2歳女王・ラッキーライラックは距離延長、コース替わりを味方に逆襲を狙う。展開に左右されないのはライヴァルにない強み」
    びぜんや「フローラSで豪快な直線一気を決めたのがディープインパクト産駒のサトノワルキューレ。まだ底を見せていない大器が、桜花賞組にひと泡吹かせる」
    月見亭「フラワーCを勝ってここに駒を進めてきたのはカンタービレ。ロスなく立ち回って難敵撃破の機を探る」
    びぜんや「トライアルのスイートピーSを制したのはランドネ。東京は2戦2連対と得意のコース、前走では気性面の成長も見せていて、侮れない伏兵だ」
    月見亭「リリーノーブルは桜花賞3着からの巻き返しを図る。阪神JFでは見せ場を作って2着と能力は確か。力のいる馬場になれば前進ありそう」
    びぜんや「全2勝を東京で挙げているマウレアホームグラウンドに帰還。前走は大外枠に泣いたが、コース替わり、距離延長はプラス材料で巻き返せる」
    月見亭「忘れな草賞を勝ったオールフォーラヴはレディアルバローザの仔という良血。常に長めの距離を使われ、コーナー4つの競馬を経験しているのはアドヴァンテージで、満を持してのオークス挑戦」
    びぜんや「末脚自慢トーセンブレスにとって、東京へのコース替わりはプラス。折り合い面にも進境を見せていて一発警戒」
    月見亭「2戦2勝のロサグラウカは、名門・薔薇一族が樫の舞台に送り込む長距離砲。距離適性を味方に波乱を呼ぶ」
    びぜんや「レッドサクヤは13年の2着馬・エバーブロッサムの妹。姉にはエイジアンウインズもいて、府中でドラマを起こしてきた血統だ」
    月見亭「未勝利勝ち、フローラS2着と一気にオークスへの階段を駆け上がってきたのがパイオニアバイオ。5戦の府中経験を武器にクラシック挑戦」
    びぜんや「穴は先行力のあるオハナに、逃げてどこまでサヤカチャン
    月見亭「堅実娘のゴージャスランチ、前走の勝ち方が強かったトーホウアルテミスにも注意」
    びぜんや「新潟では直線千米のハンデ戦、韋駄天Sが」
    月見亭「アイビスSDの勝ち馬・ラインミーティアがライヴァルを迎え撃つ」
    びぜんや「二階級格上に挑戦でも、ハンデ戦なら舞台巧者・レッドラウダに賭けてみたい」

     

    予想成績:びぜんや3勝2敗3分
    月見亭 (−◎−)想定回収率 -19,330円・22.1%
    びぜんや(△▲◎)馬連的中! 想定回収率 -11,540円・53.5%


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック