calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

萌えるヴィクトリアマイル予想 byびぜんや

0

    今回は前フリ抜きで。

     

    ◎はレッドアヴァンセ
    半兄に12年NHKマイルCで15番人気3着、15年安田記念で12番人気3着の激走を演じ、東京マイルの重賞を2勝したクラレント、半弟には先週のNHKマイルCで9番人気2着の激走を見せたレッドヴェイロンがいる、東京マイルではおなじみの一族のお嬢様です。
    この馬自身も前々走・ユートピアSを制してオープン入りを決めており、実績、血統双方からこの舞台に対する適性の高さを示しています。
    一昨年には牝馬三冠すべてに出走したものの、桜花賞では落鉄して7着という残念っぷりを披露し、続くオークスでも再び落鉄して7着というドジっ子ぶりを発揮。それでも三冠目の秋華賞では距離が明らかに長かったにもかかわらず、ヴィブロスから0.5秒差でジュエラーとクロコスミアの間に割って入る5着にまとめており、素質の片鱗を示していました。
    古馬になってマイル戦を中心に使われるようになってからは、体質も強くなり成績も安定。三面川特別ではカワキタエンカを一蹴して快勝し、ユートピアSを勝ったあとの阪神牝馬Sでは好メンバーを相手に回して2着に快走、一族ゆかりの舞台に駒を進めてきました。
    先行してかつ切れる脚を使えるのはいかにも府中向き。調教では元気に動いて併走馬を圧倒しており、前走からの上積みは大きそう。左回りはオークスで負けただけの3戦2勝と適性が高く、広く雄大なコースで、天真爛漫なお嬢様の魅力がはじけると見ます。


    ○はアエロリット

    関西圏では2走して馬券に絡めていませんが、中山では【0,3,0,0】、東京では【2,1,0,0】。関東圏では頼りになる、はたらきもののお嬢さんです。
    昨年のこのレースでは澱みのない流れを番手で追走し、早め先頭から後続を突き放す強い競馬。コース適性も能力の高さも疑う余地はありません。
    今回はカワキタエンカが引っ張る流れになりそうで、瞬発力勝負を避けたい、地道な努力型のこの馬にはおあつらえ向きの展開になりそう。いざとなれば大逃げからそのまま押し切った、クイーンSのような作戦も取れるのがこの馬の強みです。
    前走・中山記念では太目残りながらも、馬群に呑まれかけたところから盛り返す強い競馬で連を確保。着差と斤量差を考えれば勝ちに等しい内容で、このひたむきな力強さ、真摯さがこのお嬢さんの最大の魅力であることを改めて示してくれました。
    もちろん東京へのコース替わりは大きなプラス材料で、2年連続でのこの舞台のヒロインになりそうです。


    ▲はリスグラシュー
    阪神JFでは出遅れながらも直線大外から猛然と追い上げ2着、緩んだ馬場でレーヌミノルにまんまと運ばれた桜花賞でも2着、距離が長く小回りも不向きと思われた秋華賞でも2着。どんなレースでもあきらめずに勝ち負けに絡んでくる黒鹿毛の真面目っ子です。
    堅実な反面、G気韮嚇戮裡加紊半,狙擇譴覆気睫槊っていましたが、東京新聞杯ではG杵対実績のある古馬を向こうに回して完勝。東京マイルでは重賞2勝と適性を示すとともに、4歳になってスケールアップした姿を見せました。
    前走・阪神牝馬S3着は勝ったミスパンテールと同タイムで、悲観する要素は全くなし。古馬になってスタートが安定し、中団で流れに乗れるようになり、しかも切れ味は健在と、以前より死角は小さくなっています。
    もちろん東京へのコース替わりは歓迎。控えめに咲いていた脇役が、古馬になって主役に躍り出ます。


    △はジュールポレール
    半兄が12年マイルCSの勝ち馬・サダムパテックというキャラ。コンスタントに33秒台を叩き出せる末脚はまさに兄譲りと言えるでしょう。
    ここまで重賞連対歴はなく、このメンバーの中に入れば控えめで自己主張が薄い感じもありますが、昨年のこのレースでは中団から脚を伸ばして3着に入っており、やるときにはやる、そんな芯の強さを持った女のコなのです。
    前走・阪神牝馬Sではゴール前で致命的な不利を受けて5着に敗れましたが、好位で流れに乗って最後まで勝ち負けに絡み、昨年以上に成長していることを証明。
    パンパンの良馬場の方が力を発揮できるタイプだけに、稍重の昨年より今年の方がパフォーマンスを上げてくるはずで、昨年からどれだけオトナになったのかが楽しみな女のコです。


    ×はミスパンテール
    500キロを超えるグラマラスボディを誇るお姉様
    チューリップ賞2着で名を挙げたあと、桜花賞では16着、オークスでは10着と大敗し、クラシックでは一介の脇役キャラのまま終わっていましたが、秋になって才能開花。
    清水Sを勝ってオープン入りを決めると、ターコイズSでは後方からのレースになりながら、最後は馬群を割って混戦を制し重賞初制覇。京都牝馬Sでは馬群の外に持ち出すのに手間取りながらも後方から豪快に伸びてV、そして前走・阪神牝馬Sではまさかまさかの逃げの手に持ち込むと、最後は33.8秒でまとめてこれで4連勝、重賞3連勝。勢いに乗ってこの舞台にやってきました。
    どんな舞台でもこなす応用性の高さが光りますし、老獪な横山典弘騎手の手綱に応えてどんな展開でも即座に対応できる曲者ぶりは気になります。
    なによりも目下の勢いは大注目。クラシックの名脇役から牝馬G杵線の主役へと、この舞台で脱皮しそうな個性派です。

     

    もう1頭の×はデンコウアンジュ
    レース中の位置取りはいつも後方待機という控えめな女性。
    重賞初出走となったアルテミスSこそ勝っていますが、その後は重賞ばかり17走しながら未勝利という、日陰の花のようなキャラクターなのです。
    が。その地味キャラが才能を一気に輝かせるのが、東京マイルに出走した時。
    前出アルテミスSでは勝ちパターンに持ち込んだメジャーエンブレムを豪快に差し切り、昨年のヴィクトリアマイルでは外を豪快に伸びてあわやのシーンを作り2着、そしてこの冬の東京新聞杯では内でごちゃつくシーンもありながら4着に健闘して見せました。
    前走・福島牝馬Sでは見せ場を作って3着に好走し、好調を持続。
    府中マイルの舞台で波乱の物語を紡いできた文学少女が、今年はどんなサプライズを用意しているのか、注目です。


    ◎6 レッドアヴァンセ/春日ちる
    ○10 アエロリット/東雲千里
    ▲16 リスグラシュー/月ヶ瀬カヨ
    △4 ジュールポレール/風間百
    ×2 ミスパンテール/雨宮ハク
    ×17 デンコウアンジュ/夏目鈴


    というわけで今回は久々に。
    「週刊萌馬」が「週刊萌馬」を名乗る所以の一角でもある、牝馬限定G気陵力馬をお気に入り作品のヒロインに例えた「萌える牝馬G詰汁曠轡蝓璽此廚鬚笋蠅泙后
    今回のヴィクトリアマイルは、「優美な百合」という意味のリスグラシューや、祖母がメイショウユリヒメのデンコウアンジュが出走しているから……という理由で「コミック百合姫」連載中のほんわかあったか百合夫婦マンガ「月が綺麗ですね」のキャラにヴィクトリアマイルの有力馬をオーヴァーラップさせてみました。

     

    「週刊萌馬」が「週刊萌馬」を名乗る所以の一角としてはほかに、私たち夫婦のお気に入り馬を紹介する「萌馬名鑑」もあるのですが、えー……。15年の暮れにゴールドシップ先生を紹介したきりになってますね。
    気づいたらクラレントもロゴタイプも書き逃してる……。
    そろそろこちらも、28頭目を紹介したいと思います(滝汗)

     

    ちなみに買い目は◎の単複と、シルシの各馬への馬連流し。ヒモには瞬発力ならひけをとらない13 ワントゥワンを加えた6点で。


    コメント
    毎週、びぜんやさんのブログ
    楽しみにしています。

    今日は戴きですね!
    • 浪花のクマ
    • 2018/05/13 2:55 PM
    浪花のクマさん、ありがとうございます。

    戴き、というには微妙な結果でしたが、レッドアヴァンセが見せ場たっぷりのレースをしてくれたので楽しめました。
    でもやっぱり惜しかったなぁ……。
    • びぜんや
    • 2018/05/15 11:20 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     今回のダウジングでの競馬予想は ヴィクトリアマイルを予想してみたいと思います。
    • 御気楽猫生活2
    • 2018/05/13 5:54 AM
    <ヴィクトリアマイル> ◎10アエロリット 〇01レッツゴードンキ ▲02ミスパンテール △16リスグラシュー 馬連 1‐2‐10‐16 BOX馬券 コメント: 良馬場でスピード決着が予想されます。 先週のNHKマイルカップが1分32
    • ノースさんの競馬日記
    • 2018/05/13 8:24 AM
    軸は穴馬、レッドアヴァンセ
    • 浪花のクマさん 穴馬券
    • 2018/05/13 9:41 AM